クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

タグ:その他 ( 245 ) タグの人気記事

平成30年度全国老人福祉施設研究会議(北海道)発表予定



こんにちは。

全国老人福祉施設協議会主催「全国老人福祉施設研究会議」が北海道で開催されます。

f0299108_10525227.jpg



f0299108_10591763.jpg
f0299108_10593081.jpg

大会初日は基調講演・特別講演があり、2日目は各分科会に分かれた全国の施設・事業所による研究・事例発表が行われます

昨年度の高知大会に引き続き、北海道大会にも法人から2演題をエントリーさせて頂いています。

そのスケジュールが発表されました。





第1分科会『伴走型介護の追求ーQOL向上に資するケアの実践ー』分散会②

自立支援の実践①
NO.8 11:25~
『自立と自律を支援する介護への取り組み』
~要介護度改善により得られたQOLの向上~
 
地域密着型特養クレール高森  岡 司




第1分科会『伴走型介護の追求ーQOL向上に資するケアの実践ー』分散会③

自立支援の実践②
NO.10 12:45~

『特養における音楽療法』
~他職種が関わることで効果が得られた一事例~

特別養護老人ホーム黒潮園 長尾善子






全国の様々な施設、事業所の取り組みを知ることができ、また発信する貴重な機会です。

当日参加される方がおられましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。



by kuroshioen | 2018-10-15 11:13 | Comments(0)

平成30年 新宮秋祭り

こんにちは。

秋晴れの心地良い季節となりましたね110.png

各地では秋祭りが行われていて、先日も三輪崎芸能保存会の皆さんが『鯨踊り』を披露してくれました102.png


f0299108_16273193.jpeg
「熊野ほっとネット~くまのーと~」
http://event.shingu-cci.or.jp/event/1330/



新宮でも、10月14日に『新宮秋祭り』が行われます。

そこで、今年は『新宮秋祭りを見に行こう‼』

では無く・・・・・・


『ご入居者と一緒に新宮秋祭りに出よう‼』ってことになりました~102.png






当日の参加は27団体 総人数約1000名! 

黒潮園は40名が参加します。



賑やかになりそうですね102.png


f0299108_16290553.jpeg



私たちが参加するのは夜の部「お祭り新宮節」です!!




踊り順はくじ引きで決めることに。

ご入居者の事も考えると「早めの方が良いかな~」なんて思ったり・・・




申し込み順でのくじ引きだったので、私たちは最後の方で引くことに。

どんどん順番が決まっていく中、いよいよ私たちの番に。




記念すべき初参加の順番は・・・




f0299108_14123745.jpg

1番です106.png








本番に向けて、職員もご入居者さまも…毎日みんなで練習していま~す102.png



あら。こんなとこでも(笑)

f0299108_15532312.jpg





お時間のある方はぜひ、見に来てくださいね110.png


新宮秋祭り

  平成30年10月14日(日) 19:30~
 


ケアマネ 新谷



























by kuroshioen | 2018-10-11 16:05 | Comments(0)

『介護経営白書2018年度版』に掲載される



介護経営白書2018年度版 出版:日本医療企画

f0299108_10144473.jpg




巻末の経営実態リサーチ結果報告書(36法人)に、社会福祉法人黒潮園の取り組みが掲載されました。



f0299108_10154855.jpg


現場への利益還元を基本方針に掲げた、経営改善の取り組みが紹介されています。

施設稼働率99%以上を達成することで、職員の処遇改善やサービス提供に要する設備投資を実現し、またフルタイムパートを廃止し全員正職員制度を導入していること。また連休取得ができる勤務表の工夫や、有給休暇の取得推進など労務環境の改善に取り組んでいることがポイントとして掲載されています。

全国には先進的な経営に取り組む活発な法人が多数ある中で、巻末の1/2ぺージの記事ですが、黒潮園の取り組み実績を評価頂き、このような取材を受けるに至ったことはを嬉しく思います。


介護の仕事をもっと魅力的に、施設サービスの質の向上を目指し、引き続き課題意識を持って取り組んで行きたいと思います。




by kuroshioen | 2018-10-11 10:30 | Comments(0)

月刊老施協 掲載される


こんにちは。

黒潮園が全国老人福祉施設協会の誌、月刊老施協8月号『キラリ施設紹介』に紹介されました。


f0299108_14465920.jpeg


平成29年度全国老人福祉施設研究会議(高知大会)で、専門的な摂食嚥下ケアとして、経管栄養者への経口併用に取り組んだ実績を発表させて頂き、『最優秀賞』を受賞したことにより取材がありました。




という事で、大阪の日本医療企画関西支社から記者さんが来られたのですが、たまたま当地方の出身の方でビックリ!

