クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

今日の工事  「 残土搬出と交通整理 」

敷地造成に伴い、しばらく残土を搬出します。
これに伴い10トンダンプが往来します。
f0299108_9393759.jpg


黒潮園へつながる市道は狭く、何ヶ所か勾配が強い上大きく蛇行した場所があり、見通しが悪いところがあります。現在、旧国道からの入口、途中、そして現場付近の3ヶ所にガードマンを配置し、工事車両の通行に伴う交通整理をさせて頂いております。
f0299108_937694.jpg
f0299108_9372077.jpg


交通安全には最大限に配慮させて頂きたいと思います。ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。




今年の雨は短時間の豪雨となることの多い当地方です。

昨日もかなりの雨が降りました。
那智勝浦町では時間雨量70mmを記録しました。

本日、ダンプのタイヤや雨による泥水によって汚れた路面を散水車によって清掃をしました。
f0299108_1136282.jpg
f0299108_11373377.jpg

# by kuroshioen | 2013-07-05 11:09 | Comments(0)

なぜクレール高森を計画したのか④ 新宮市に不足するショートステイ

ショートステイ(短期入所)は、ご自宅で要介護状態の方を介護しておられるご家族の冠婚葬祭や病気、旅行などの急な用事、また日常の介護における身体的精神的な負担を軽減するために、一時的に入所していただくサービスです。

しかし、実際には地域全体で定員が不足しており、黒潮園においては2ヶ月前に予約が埋まることもあります。ですから急な用事でショートステイを申し込みされてもなかなか予約が取れないという現状があります。

新宮市の床数は全施設で40床しかありません。隣の三重県紀宝町・御浜町では合わせて123床あります。那智勝浦町と太地町あわせても44床あるわけですから、人口の割合からみても明らかに新宮市にはショートステイが少ないと言えます。
f0299108_8563050.jpg


この度、「クレール高森」では10床のショートステイを併設します。入所を申し込んでいるも施設が少ないため待機が必要。そこでデイサービスやショートを利用しながら、何とか在宅で介護されている方のニーズが多くあります。決してこの10床の増床では決して十分とは言えません。

しかし、3ユニット29名を基準とされる地域密着型特養への併設の場合、夜勤職員の配置が基準上2ユニットに1名とあるため、ショートユニットの抱合せは1ユニット10名もしくは3ユニット30名といったように、ユニット数が偶数となるように併設しなければ運営が難しくなります。

ですから、クレール高森では入所3ユニット29名+ショート1ユニット10名の計4ユニットで計画を進めることになったという事です。
# by kuroshioen | 2013-07-04 17:04 | Comments(0)

第2回定例会議 工程表確認ほか

おはようございます。
ブログの更新をできる限り毎日したいと思っていますが、遅れてしまいました。

昨日、第2回の定例会議を行いました。
f0299108_12234826.jpg


週間実施・計画工程表にもとづき、2週間の作業実施状況の確認と、この先2週間の作業予定を確認しました。今のところ工程通り順調に進んでいます。
南棟の掘削と捨てコン打設はほぼ終えました。引き続き基礎配筋が予定されています。


現場視察に入ると床面レベルより3m強掘削されており、相当しっかりした基礎が組まれることが予想できます。
f0299108_12242892.jpg
f0299108_12244888.jpg





尚、旧国道からの施設へつながる市道の入り口と、現場の2ヶ所に作業予定の掲示板を設置しています。
f0299108_10371233.jpg
f0299108_1225617.jpg

敷地の掘削に伴い、土を一時的に搬出も行っています。ダンプの往来があり、地域の皆様にはご迷惑をおかけしていますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
# by kuroshioen | 2013-07-03 09:20 | Comments(0)

黒潮園開園記念日

本日、7月1日は黒潮園の開園記念日です。
昭和52年7月1日にこの高森の地に黒潮園が開設されました。

開園記念祝賀会の様子
f0299108_1415217.jpg
f0299108_11122.jpg



当時は、行政ではなく私設の社会福祉法人による特養の開設は県下では珍しく、大変注目されたと聞いております。黒潮園はこの紀南地方では最も歴史のある施設です

当時の地元新聞の記事を拝見させて頂くと、全居室から太平洋を眺めるオーシャンビューで、高森の緑に囲まれた素晴らしい環境に、これまでの施設のイメージを変えるような明るく開放的で病院のように行き届いた設計が、地域の今後の高齢者福祉の広がりに大きな期待が寄せられた施設と記されています。

36年経った今でも、見劣りすることがない、温かい居心地のいい設計に感心いたします。
f0299108_1472892.jpg

f0299108_13575892.jpg




今回、新しく建てられる「クレール高森」は、団塊の世代の方々が高齢者となられるといったように、今後さらに大きく変化していくと言われる高齢者ニーズに対応するものとして計画しています。

20年先に施設で暮らされる方の生活とはどんなものでしょうか?

ご家族の希望ではなく、本当に自ら入所を希望する施設はどのような施設でしょうか?

みんなで集まって体操やレクリエーションではなく、ゲームセンターのような娯楽スペースで過ごすことを好まれるかもしれません。

個室でインターネットを楽しむ入所者さまもおられるかもしれません。

(「クレール高森」ではインターネットに対応できるよう各居室にLANケーブルを配線しています)
f0299108_118103.jpg


私たちは、一般的な施設設計はこうだといったパターン化した固定概念にはとらわれない設計を進めてきました、。このブログではそういったコンセプトのもとで設計を工夫したポイントを少しづつ紹介していきます。


時の流れは次第に物事のあり方を変えていきます。

私たちが開園記念を迎えた今日、この36年の黒潮園の歴史の重みと価値を感じるのと同様に、これからの世代の方々が20年後でも「クレール高森」の存在が普遍的であると思えるような、次世代に向けた施設を目指していきたいと思っています。

# by kuroshioen | 2013-07-01 14:17 | Comments(0)

今日の工事  「一週間の工程終える」

こんにちは。

週末を迎え、一週間の工程が無事終わりました。

途中、豪雨の日もありましたが、南棟の掘削と基礎の下処理である捨てコンクリートの打設は順調に進んでいます。
f0299108_16274490.jpg

f0299108_16315053.jpg
次週は敷地最奥部の南棟に引き続き、共用棟、北棟と順次工事現場入口近く(写真右方向)へと掘削・造成工事が進められます。


ブログ更新のためカメラの写真を整理していると、先日2Fフロアーのスタッフが黒潮園から撮影したとても綺麗な写真がありました。
f0299108_16282372.jpg

黒潮園は太平洋を眺める高台に位置しており、朝日を居室から眺めることができます。
海から昇る日の出を撮影しようとしたところ、綺麗な朝焼けが見られたということです。

「クレール高森」からも、海や山の稜線、森の緑など、この素晴らしい周囲の景色を取り込めるよう設計をしています。

どのような景色を眺めることができるのか楽しみです。

一週間お疲れ様でした。

# by kuroshioen | 2013-06-28 16:47 | Comments(0)