クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

第17回気づきを築くユニットケア全国実践研究フォーラム 発表予定

こんにちは。

全国のユニットケアに取り組む施設の実践研究発表が行われる『第17回気づきを築くユニットケア全国実践研究フォーラム』が今年も神戸で開催されます。
f0299108_16534853.png


昨年、第16回フォーラムでは、クレール高森からも初めて演題発表をさせて頂きました。




第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナーIN神戸
https://kuroshioen.exblog.jp/27615800/

事例発表終える
https://kuroshioen.exblog.jp/27641703/






そこで、発表のあった105演題から、参加者が選ぶ印象に残った発表8選に選ばれました。

「第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー」報告について
https://kuroshioen.exblog.jp/27738588/




そして今回その中からアンコール公演】実践報告の3演題に選ばれ、再び登壇することになったのです。



f0299108_17025630.png


前回、看取りケアについて事例を発表させて頂きましたが、その際に「看取り期の点滴」について会場からご意見を頂きました。そこで、その後の1年について10分の発表時間があるので、高齢者ケアにおける水分管理と点滴について、当施設での考え方を紹介させて頂きたいと考えています。








また、今年度は一般演題の部門でも第10部門にエントリーさせて頂いております。
f0299108_17092684.png
10-5 13:40~10:05
『人事考課制度とチューター制度による人材育成への取り組み』
地域密着型特養クレール高森 東 潔明 ・ 岡 司



ユニット型施設では人員配置基準からも、十分な「新人教育」に携わる時間を取りにくいことが課題と言えます。多くの現場では人材不足が深刻化するとともに経営状況も課題が多く赤字施設が増加しています。経営改善に向け利用率99%を実現すると同時に、これらの課題解決に向け「人材育成」を目的とした人事考課制度とリンクした「チューター制度」の運用に取り組んでおり、その内容をご報告をさせて頂きます。






当日参加されている方との意見交換の場となれば幸いです。


宜しくお願い申し上げます。

# by kuroshioen | 2018-03-06 14:48 | Comments(0)

2月絵手紙教室



こんにちは!

先週あたりからずいぶん暖かくなってきましたね~♪






クレール高森の中庭には梅の花が咲いています。

この梅の花、私は今年になって初めて植えてあるのに気が付きました。

理事長にお聞きしたところ、昨年までは花が咲かず枯れかけていた様子。


f0299108_13011655.jpg

見事復活した梅の花。植物の生命力はすごいですね!!






さて今回の絵手紙教室。

f0299108_13094568.jpg


中庭の梅はまだ小さく枝を折るのは忍びないと思っていたところ・・・


「自宅の庭に咲いていたの」


福田理事が大きなキンカンと梅の花を持ってきてくださいました(^^♪





この梅の花とキンカンも画材に加えさせていただきました。


f0299108_13085794.jpg



大きなふきのとう⁉ 


絵手紙の先生が持ってきてくださいました。


春を感じさせてくれる画材です♪








今回の絵手紙教室は、ショート利用者様2名を含めた8名の方々が参加くださいました。

f0299108_13202388.jpg







f0299108_13212287.jpg
絵手紙常連のM様

今回はキンカンと大根の2種類描かれました。




f0299108_13211206.jpg
N様はとっても面白い形の人参を選ばれました。

先生曰く「こんな変わった形のものは絵手紙の画材にぴったり」との事。







f0299108_13214268.jpg
初めて参加されたT様

「すっきりとして素敵な作品やね~」と

お隣のK様の作品を見て奮起されたご様子。






f0299108_13493421.jpg
I様は久しぶりの絵手紙にとってもいい笑顔♪







f0299108_13214840.jpg
K様の選ばれたのはラディッシュ。

「絵手紙は葉書いっぱいに大きく描いたほうがいいんですよ。」

・・と先生がおっしゃる通りに描かれ、素敵な作品に仕上がっていました!!







f0299108_13344646.jpg
早々に描き上げたH様は、描きあげた作品を机の上にを立てかけて何やら思案中。

どんな言葉を添えようか考えてみえるのでしょうか?








f0299108_13205382.jpg
初めて参加されたO様はふきのとうを選ばれ
集中して描いておられました。







f0299108_12591464.jpg

f0299108_12590405.jpg

f0299108_12585236.jpg


f0299108_13571374.jpg


f0299108_13570176.jpg



f0299108_12592212.jpg

f0299108_13561718.jpg


f0299108_13560595.jpg








f0299108_12575299.jpg
 作品はショート利用者様は持って帰っていただき、


  入所者様6名分を玄関に飾らせていただきました。





                   事務部 新谷


# by kuroshioen | 2018-03-05 16:33 | Comments(0)

『地元企業知っとこガイダンス2018』


こんにちは!