そして、これまた祖父にあたる方が黒潮園で暮らされ看取れせて頂いたというご縁があったとのことで、さらにビックリ!



記者さんも「地域の施設で、またお世話になった施設の記事が書けて嬉しいです!」とおっしゃられていました。

施設の視察と簡単な聴き取りをされて、原稿を作成するのですが、見開き2ページにわたる内容で、簡潔に解り易くまとめて頂き… さすがはプロやなぁ~と感心!




一方で掲載写真にはかなり苦労されていましたねぇ~。(笑)

写真の写りのちょっとした事でも却下とされるようで、再度、撮り直しがあったりと…こういった記事一つを発行するにも、様々な苦労があることも知りました。


f0299108_11550425.jpg

f0299108_11553151.jpg

関西医療企画の新免さん。この度は大変お世話になりました~。


詳しくはこちらのリンクをご覧ください。
http://www.kuroshioen.jp/contents/ct04/info/

by kuroshioen | 2018-09-11 16:43 | Comments(0)

介護ブログランキング


しばらく更新が滞った『クレール日記』ですが、

先日、ふと介護ブログランキングを見ると・・・


『1位』になっていました。

記事の更新はしていなかったにも関わらず・・・です。

f0299108_17430972.jpg




これまで投稿した記事が検索キーワードでヒットし閲覧頂いているようです

f0299108_17433501.jpg

記事別にみると『下剤の恐ろしい副作用』が連日、700件くらいの閲覧数になってますね~。ダントツの人気記事になっています。!!

ほか『間違った高齢者の嚥下食』といった記事が続きます。





実はブログの画面にある訪問者数はパソコンから閲覧された方のカウントになっておりまして、実際にスマホなどモバイルから閲覧されている方が1,400~1,500名と圧倒的な数になっておりまして・・・ 一日平均2,000人の方がこのブログを見て頂いているということなんです。

f0299108_10065174.png



このように私たちが取り組むケアの考え方が、全国の多くの方々に関心を持って頂いている事が伺えます。

これを見て私管理人も、東キヨ主任も、初心に戻って(改心して?)皆さんにしっかりと情報をお伝えできるようにしないといけないなぁ~ と痛感しました。





今年度、クレール高森はユニットケアリーダー研修の実習施設の認定を目指して頑張っていました。

先日、調査員による視察、評価を受けました。




力不足でのチャレンジとは承知していましたが、準備に多くのエネルギーを費やしてきました。

当日、調査員さんから厳しいお言葉を頂き、疲れがどっと出たというのが正直なところです。

東キヨ主任は数日落ちてましたねぇ・・・




ブログの運営も、ケアの質向上や職場環境の向上への取り組み、また、リーダー研修施設への合格を目指すことも、すべては強い想いがあるからこそ取り組んでいけるものです。しかし、時にはそのエネルギーやバイタリティーを失いそうになることもあることもあります。

目指すべき方向と強い想いにぶれないことが大切です。

もう一度、初心に返り、これまで通り、向上心をもって頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。




by kuroshioen | 2018-09-07 10:01 | Comments(0)

平成30年度 社会福祉法人黒潮園納涼大会

こんちは。

連日、猛暑が続きますがいかがお過ごしでしょうか?





私共は、この8月21日にユニットリーダー研修施設の合否を決める現地調査を受けます。

言い訳になってしまって、大変申し訳ございませんが、何かと忙しくこのブログも滞ってしまいました。





ということで、これまたご案内が遅くなり大変申し訳ございません。

本日、夕刻より社会福祉法人黒潮園の夏まつり『納涼大会』を開催させて頂きます。




是非、お時間のある方は足をお運びくださいませ。

f0299108_09183035.jpg
f0299108_09184400.jpg

by kuroshioen | 2018-08-04 09:19 | Comments(0)

第1回フィッシングアングラー祭り

こんにちは。

週末にある企画が・・・



黒潮園の奥田介護職員らの呼びかけで、職員による『釣り大会』が開催されました。

海や川といった自然に恵まれた紀南地方ですが、

釣りやサーフィンといった当地方ならではの趣味を楽しむ職員も多くいます。



そこで何か楽しい企画を!!

という声があがりました。





ルールは適当???

