クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

タグ:その他 ( 178 ) タグの人気記事

職員旅行『北海道』一班 ②


新千歳空港に降り立った私たち・・・・





天候は、残念ながら小雨。


空港から目的地の富良野までさらに3時間⁉︎





新宮を出たのが4時。

到着が夕方の4時。


道中、10時間以上の旅〜 ⁉︎ (笑)




今日、立ち寄れたのは・・・


f0299108_22161571.jpg

ぶどう畑に囲まれた建物。

f0299108_22175556.jpg
『カンパーナ六花亭』


f0299108_22190811.jpg
北海道土産で有名なこのお菓子のお店



f0299108_22254349.jpg

f0299108_22271879.jpg

f0299108_22220768.jpg

f0299108_22223485.jpg


晴れてたら… 遠くの山々まで見えて景色は最高なんでしょうね〜!

f0299108_22275248.jpg

f0299108_22292768.jpg
デイ悠久の皆さん。




もちろん、ここでもお買い物・・

f0299108_22232617.jpg

f0299108_22241416.jpg

お土産に紙袋を手に次の目的地へ・・・(笑)



到着したのはワイン工場! 
f0299108_22305799.jpg
もちろん試飲もアリ‼︎

お酒好きの職員にはたまらないスポット。(笑)




地下には自分たちの誕生した年にテイスティングされたワインのストックが・・・

f0299108_22335142.jpg

これにはワイン好きのさゆりさんが大喜び⁉︎

自ら女優ばりのポーズを決めて、「写真撮って‼︎」と…
f0299108_22354297.jpg
これで宜しいでしょうか?(笑)


f0299108_22372425.jpg

f0299108_22374912.jpg


あとは試飲とお買い物。

f0299108_22315463.jpg

f0299108_22322516.jpg

f0299108_22421571.jpg


試飲には、これまたワイン好きのお二人。

女優さゆりさんに、男優平根相談員が加わり、周りから
何かポーズを⁉︎ と求められ…

f0299108_22400479.jpg
みんなを楽しませておりました。





そうこうして、本日宿泊する新富良野プリンスホテルに無事到着‼︎

f0299108_22443240.jpg


f0299108_22452357.jpg

f0299108_22454991.jpg




ホテルは冬はスキー場となる山麓のたもとにあり、木々に囲まれた自然豊かな場所にあります。


f0299108_22532404.jpg


少し散策すると・・・
f0299108_22483715.jpg
白樺の森

f0299108_22494687.jpg
本州では見かけない樹々に…森の香りもまた違った感じです。

ちなみに杉の木は無いので、花粉症は無いそうです。

あとは、冬は氷点下30度まで気温が下がるので、ゴキブリも居ないそうです。 バスガイドさんは見た事が無いと言っていましたね〜。



近くには『富良野ドラマ館』
f0299108_22562594.jpg

f0299108_22565908.jpg

f0299108_22572644.jpg

f0299108_22580046.jpg

富良野と言えば、ドラマ『北の国から』のロケ地で有名ですね〜。


ホテルにも・・・
f0299108_22585413.jpg

f0299108_22591567.jpg




そして、オススメが森の中のショッピングロード『ニングルテラス』

f0299108_23005574.jpg

f0299108_23012671.jpg

お洒落な小さなログハウスのショップが森の散策コースに建っており、とっても雰囲気がいいんです!

ちょうど夕暮れで、ほのかにライトアップされ、雨上がりで濡れた森の樹々がさらに雰囲気を引き立てます。 森の妖精が出てきそうな感じですね〜。

f0299108_23142899.jpg
こんな撮影もされてました。



ニングルとは脚本家倉本聰氏の舞台「ニングル」に登場する、北海道の森に住む身長15cmくらいの「森の知恵者」。ニングルテラスは倉本聰氏がプロデュースした、森の中のクラフトマンの村です。
オリジナル作品を手作りする小さなクラフトショップが14軒あり、ロウソクやペーパークラフトなどの、手作り体験も出来ます。(HPより)


ニングル???(笑)
f0299108_23133102.jpg
探すと…この森の中に何体かニングルが隠れているそうです。


f0299108_23160814.jpg

f0299108_23164357.jpg

f0299108_23175567.jpg

それぞれ気になるお店に立ち寄り、ガラス細工、木工細工… 色んなこの地にしかないクラフトの数々に飽きない感じですね。
f0299108_23171157.jpg

f0299108_23235662.jpg

f0299108_23243550.jpg



特に人気だったのが『万華鏡』のお店。

f0299108_23252462.jpg

f0299108_23263261.jpg

f0299108_23271240.jpg

f0299108_23274753.jpg

自分で作ることも出来ます。
f0299108_23384340.jpg
ビーズを選らんで、オリジナル万華鏡を作って購入したスタッフも。



面白い万華鏡が沢山あって、男性陣も購入してました。(笑)
f0299108_23292937.jpg
ついつい面白い雪だるまの万華鏡?を購入‼︎





ん? 彼が真剣な眼差しを向けるのは・・・
f0299108_23304349.jpg
雪の結晶ばかりをデザインするシルバーアクセサリー。

f0299108_23321752.jpg
悩みに悩み・・・・

あまりにも長いので、
f0299108_23331877.jpg
先輩達は先に行ってしまい・・・


最後に決断!
f0299108_23335003.jpg
大切な人へのプレゼントですかね〜。青春です!(笑)


