クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

ユニットケア  集団ケアから個別ケアへ

こんにちは。本日も事務部・越水が担当致します。

既存特養の黒潮園と建設中のクレール高森との大きな違い、それは黒潮園が多床室(相部屋)で従来型施設であるのに対し、クレール高森は個室でユニットケア施設であることです。

では、「ユニットケア」とはどういうものなのでしょうか?

2000年、介護保険制度のスタートにより特養は大きな変革を迎えました。措置から契約への転換です。

2000年以前は措置の時代、常時介護を必要とし居宅での生活が困難となった高齢者を行政が職権で入所させケアする、それが当時の特養でした。
居室は多床室が一般的、ケアも施設側の業務の都合で定めたタイムスケジュールにそって提供していました。入所者様を個でなく集団として捉えた画一的、流れ作業的ケアです。入所者様が施設の日課に合わせて生活されていたわけです。

2000年に介護保険制度がスタート、入所者様が施設を選択し、契約により介護サービスを受ける制度です。これが入所者様個々のニーズに合わせた個別ケアへの転機となりました。

ユニットケアとは入所者様お一人おひとりの個性や習慣、生活リズムなどに合わせた個別ケアを
実践する為の手法です。具体的には10人以下の「ユニット」と呼ばれるグループに分けてケアを行います。
少人数に対して固定のスタッフが対応することで個別のニーズを的確に把握し、お一人おひとりに対して適切なケアを提供します。
(既存施設の黒潮園はユニット型ではありませんが、各フロア毎に分けてケアを行なう「フロア制」を導入しています。これもユニットと同様の効果を狙っての取り組みです。)

言葉で書くのは簡単ですが、実践するのは容易ではありません。
当法人は創立36周年を迎える地域でもっとも歴史と伝統ある施設です。長年にわたって蓄積された介護に関するノウハウを有する反面、時代遅れとなった集団ケアの意識を引きずっているという一面がある事も否めません。
ユニットケアの実践にむけてはこれら負の遺産を払拭し、全職員間で個別ケアに関する理念を共有し、意識を統一する必要があります。

クレール高森開設に向けては建物の建設というハードの準備だけではなく、これらソフト面での体制作りも必要になるわけです。

一昨日お伝えしたとおり、岡理事長は現在「ユニットケア施設管理者研修」を受講中です。
また、先日は小林事務長が「ユニットリーダー研修」を受講しました。
研修で得たユニットケアの理念、ノウハウを職員に伝え、法人全体で共有することが新設のクレール高森のみならず既存の黒潮園のケアの質を向上させる事にもつながると思います。
f0299108_13443128.jpg

by kuroshioen | 2013-07-24 13:45 | Comments(0)