海、川どのフィールドでもOK!!

どんな獲物でも持ち込みOK!!

ただ、潜りと船釣りは禁止!!(笑)



土曜日から釣り開始で翌日、日曜日の昼12時に宇久井の港に集まって計量と結果判定というルールです。

そして、釣ってきた獲物でバーベキューをしてお昼ご飯を楽しむという企画。

だれも釣れなかったらお昼ご飯は無し???(笑)





夜釣りから始める者、近場のポイントを転々と移動しながら釣る者、

参加者はそれぞれ思い思いの釣り場に向かいます。

東キヨ主任は朝4時に起きて秘密ポイント三重県新鹿の磯にアオリイカを狙いに行ったのかな?





私もマイホームポイントに日暮れのいい時間からエギングでのアオリイカ狙い。
f0299108_09041992.jpg
夜中まで頑張るも撃沈・・・




夜がだめなら朝。(笑)
f0299108_09044001.jpg
それでもイカの反応なしでした。↓








その頃、東キヨ主任から・・・『やりましたぜ!!』とメールが!!

f0299108_09051365.jpg

こうなりゃ~・・・諦め。

天気いいし気分を切り替えてサーフィンにGO!!(笑)







釣れなくても海風景を眺めるだけでも癒されますね~。

f0299108_11001494.jpg


f0299108_11004123.jpg











北村主任は・・・マイナスイオンたっぷりの渓流へ!!

f0299108_09080985.jpg
ルアーで渓流の女王『アマゴ』狙い!!

f0299108_09062964.jpg

早速、投げたルアーにHit!!
f0299108_09115884.jpg
これは違いますねぇ・・・外道のハヤです。

人差し指ほどのサイズ。(笑)








f0299108_09130619.jpg
本命のアマゴ。美しい魚体ですね~。







暗い浜での釣り???

f0299108_09133904.jpg


釣れたのは???

f0299108_09142434.jpg
これも外道ですね。








深瀬副主任は子供さんとあらゆる場所をめぐり・・

最後は熊野川河口でルアーを投げて一発大物狙い!!


シーバス(スズキ)狙いでしたが、

良型の○○がHit!!





そして、集合時間になりタイムアップ!!

東キヨ主任は「優勝は間違いなく僕ですよ!!」と自信満々。




それぞれの釣果は・・・


ジャーン!!


深瀬副主任。
f0299108_09420035.jpg
クロダイ49cm






東キヨ主任
f0299108_09442658.jpg

アオリイカ600~700g






北村主任
f0299108_09450434.jpg
アマゴ可愛いサイズ




そして番外編の東課長。

所有のボートですぐ沖のポイントで・・・
f0299108_09461996.jpg
この2kgのビッグなアオリイカほか4杯仕留めてきました!!
(生きアジのヤエン釣り)






さて問題はどうやって勝者を決めるか・・・

f0299108_09474644.jpg

大きさ?

重さ?

値段?(笑)




並べてみると・・・

f0299108_09481898.jpg

イカの足をめいいっぱい引っ張るとクロダイよりわずかに長い?(笑)

店頭価格もイカは高級食材?

これは東キヨ主任が優勝か???





色々と議論の結果。

目を閉じて挙手にて決めよう!!と・・・






「深瀬さんのクロダイが優勝と思う人~!!」
f0299108_09485529.jpg
多くの手が挙がりました。






「東キヨ君のアオリイカが優勝と思う人~!!」
f0299108_09491737.jpg
あれっ???

誰も手を挙げない???

いや深瀬さんの子供さんが挙げてるのかな?(笑)






「じゃあ、北村さんのアマゴ!!」
f0299108_09495818.jpg

そこで東キヨ君が挙手。

という事は???

f0299108_09502523.jpg

その一票により東キヨ君は北村主任に敗退することに。(笑)



課長の釣った大物のアオリイカを見てしまった事により、東キヨ君の大きさでは皆さんの評価に値しなかった様ですね。





初代チャンピオン!!
深瀬副主任
f0299108_09513351.jpg



2位 北村主任
f0299108_09520522.jpg


3位 東キヨ主任
f0299108_09535736.jpg
残念でしたぁ~ (笑)




優勝すると豪語していた東キヨ主任が最下位に!!

これにはみんなで大爆笑!!