先日、2月14日。


新宮市立総合体育館(大浜体育館)で地元の高校生を対象にした、


『地元企業知っとこガイダンス2018』というイベントが開催されました。



f0299108_16460892.jpg




これは高校2年生の生徒さんを対象にした地元企業の説明会です。


当地方の企業19社が参加していました。





高校卒業後に地元に就職する希望や、また将来、地元に帰って来て働くときに、地元にどんな企業があるのか知っておくことができるという企画ですね。


参加した学生さんは123名


県立新翔高校の学生さんが大半でしょうか。






学生さんは自分が気になる企業を3ヶ所選んで、15分づつのブースを回りプレゼンテーションを聴いて、そのあと質問時間が設けられているというものです。


黒潮園や介護の仕事に興味を持ってもらえる学生さんがおるのか…ちょっと不安。(笑)








すると、早速、第1グループ。


賑やかな女の子たちがやってきました!!


f0299108_14064989.jpg

「私のおばあちゃんが黒潮園で働いてたんよね~。」


「黒潮園ええって聞いたから来た!!」



・・・と嬉しいことですね!!







高校生に何を話そうかなぁ… と考えつつ急遽、簡単なスライドを作成。

f0299108_14150546.jpg
私たちは介護のイメージUPを!!って思っています。


そこで、漢字の『黒潮園』ではなく、あえてローマ字の『KUROSHIO-EN』としました。(笑)





f0299108_16552232.jpg
・・・って今一度思って欲しいなぁ~
f0299108_16545635.jpg
新宮市の人口は既に3万人を切りましたが、今後も減少の一方をたどります。


これに対して高齢者の人口が著しく増加するのかと言うと、そうではなくは横ばいもしくは若干増えるという見込みです。


問題はグラフの赤線のよううに若い世代(生産労働人口)がどんどん減っていくという事です。







若い世代の人たちがこのにどれだけ魅力を感じるか、


また受け皿となる職場はどれだけ魅力を提供できるかが重要となりますね。




f0299108_17043576.jpg





地域の雇用事情はとても深刻になってきてるなぁ~と最近つくづく感じます。


私たちはどこまで職員処遇を引き上げらるかに挑戦しています。


現在、新たな人事制度の検証として、若い職員が黒潮園で務めた場合、10年後、20年後の給与水準の試算を行い、結婚、子育てといったライフステージを支えることができるのか?といった検証も行っています。



f0299108_17135803.jpg


人材不足、人材不足と言われますが・・・



多くの産業の求人を見ても正職員雇用は少なく、給与水準は非常に低く、ボーナスもほとんど無い。といった状況です。



これでは、若い人がこの地域で働く魅力がどこにあるのかと思いますね。






先日、事務職と厨房職の求人(もちろん正職員)をした所、20名を超える申し込みがありました。



応募が多いことは嬉しいのですが、数日感、ずっと面接を行い地域の雇用の現状をそれぞれの人から耳にしていると、本当に厳しい現状があることを痛感させられました。









私たち事業者によるその魅力づくりが重要だと思っています。



これからは若い人を含め、多くの人に応えてあげられる職場をどう作るかしかないでしょう!!


f0299108_17161460.jpg

f0299108_17170747.jpg

介護の仕事は間違いなくこれからの仕事です!!



若世代の人たちに、この地域での働くなら間違いなく『介護の仕事も選択肢のひとつ!!』と思います。



そして、そう言える職場づくりが地域貢献であり、私たちの使命だと思っています。







国全体としても介護に限らず、今後の人材不足の問題解消に、AI(人工知能)の活用、また外国人技能実習の受け入れ、またはシニア世代の雇用が重要視されています。



実際に、特養でも高い仲介料を払って外国人の受け入れを始めている施設もあります。



どうでしょう?出来ることなら地域の若い世代にお年寄りを支えてもらえることが良くないですか?









黒潮園では常に先を見たビジョンを大切にしています。



でも先ばかりを見ているのではなく、現状の課題をしっかり把握し改善に努めることも重要視しています。



外国人人材の流れ・・・の前にまだ出来ること可能性は十分にあるように思いますね。




f0299108_17043576.jpg

f0299108_17135803.jpg

f0299108_17052807.jpg

f0299108_17373825.jpg

f0299108_17055554.jpg



次の取り組みは『楽しく仕事ができる』ワーク・ライフバランスの両立の究極のテーマですね。



今、私たちはこの地域ならではの魅力? 釣り? ダイビング? サーフィン? 温泉? 畑?・・・



この地域で趣味が持てる。または趣味を両立した暮らしのための移住などを全面に出した独自のプロジェクトの立ち上げも検討しています。





f0299108_17383643.jpg

地域の企業全体でそういった創意工夫をして、この地域の活性化につなげて行ければいいですね。





f0299108_17402189.jpg


f0299108_17414764.jpg
f0299108_17590971.jpg




クレール高森の紹介は若い子達が興味をひいてましたね!!


