クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

さんま焼き

季節外れのさんま焼きではなく、またまた更新遅れが常習犯の東潔明です。

毎年恒例のさんまですが、去年は漁獲量が少なく値段も高騰していましたが、今年は去年より漁獲量も多く、値段も安くなっています。

今年も中庭で炭火で秋刀魚を焼き、豚汁、いもご飯も手作りで提供しよう!という事で・・・

f0299108_16205502.jpg
f0299108_16203634.jpg

f0299108_16253437.jpg
焼き場担当は、さんま部長!!!
f0299108_16264699.jpg
外で食べる食事は美味しく感じます。クレールの入居者ほぼ全員参加です。

f0299108_16245421.jpg
f0299108_16401147.jpg
外で食べれない方は、地域交流室を開放して外の空気を吸いながら、食べて頂きました。


新宮という地域は、この「さんま」に対して特別な思いがあります。さんま寿司も正月には必ずと言っていいほど、食べる郷土料理です。

「さんま」と「シビ(マグロ)」は新宮地域にとって欠かせない食材です。

f0299108_17260296.jpg
f0299108_17251210.jpg
f0299108_17245178.jpg
f0299108_17235398.jpg
f0299108_17233686.jpg
f0299108_17180711.jpg
こういった支援を継続して毎年行う大切な事だと思います。

入居者の皆さんも満足して頂けたのではないでしょうか。

by kuroshioen | 2018-12-12 17:38 | Comments(0)