一匹も釣れず坊主だった釣り好きの中野君は・・・

f0299108_10030153.jpg

風で飛んだビニール袋を釣り上げるに終わる。(笑)

f0299108_10034762.jpg






毎年、ご入居者さまの外出企画『ホエールウオッチング』でお世話になっている、地元漁師の米川さんがアオリイカを刺身にしてくれました。

f0299108_09543064.jpg

f0299108_09550122.jpg

また、脂ののった丸々した大きなアジも頂きました。

f0299108_09552605.jpg


f0299108_09554049.jpg


そして青空のもとバーベキューをしながらお昼ご飯を楽しみました。

f0299108_10070958.jpg

f0299108_10080718.jpg

f0299108_10084816.jpg

f0299108_10115958.jpg


サバイバルゲームが趣味の鳥居さんは、自前の飯盒で色々な料理を作ってくれました。

f0299108_13023547.jpg
イカのバター焼き!!

手にはめるグローブもサバイバル用の特殊なものとか?


f0299108_10503621.jpg

清掃職員の手嶋さん。飲み物の差し入れありがとうございます!!






自慢の釣り道具の話で盛り上がるのもフィッシングアングラーならではの楽しみ!!

f0299108_10152872.jpg

f0299108_10142381.jpg

釣り具メーカシマノの最高級リール「ステラ」の20年前モデルを大切に保管している深瀬副主任。

f0299108_10492603.jpg




楽しい時間はあっという間。

気づけば陽も傾き・・・




2日間にわたる『フィッシングアングラー祭り』企画を終えました。


f0299108_10534079.jpg




自然豊かな紀南地方です。

その地域、地域ごとに魅力ってあると思います。

そして様々なライフスタイルがあると思います。




ご利用者さまの『豊かな暮らしの提供』に取り組む私たちですが、そのためには支援させて頂く私たちの暮らしの充実も不可欠と思います。

人口減少に伴う人材不足が大きな問題とされる昨今ですが・・・

当地方で、そして当法人で働くことに魅力を感じられるような斬新な取り組みを発信できる事が夢です。




こんな現場発信で企画さたことは嬉しいですね。

次の事業計画、法人中期ビジョンで、ドーンと面白こと出来たらいいなぁ~って思います。











<番外編>
仕事はシャツにスラックスの東課長。

f0299108_11093754.jpg
休日は漁師???

港から颯爽と愛車に乗って、白長靴姿で帰っていきました。(笑)

これぞ、地域に密着した暮らしですね~。 そして、黒潮園らしさだと思います。












by kuroshioen | 2018-04-25 11:28 | Comments(0)

ヤクルト本社中央研究所から・・・

こんにちは。

昨日、株式会社ヤクルト本社の中央研究所の研究管理センター所長 長南 治 博士、開発部次長 野中 千秋氏、また中日本支店総務課課長 兼口 達也氏の3名が黒潮園にお越しくださいました。


f0299108_17311705.jpg


私たちはお年寄りの健康管理において『腸内環境』の重要性に着目しています。

特にオムツに依存しない排泄ケアにおいて、便秘気味の方には水溶性食物繊維やビフィズス菌飲料を状況に合わせて積極的に活用しています。




最近では、この腸内環境と便秘に関する研究や、その知見も耳にする機会が多く、一般の方にも身近な知識になっています。

また、高齢者ケアや医療現場での活用も増えています。




当施設でもビフィズス菌飲料を活用しており、毎年、ヤクルトさんによる施設内セミナーを実施しています。

実は、黒潮園ではこのような取り組みが30年以上も前に先駆的に取り組まれていたんです!!





1982年発刊の日本老年医学会誌19巻6号に、

『寝たきり高齢者の排便傾向とビフィズス菌発酵乳の排便回数に対する引用効果』

ヤクルト中央研究所 田中隆一郎
特別養護老人ホーム黒潮園 下坂国雄

という論文が掲載されています。



これは、当時の黒潮園に入所者を対象に、ビフィズス菌飲料による排便傾向の改善を調べてたものなんです。

<要約>
特別養護老人ホーム黒潮園に存在する‶ほぼ寝たきり”の高齢者(平均年齢77.9±8.1歳)57例を対象に排便傾向の調査とビフィズス菌醗酵乳(以下ビ菌醗酵乳)の飲用に伴う排便傾向の改善をしらべた。対象者57例中40例(70%)は2日に1回以下の排便回数であった。また、便秘薬常用者は22例(39%)にも認められ、その排便回数は1週間当たり2回以下であった。