特養のイメージが変わったようです♪






とにかく元気いっぱいの子供たち!!

f0299108_17425205.jpg

「○○会社の話は眠かったぁ~」とか感じることも素直!(笑)



社会福祉法人黒潮園の話は楽しく聴いてくれたようです。







少しでも介護の仕事に興味を持ってくれたならいいなぁ~と思います。



主催者の方からも「黒潮園さんのブースは盛り上がっていましたねー。」と言われました。(笑)











いかに若い世代への魅力をつくることが出来るか・・・



柔軟な思考、アイデア、創意工夫。



今後のすべてを左右すると言っても過言ではないでしょうね。










# by kuroshioen | 2018-02-20 18:05 | Comments(0)

2月6日 『お燈まつり外出企画』


こんにちは。


2月6日はお燈まつり。




いつかは入居者さんと一緒に見に行けたらいいな~と思っていました。


寒さが一番厳しいこの時期に外出するのはどうかな・・・と色々悩んでいると,





「今年もお燈まつりが近づいてきたな~」


「今年はここの職員さん誰が登るん??」と話ししている方が。





男性入居者さんに話を聞くと、上り子だった方も多く・・・・


寒いけどやっぱり見に行こう‼と決めました。






『昔の事はワシに聞いたらええ‼』とKさんに言われていたので、


早速、お燈まつりの話を聞きに。






「毎年、何人もの上り子の縄を締めたんや~」


「男の子は小さい頃から一緒に上がる。おんぶして下りてくる人もおった。」と色んな話を聞かせてくれました。







お燈まつり見に行きませんか??とお誘いしたら・・・


「もうだいぶ見てない。かまんのか??行くよ‼」


ほか新宮にゆかりのあるKさんご夫婦、Sさんもお誘いして行くことにしました♪






当日・・・


今年も理事長や東主任、黒潮園の職員が何人か参加予定!!


お子さんを連れて来てくれました~♪

f0299108_10222845.jpg
子供さん。勇ましいですね~!!


f0299108_10224741.jpg
「頑張ってよ~!」


f0299108_10225840.jpg
「何歳?小さいのにえらいなぁ~!頑張ってね!」











そして、その夜・・・


新宮では2月6日のお燈まつりの日が一番冷え込む。と言われている通り、寒い‼






火が点くのは20:00頃?


何枚も服を重ね着して防寒対策バッチリ!

f0299108_10242356.jpg


f0299108_10241388.jpg

現場に到着したのは、


19:50頃。




あれ・・?


車中からは山上の火が見えます‼




急げ~‼
f0299108_10243933.jpg

何とか駐車場に着いて、上り子が下りてくる神社の近くに行くことに。


神社からは「ワッショイ‼」と声が聞こえます。





職員の中で一番最初に私たちのもとに下りてきたのは・・・


理事長‼







みんなが待っていると思い2000人近くの参加者がいる中で24,5番目に下りてきたそうです。


すごいですね~‼

f0299108_10253070.jpg


f0299108_10255155.jpg


f0299108_10260003.jpg




無事下山し良かったと話をしていると、


顔や手に火傷が・・・・!?





話によると、山門が閉められる際が大変で、


熱いは煙たいは押されるはひっちゃかめちゃか???




そして開門と同時に走る訳ですが、目の前で次々に転倒する者もあり… もみくちゃに。


避けて、飛び越えて、ひたすら石段を駆け下りるそうです!!


男のお祭りですね~!!



f0299108_10261369.jpg

「早かったなぁ~!」「よう頑張った!」と・・・


昔は自身も上り、また入所前までは地域の者の縄を巻いていたというKさん。


久々の松明を手に大変喜ばれていました。






端地リーダーのお子さんと♪
f0299108_10262442.jpg
初めて見るお燈まつりの火にビックリ?





上っていたKさんの御家族さんとも合流~♪


「お父さんも昔は毎年上がってたし、見にこれて良かったね~」ってとても喜んでくれました。

f0299108_10265848.jpg

こうやって上った者と、待つ家族がひとつになることもこの祭りの魅力ですね。


「ワシも足が達者やったら上がるんやけどな」


ってKさん110.png








しばらくして・・・


東主任~‼

f0299108_10273011.jpg

f0299108_10273820.jpg






無事、神事を終えた達成感でしょうか?


