クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

第4回定例会議 中水システムの課題

猛暑続きの紀南地方です。

ニュースでは局地的なゲリラ豪雨の報道を見ますが、年間降雨量多い当地方にもかかわらず、にわか雨程度でおおむね晴天が続いています。

よって工事は順調に進んでいます。
本日は共用棟の基礎・底板の配筋検査を終えました。

現場視察の様子
f0299108_1230325.jpg
f0299108_12305414.jpg

            左から小林事務長・益田設計鈴木さん・協和水道萩原さん


第4回定例会議では、以前このブログでもお話した災害時(断水時)の水の確保として、沢水と雨水をトイレの排水等に活用する「中水システム」について詳細を検討しました。
f0299108_1232451.jpg


当地方の山間部ではこのように沢水を生活用水に活用している家庭があります。

中水として、井戸水は最もきれいな水です。
雨水も空気中のホコリなど多少は含みますがきれいな水と言えます。
沢水には細かい砂などがどうしても混じります。

経済的に水を活用できる一方で、沢水の場合、見えない水の汚れでトイレのフィルターが詰まるトラブルや長期間使用するうちに便器に汚れが出てくるなど、様々な課題もあるのです。


この課題について設備設計担当のRS設備企画の櫻沢さんも参加し、水道設備担当の協和水道萩原さんと益田設計鈴木さん、そし私どもで大変白熱した議論がなされました。
f0299108_12323642.jpg

           RS設備企画の櫻沢さん(右)


中水は沈砂槽、濾過槽、取水槽を経てできる限り、きれいな水を高架水槽に運ぶ設計となっていますが、沢水利用の実用性の検証と、沈殿した砂の清掃などメンテナンス方法の検討が主な論点です。

比較的きれいな雨水を優先的に中水として活用し、沢水は補填として扱うシステムとすべきではないか?

沢水の水質から、汚れはそれほど問題なく使えるのでは?

雨水の取水において、集中豪雨時に貯水槽に一気に流入し溢れないのか?

一つ一つ時間をかけて検討しました。


雨水も沢水も枯渇した場合など、中水の貯水量が少なくなった場合には、自動的に水道水は追加されるシステムが採用されています。今後、出来るだけフィルターを汚さないきれいな水を循環させるシステムとなるよう更に検討を重ねることとなりました。
f0299108_12341881.jpg

f0299108_12343239.jpg


これらの課題を約2時間半議論をし‥

ふと気づけば夕方の6時となっていました。

この災害時の水の確保における「中水システム」は今回の設計の重要なポイントの一つです。
どんないいアイデアであっても実用性に問題があるようでは意味がありません。
実際に使用する状況をいかにイメージし、起こりうる課題も十分検討する必要があります。

このように設計者・施工者・私たち発注者で活発な議論を重ねながら工事を進めていけることはとても大切なことです。そこででた結論により完成する建物は思い入れのある素晴らしいものとなると思います。
by kuroshioen | 2013-07-31 12:41 | Comments(0)