ビ菌醗酵乳100mlを連日20日間飲用させることにより、自然排便者9例の排便回数は、飲用前の5.7±3.3回/10日間(平均±SD)から、前半10日間の飲用で7.0±2.5回(P<0.05)、後半10日間では8.1±1.6回(P<0.01)のように増加した。一方、対象とした未醗酵乳では、自然排便者群で後半10日間の飲用期にのみ有意の増加を認めた。

上記のビ菌醗酵乳の飲用効果は、自然排便者の対象を26例に増やしても、飲用前10.8±3.8回/20日間、飲用中13.1±3.9回(P<0.01)、飲用後10.8±3.5回のように確認された。

以上の結果から、‶ほぼ寝たきり”の高齢者では便秘傾向が顕著であること、ビ菌醗酵乳の飲用によりこれらの排便傾向が明らかに改善されることがわかった。

Key Word:寝たきり高齢者、排便傾向、ビフィズス菌醗酵乳、飲用効果

f0299108_15411099.jpg


f0299108_15412958.jpg


f0299108_15415415.jpg


f0299108_15421301.jpg


f0299108_15424409.jpg


f0299108_15430395.jpg




30年以上前の調査研究です。

すごくないですか?



ヤクルト中央研究所の方がたも、当時、どのような経緯でこの研究がされたのか、随分と昔のことで詳細は把握できていないという事ですが、現在のケアの礎となる論文だったのではないでしょうか?






それから30数年。

再び私たちは便秘解消と自然な排泄の自立に力を入れたケアに取り組んでいるという事なんです。





このブログでも繰り返し話をして来ましたが、これから求められるのは専門性とエビデンス(根拠)のある質の高いケアです。

そこで、黒潮園の取り組みを実証検証することは、専門職として重要と考えます。




ヤクルトさんを招いた施設内セミナーを終えたあとにそのような話を担当者としたところ、30年前の御縁がもあり… 何と東京のヤクルト中央研究所からのオファーう受け、こちらに出向いて下さったんです!!

研究管理センター所長の長南博士のお話は大変興味深いものがあり、様々な意見交換ができ大変有意義な時間となりました。




すでに、水溶性食物繊維やビフィズス菌飲料を利用者さまに活用しているため、その効果を比較検証することは難しいと言えます(すでに効果が出来てしまっている)が、私たちの熱意を高く評価してくださり、今後、互に協力してプロジェクトを進めていくことになりました。

ひと昔の介護の概念や視点を変えてみると、介護はまだまだ発展途上にあり様々な可能性を秘めています。

紀伊半島の南端の街にある社会福祉法人黒潮園ですが、全国に向けて介護の可能性や魅力を発信していけるよう取り組んでいきたいと思っています。






最後に、研究所の方から『乳酸菌、宇宙へ行く』という大変面白い書籍を頂きました。

f0299108_16101891.jpg

これは人間の健康を支える乳酸菌と腸内細菌の働きを科学的に解き明かす、最新腸内フローラ研究の決定版とされる書籍で、様々な最新の研究や知見が紹介されています。

また、タイトルにもあるように、ヤクルトさんはJAXA(宇宙航空研究開発機構)と共同研究として、宇宙空間(国際宇宙ステーション)における乳酸菌飲料やヨーグルトの継続摂取による免疫機能及び腸内環境に及ぼす影響の検証にも取り組んでいることが紹介されています。




いろんな事を知る。知れる。という事はワクワクします。

そして、そこからの発想の広がりが創造へとつながります。


f0299108_16243356.jpg



興味があれば是非、皆さんも一度読んでみられてはいかがでしょうか。







by kuroshioen | 2018-04-10 18:07 | Comments(0)

年度末 


こんにちは。



年度末を迎え何かと忙しく・・・

クレール日記をご無沙汰してしまっております。




f0299108_11261619.jpg



黒潮園の沿道の桜も満開!!

クレールの芝桜も綺麗に咲き、周りは春模様です!!


f0299108_11265239.jpg


f0299108_11272149.jpg


先日、クレールのご入居者さまは市内の松山公園に花見に出かけました。

落ち着けばまたブログに上げさせて頂きます。






この時期は次年度の事業計画書の作成や予算の立案など月末にかけ立て込んできます。

そして、もうひとつ。




この時期には今年度の決算見込みとにらめっこしながら・・・

職員へ還元する期末一時金の支給について議論します。




そして、本日。

今年度も、前年度に引き続き黒潮園・クレール高森ともに施設利用率99%以上という非常に高い実績を上げることができ、全職員に期末一時金の支給が実現しました。



f0299108_11511277.jpg


f0299108_11512875.jpg



職員は利用者さま、ご家族さまに喜んで頂けるよう頑張っています。

経営者は職員の皆に喜ばれる職場をつくることが使命だと思います。





事業計画も少しで完成。

社会福祉法人黒潮園は次年度も職員が一丸となって前進して行きます。



by kuroshioen | 2018-03-30 11:56 | Comments(0)