お互いに良い笑顔です110.png

f0299108_10283044.jpg

とっても寒かったけど・・・


新宮の文化を感じられてよかったです。






また来年も見に来ましょうね‼

f0299108_10384143.jpg

ケアマネ 新谷




# by kuroshioen | 2018-02-10 08:21 | Comments(0)

お燈まつり 2018



こんにちは!


お久しぶりの東潔明です。






この時期のブログと言いますと・・・


毎年恒例のお灯祭りでございます。(笑)




この祭りに参加しないと、1年が始まらない… ではなく、


終わらない様な気がします。1年の膿を出し切る行事です。







毎年恒例ですが、まずクレール高森に挨拶を・・・。

f0299108_16375998.jpg
    


毎年、一緒のメンバーと上がるんですが、今年は大阪の友達も参加。
f0299108_16445537.jpg
一度登ってみたかったという事で、衣装からすべて購入!! 来年も参加???




f0299108_10291448.jpg


阿須賀神社、速玉神社、妙心寺、3ヵ所でお参りをしてから、神倉神社に上がるのがしきたりです。

f0299108_10294006.jpg

f0299108_10295721.jpg


主催者発表では参加者1761人とやや少ないようですが、


今年は上がる時間帯が少し遅くなってしまい、最終参拝場所の妙心寺から大混雑。


大混雑の中、ふと横を見ると・・・

f0299108_10302513.jpg

管理人!!






無事参拝を終え・・・


いざ神倉山に!!
f0299108_10311612.jpg

神倉神社に続く石段にはこの人、人、人!!


登り始めの石段が急でなかなか進みません。





この時間になると、大変混雑しており頂上まで4,50分ほどかかってしまいました。


最後の神倉神社での参拝では、止められる事に????







ようやく頂上にある神倉神社に到着!!


ここで管理人とは別れて、僕たちは奥に進みます。






どうやら管理人は激戦区の山門前でスタンバイするようです!!


お怪我のないように祈ります。







今年は御神体のゴトビキ岩の麓で火を起こす所を間近に見ることができました。


この火。火打ち石で火を起こすんですよ~!!




f0299108_17050160.jpg
石からおこした御神火が大松明に移され・・・・

f0299108_16461495.jpg

この瞬間。静まり返っていた境内から「ウォー!!」っという声が響き渡りボルテージが一気に高まります。





ここで上り子の松明に火が移されるのではなく、


火はいったん石段を下り、中間地点の「中の地蔵」まで運ばれます。

f0299108_16471623.jpg

f0299108_16475033.jpg


そして再び御神火が石段を駆け上がり、境内に運ばれてきます。

f0299108_10524712.jpg

登り子は「火をくれー!!」と次々に松明に火が移され・・・


境内が明々と照らされます。


f0299108_16490047.jpg


ここから山門が閉められ開放されるまでが何とも言えない時間です。


想像してみて下さい。あの狭い境内に火を灯した2000人ほどがひしめいているんですよ?




目が開けれないほど、煙たくこの時、1年の膿が出たと実感します。


今年はあまり膿が出なかったような(笑)


隣の友達は大量の膿が出ていましたね、そういう1年だったんでしょうね(笑)









その頃。


管理人とデイ倉本主任は・・・・



f0299108_10590161.jpg


f0299108_10573651.jpg
威勢のいい男たちが集まる山門前で待機。


山門をいったん閉めなければならず、境内に入りきれず溢れるこれらの者が最後に押し込まれます。


管理人の話では、火は降りかかってくるは押し押されでヤバイそうです。





そして、山門が解放され「ウォー!!」という掛け声とともに先頭集団が一気に石段を駆け下りていきます!!


管理人と倉本主任はどうなったのやら???






こうして、下山すると・・・・


寒い中、クレールのご入居者、職員、御家族が待っていてくれました。






皆さん降りてきた私たちを喜んで迎えてくれました。


やはりこういった「地域に出る」外出は大切なんだなぁ~とあらためて実感しましたね。






施設に入居すると、冬の夜間外出って難しいと思われ…


「そういう事も支援したいよね」までで止まり、実現まで至らないケースがほとんどです。






在宅介護でもこういった外出支援はなかなか難しいと思います。


今回の『お灯祭り外出企画』は、ユニットケア理念である「暮らしの継続」それ以上の支援が提供出来ているのではないかと感じました。


(僕は祭りに参加しただけですが・・・笑)





来年も・・・・


『お灯祭り外出企画』あるのかな???


継続が一番大切ですね!!



# by kuroshioen | 2018-02-09 11:27 | Comments(0)