f0299108_23350951.jpg

f0299108_23353219.jpg


こうして森の散策とショッピングを楽しみ、一日を終えました・・・・

f0299108_23364410.jpg



明日は、

希望者は、早朝5:45集合で気球に乗る体験が出来るという予定ですが・・・

天気はどうなんでしょうかね〜・・・?





 





[PR]
by kuroshioen | 2017-06-25 23:45 | Comments(0)

職員旅行『北海道 』一班 ①



今年度、開設40周年を迎える黒潮園ですが、


沖縄&北海道を選べる職員旅行を企画しています。




勤務シフトの関係で沖縄、北海道それぞれ2グループで4班で計画しています。




本日、『北海道』第一班グループの出発‼︎


集合時間・・・


早朝4時50分⁉︎

f0299108_13585752.jpg

勤務シフトの関係で、一泊二日。

早朝出発の弾丸ツアー‼︎(笑)

f0299108_14290464.jpg

f0299108_14525739.jpg

先ずは名古屋の中部国際空港に向け出発〜‼︎



途中、寝坊したOさんが車で追いかけ合流というハプニングからスタート。(笑)




順調に走り・・・

f0299108_14330180.jpg

f0299108_14521548.jpg

搭乗手続きを無事終えました。



あれっ???


一人なかやか通してもらえない人が・・・(笑)


オーバーオールについた多数のボタンが原因か?

f0299108_14493264.jpg

金属の無い足先にも金属探知機が反応。

本人いわく『痛風の尿酸値に反応してるんや!』
(溜まった尿酸が金属化してるとのいわく)

日頃からユーモアたっぷりの北村主任。
f0299108_14495743.jpg
やっぱり盛り上げてくれますねぇ〜 (笑)




「窓際席やー‼︎」と先に搭乗案内された・・・
f0299108_14502558.jpg
窓の無い深瀬副主任。



初めて飛行機に乗るデイ悠久○中さん。
f0299108_14504421.jpg
緊張で手に汗をかくと… 顔が引きつってます。



飛行機の離陸が怖い?と険しい表情の平根相談員。
f0299108_14512257.jpg



f0299108_14535517.jpg
こうやって私たちは本州から旅立ちました。





梅雨真っ只中の紀南地方は雨176.png・・・



雲の上は晴れ174.png


f0299108_14365312.jpg

果たして、降り立つ北海道の天気は?



どんな旅になるのか???






[PR]
by kuroshioen | 2017-06-25 13:47 | Comments(0)

太陽科学㈱ 研究所・工場見学



先日、5月20日(土)太陽科学㈱主催のセミナーで講演をさせて頂きましたが・・・


その前日に、研究所と工場の見学に行ってきました!!







好奇心旺盛な私としましては…


この見学がとても楽しみで、ワクワクしていました。





太陽科学さんの本社は三重県四日市にあります。先ず向かったのは総合研究所。

f0299108_14391704.jpg

ここで、あのサンファイバーが開発されたのか~と思うと、さらにワクワク!(笑)





研究所に入るとロビーにこれまでの研究実績で受けた、数々の賞に関する展示が・・・・
f0299108_14372913.jpg


そこで目に入ったのは・・・・
f0299108_14374119.jpg

『好奇心そして行動』の文字!! これって… 


まさに私たち? 日頃から大切だなぁ~って思っていることで共感します。





社長が常に職員に、会社方針として話されている言葉ということです。


私たちも、ここで勤めれるかも??? 


なぁ~んて冗談を言いながら、内部を見学させて頂きました。








案内して頂いたのは、太陽科学の橋本さん。

f0299108_14380337.jpg

1940年代から現在に至るまでの沿革と研究実績を、軽快なトークで分かりやすく解説してくれました。
f0299108_14420192.jpg



f0299108_14405337.jpg



カキタマフレーク、乾燥きざみアゲ、スクランブルエッグなど乾燥加工食品のサンプルがずらり。
f0299108_14440049.jpg

実は太陽科学さんは、アイスクリームやチョコレートに必要な乳化剤、そしてカップラーメンの乾燥した卵などの具、ジャムパンのジャムやアイスクリームに入っているストロベリーなどの食品加工物の研究開発と製造のシェアでは日本トップクラスなんです。


私たちがコンビニで手にしている、有名なお菓子や、アイスクリーム、カップラーメンなどほとんどの商品に、何らかの太陽科学さんから提供されている原料や加工品が入っているんですよ~。






都合上、発売されている商品名は記入されていませんが…
f0299108_15010374.jpg
あれも? これも?  これ私毎日食べてるかも?