目指せユニットリーダー研修施設!! ~セリーグ&パリーグ?~


こんにちは。

開設3年を経たクレール高森ですが、事業計画の中期ビジョンでは「ユニットリーダー研修施設を目指す!!」とあります。





このユニットリーダー研修の実地研修施設の認定を受けるためには、施設の設備や体制、また個別ケアの取り組み状況など「選定調査表」に記された評価項目50項目を満たす必要があります。また現地視察を受け合否が決定されます。

そこで、ユニットリーダーや現場の有志で『実習施設準備委員会』を立ち上げ、その項目の自己評価を行い改善案を話し合っています。

f0299108_16282166.jpg




そして、いよいよ平成30年度に申し込みをしようという事で・・・

東キヨ主任がネットで調べて問い合わせをした所、早速、こちらに出向いて説明をして頂けると先方から連絡がありました。




そして、先日その説明会が行われることに!!

お話を聞いていると・・・

何かが違う気が・・・???



私たちがこれまで参加してきたのは、『一般社団法人日本ユニットケア推進センター』が主催する研修です。そして、今回お越し頂いたのは『一般社団法人全国個室ユニット型施設推進協議会』

実はユニットケアを学ぶ『ユニットリーダー研修』を実施している団体全国で4か所あるという事です!!


f0299108_16295604.jpg

「えー!!」

ユニットリーダー研修にセリーグとパリーグがあったなんて・・・!?」と東キヨ主任。(笑)


何という事でしょう。面白すぎますね~。





「だって、ネットで検索したら一番上に出てたんですから・・・」

インターネットは便利ですが、よく確認しないとですね。(笑)





この『全国個室ユニット型施設推進協議会』の実地研修施設は平成29年5月現在で26施設で、近畿では大阪府に2施設しかありません。というのは、この研修は都道府県が指定するため、近畿ではまだ大阪府以外の県の指定がないんですね。

もちろん、和歌山県も現時点では指定していないので、県に研修申し込みをすると必然的に『日本ユニットケア推進センター』が主催する研修が案内されるという訳です。


f0299108_16463933.jpg
今回、お越し頂いた一般社団法人全国個室ユニット型施設推進協議会の井出明利さんからは、短時間でしたがまた違った視点からユニットケアについて講義をして頂き、大変勉強になりました。

f0299108_16470651.jpg



f0299108_16473221.jpg

推進センターの研修ではユニット玄関の設えなどハード面も含め『暮らしの継続』という理念を大切にしていますが、推進協では施設に入居することで暮らしが施設化してしまうことにより失ってしまう『自立支援と自己決定』について重点的に研修しているということです。

「例えば朝食の目玉焼き。何をかけて食べますか?」

「ソース?」

「醤油?」

「塩?」

「何もかけない?」

と人ぞれぞれ好みや暮らし方が違うにも関わらず、施設入所では個々の自己決定に基づいた暮らしの実現は大変難しい環境にあります。ユニットケアでは暮らしを施設化するのではなく、本人の自己決定より実現することの重要性を強調されていたことが印象に残りましたね。 

自立支援には身体的自立支援だけでなく、この自己決定という精神的自立支援の両側面が重要です。





f0299108_17012899.jpg

f0299108_16481240.jpg
また選定調査の際の評価項目についても解説を頂きました。自己評価の時点でこれを最低でも7割以上の項目を満たす必要があります。

なかなか選定基準を満たすことは大変な作業になると思います。







そして先日・・・

f0299108_16495845.jpg

和歌山県から『平成30年度新規ユニットリーダー研修実地研修施設の募集について』という文書の通達が送られてきました。という事で、セリーグ?なのかパリーグ?なのかさておき、申し込みをさせて頂きました。(笑)


別に複数の団体の実習施設の認定を受けても問題ないということなので、推進協の方も検討はしていきたいと思います。






クレール高森のユニットケアはまだまだ課題が多くありますが、実習施設を目指すことをきっかけに、高みを目指し一つずつ課題をクリアーして行ければと思っています。




by kuroshioen | 2018-03-23 10:36 | Comments(0)