クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

『黒潮園開設40周年記念フォーラム』② 体験コーナー





今回のフォーラムでは講演会だけではなく、


黒潮園のケアで活用する介護用品の体験や、栄養補助食品やサプリメント、また介護食の試食ができるブースを設けた『体験コーナーかっこを企画しました。






開演前に起こしになられた方や、休憩時間に、


事業所関係の方だけでなく、一般の市民の方も多くの方が足を運ばれていました。


先ず、その様子からお伝えします。






(ニッシン)日進医療機器㈱

黒潮園では、体格や姿勢に応じて調節ができる最新の車いすを購入しています。どうしても車いすで過ごす時間が長くなる施設での暮らしでは、より機能的で快適な車いすは重要となります。

f0299108_14172758.jpg

f0299108_14181213.jpg

f0299108_14185627.jpg
実際に座り心地を確認されたり、熱心に質問される方もおられました。









㈱モルテン

バレーボールのメーカーで耳にしたことありませんか?

今回は寝たきりの方でもマットレスが動くことで自動で寝ている姿勢を変えてくれる、自動体位交換機能付きエアーマットを展示しています。

f0299108_14090283.jpg

f0299108_14100675.jpg


普段、エアーマットに実際に寝る機会ってなかなか無いと思います。体験されていかがだったでしょうか?










㈱ナリコマエンタープライズ

私たちは嚥下障害のある方には「きざみ食」や「ペースト食」ではなく、「ゼリー食」が適すると考えます。普通食と同じ食材をそのまま加工するっゼリー食の試食には関心の高い方が多くおられたようです。

f0299108_14230876.jpg

f0299108_14234864.jpg

f0299108_14262528.jpg


実際に、普通のメニューと、加工したゼリー食の食べ比べをすることができます。








太陽化学㈱

今回の講演でもお話させて頂きましたが、腸内環境と健康に注目をする私たちのケアには欠かせないものとなっている「水溶性食物繊維」を扱うメーカーです。

『サンファイバー』という商品を、特に便秘で困られている方の下剤を廃止した自然な排泄コントロールに活用しています。おむつ外しのケアアセスメントでは、先ずはこれから活用することが多いですね。

f0299108_14342834.jpg

f0299108_14313414.jpg

f0299108_14330636.jpg

これには便秘に悩む一般の方から、施設関係者まで多くの方々が関心を持たれていました。













和歌山ヤクルト販売㈱

皆さんお馴染みの「ヤクルト」さんです。腸内環境の改善において善玉菌のエサとなる「水溶性食物繊維」では効果えにくい場合には、善玉菌そのものを増やすために『ミルミルS』という商品を活用するケースがあり、『サンファイバー』との併用で便秘改善に効果が得られることがあります。

f0299108_14414394.jpg

f0299108_14430585.jpg

f0299108_14433865.jpg

腸内環境は免疫機能とも大きな関連があり、高齢者だけでなく子供さんの風邪予防にも注目されます。












ネスレ日本株式会社

ネスカフェで有名なネスレさん。実はヘルスケア分野でも様々な商品を提供されています。最近は健康寿命の向上やフレイル対策として、栄養が大きく着目されています。私たちも食が細くなる高齢者の不足するエネルギーや栄養を補う「栄養補助食品」を活用したケアを行っています。

f0299108_15235751.jpg

f0299108_15242580.jpg

今回の講演でもデーターを紹介しましたが、特にタンパク質の不足は筋力低下と深い関係があり、健康維持に重要と言えます。 タンパク質(アミノ酸)に特化した
製品にも注目がありましたね。

65歳を越えても筋力UPは可能!!とネスレさん。














経口補水液の試飲コーナー。

高齢者は気づかないうちに脱水傾向にあります。施設でも健康管理において経口補水液は欠かせませんね~。

f0299108_15290998.jpg

f0299108_15294757.jpg


あれ??? 倉本主任?
f0299108_15312621.jpg
真面目な顔してなぜここに??? 営業担当と間違えられますよ!?(笑)














一般的に施設ケアでは、車椅子もベットマットも… ケアに必要な備品は施設の経費で購入しなければなりません。


ですから、多くの事業所は経営的に経費増を危惧し、最新のもを積極導入とはいかない状況があります。







私たちは毎年、メーカさんを招いたセミナーを施設で開催し、それぞれの最新の知見や製品開発の情報を把握し、より良いものは積極的に導入しています。


これはケアの質や快適な暮らしの向上を実現するには、しっかりとした経営管理(財務管理)が重要です。







そして、必要なものは必要なものとして購入し活用する!!


目指すのは質の高いサービスの提供です。







このようにして『体験コーナー』の企画は無事、盛況となりました。


そして、来場者は講演のはじまるホールへ向かわれました。






by kuroshioen | 2017-12-22 11:25 | Comments(0)