皆さんも間違いなく太陽科学さんの工場で作られたものを口にされていると言うことですよねぇ~。(笑)








水溶性食物繊維(サンファイバー)が誕生したのは1989年
f0299108_14462681.jpg




原料である『グァー豆』の実物も見せて頂きました。
f0299108_14532766.jpg
思ったより小さな粒でしたね~。インドで栽培されており、海外工場で加工されています。




長年、水溶性食物繊維を研究され、『サンファイバー』の生みの親である平田さんともお会い出来ました。

研究者として素晴らしい功績を残され、国からすごい賞を受賞されているそうです。
f0299108_14490187.jpg
ついつい記念写真!!(笑)




大変気さくな方で… 開発された材料の入った有名なアイスクリーム『○ーゲンダッツ』を手に迎えてくれました。


試食を進めてくれましたが、スケジュールがずれ込んでおり、次の目的地である本社工場へ移動。


同行した赤澤職員が移動の車中で大変残念がっていましたね~・・・(笑)






f0299108_14564553.jpg


本社工場に到着!!

f0299108_15054251.jpg
企業の雰囲気って介護現場とは少し違います。普段、介護職はふれることがない感じですね~。


今回、写真には撮っていませんが、入ってすぐに『基本道場』というコーナーがあって、働く上での基本マナーや接遇について記したパネルが並べられており、全職員に徹底する取り組みを行っているそうです。


スタッフの挨拶はもちろん、中はとてもキレイにされており… やっぱり企業らしい質の管理やなぁ~と感心。



同行する我がスタッフ・・・
f0299108_15252190.jpg
何となくこの雰囲気に馴染んでますかね~???(笑)




介護現場とは少し違った、他の産業やサービス業などのスマートなイメージって、これからの介護現場でも普通であったらいいなぁ~ って個人的には常に思いますね。


目指すのは介護の仕事のイメージUP!!









残念ながら到着時間の関係で、作業は終了しており製造ラインの様子は見ることが出来ませんでしたが、各製造行程における品質管理の様子をビデオで解説して頂きました。
f0299108_16011396.jpg

特殊な加工技術で作られる… あのカップラーメンの具に入っている乾燥卵!?の作られ様子も・・・
f0299108_16025809.jpg


アイスクリームやジャムに入っているフルーツ加工品の工場も見学!
f0299108_16042240.jpg






ちなみに、これ!

f0299108_16065903.png
あのジューシーな『あつあげ』‼︎

太陽科学さんで製造されています。




その製造ラインだけは秘密だそうで・・・

見学者はもちろん、社員の方でもごく一部の人しか入れないそうです。(笑)









こうやって、短い時間での研究所と工場見学となりましたが、色々な経験をさせて頂き有意義な時間を過ごすことができました。
f0299108_17203926.jpg

その後、いつも馴染みの若生さん、青山さんほか、シニアアドバイザーの藤井さん、チームリーダーの葛山さんと食事をとらせて頂きました。ケアに関することだけでなく、企業の雇用や人材育成への取り組みなど幅広い話題に意見交換ができました。




普段とは違った企業訪問。いろんな事に興味を持ち、経験し、感じることは人としての広がりに繋がります。



今回、このような機会を頂きましたことに感謝申し上げます。






[PR]
by kuroshioen | 2017-06-18 09:42 | Comments(0)

勉強会『出張報告会』




施設内研修報告

5月12日 『出張報告会』


f0299108_15543455.jpg



社会福祉法人黒潮園では、キャリアアップ支援の取り組みとして、希望する研修会への出張支援制度があります。


これは、個人で希望する研修会の参加費、交通費全て法人負担するものです。


近くのものから大阪、東京と遠方のものまで全て出張扱いで支援させて頂いています。







毎年、年度始めに希望したい研修の希望シートも事前に提出してもらい、その内容に応じた研修があれば推薦するように活用もしています。
f0299108_11324353.jpg



出張したスタッフは、その内容を出張報告レポートの提出の他、出張報告会での伝達発表をおこないます。



今回の報告テーマは4つです。
f0299108_15545575.jpg











和歌山県歯科医師会主催
『障害児(者)・高齢者歯科保健予防講習会』

出張者:クレール高森 東潔明主任・浦川介護職員

f0299108_17312102.jpg
口腔ケアを中心としたセミナーです。発表では口腔内の細菌によって起こる全身疾患について話がありました。

一般的には誤嚥した際に、肺に細菌が入って誤嚥性肺炎になることは知られていますが、実は心臓では、心筋梗塞、狭心症、感染性心内膜炎。そして腎臓では糖尿病。また脳卒中の原因にもなると言われています。

口腔ケアの重要性を再認識することが出来ました。







㈱日本経営主催
『介護サービスクオリティマネジメントセミナー』

出張者:黒潮園 西 友紀 介護副主任

平均要介護度4.9のユニットで2年半入院ゼロ。年間平均稼働率99%という実績をもつ、高齢者総合福祉施設アザレアンさなだの常務理事 宮島 渡 氏による、経営的視点からみた介護サービスの品質管理についてのお話です。

当法人も年間稼働率99%を達成しましたが、これは主任・副主任による運営会議にて同様の実績をあげている施設があることを話したところ、詳しい内容を知りたいと西副主任が出張を希望したものです。

健康管理に必要な医学的知識の職員全体への周知、またオリジナルの記録シートを用いたアセスメント、会議やカンファレンスを充実させ、チームとして質の高い、根拠に基づいたケアの実践を行い、高齢者の自立、入院防止が鍵となってるとのことです。手法は違えど当法人と同じ取り組みであることが知れました。





特養・老健・医療施設ユニットケア研究会主催
『第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー』

出張者:東キヨ主任・宮上ユニットリーダー・西美佐ユニットリーダー

f0299108_17322029.jpg

このセミナーへの参加報告は、このブログでも紹介させて頂きましたが、全国の各施設の取り組みの発表があります。東主任からは私たちクレール高森の取り組み事例を発表した様子が伝えらえました。また105演題から参加者が選ぶ8選に選ばれたことも報告されました。

ショートユニット担当の宮上ユニットリーダからは、ショートスティを利用されているご家族様を対象に「家族交流会」を実施し、施設のサービスをもっと知って頂き、そしてご利用者の自宅での様子や、ご家族の思いや悩みを知る機会を設けることで、信頼が深まりより行き届いたケアにつながったという取り組みの紹介がありました。

クレールでも家族ノートの充実などに取り組んでいますが、さらに色々な視点からご家族との信頼関係を築く取り組みをしたい。と刺激を受けたとのことでした。









日本ユニットケア推進センター主催
『ユニットリーダー研修 実地研修報告』

出張者:クレール高森 和中生活相談員

f0299108_17330997.jpg

クレール高森の生活相談員として着任した和中相談員は、新たに関わるユニットケアについて知識を深め、そして生活相談員という立場から求められるものやその課題を知りたいとうことで研修に参加されました。

実習は京都にある特養第2天神の杜さんです。発表では実習中に撮った施設の写真を多数紹介され、施設の特徴やその取り組み内容が紹介されました。

設えだけでなく、起床時間もその人の暮らしのリズムに合わせたケアに徹しており、早い人で7時、遅い人では10時に起きられるなど、随所にユニットケアの理念である「暮らしの継続」を実践されている様子が紹介されました。

f0299108_17344730.jpg
ケアの核となる「24時間シート」の紹介

f0299108_17341555.jpg
施設の設えの工夫などハード面の紹介


普段、他施設の取り組みを知ることがない現場スタッフにとって、このような伝達発表はすごく刺激になります。私たちに欠けていること、出来ていること、色々なことに気づく機会となり充実した報告会を終えました。



[PR]
by kuroshioen | 2017-06-09 15:45 | Comments(0)

勉強会『パーソンセンタードケア』



こんにちは。




先日、無事、理事会にて「平成28年度事業報告」を終え、一息といったところです。



この法人事業報告書の中にはキャリアアップ支援の取り組みとして、施設内研修年間38回、法人負担の施設外研修年間58件という実績を報告させて頂いています。




人材育成の取り組みってとても大切ですね。








黒潮園公式ホームページには、勉強会の様子をお伝えするページがあったのですが、現在は更新できていません。(公式HPの全面リニューアルを企画中)



私たちの施設の取り組みをもっと地域の方々に伝えていかなければ!(可視化が重要)との想いで立ち上げたHPですが・・・ 管理はなかなか大変なんですよね。(笑)







でも伝えて行かなければ何も形にならない・・・



ケアの質、職員の頑張りは見えない・・・



伝わらない・・・









・・・・そこで、



公式HPのリニューアルまで、このクレール日記で施設内セミナーの内容をご紹介して行きたいと思います。(…と言いながら継続できるか不安)






では早速、第1弾

f0299108_16313023.jpg



4月26日・5月2日『パーソンセンタードケア』



これは、「第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー」の講演を聴講したことがきっかけとなりました。



認知症ケアのセミナーだったのですが、これは「法人理念そのものだ!!」と感じ、是非、職員の理念教育としてセミナーをしなければ!!と思い立ち、講師の寺田真理子先生の書籍をその場で買ってきました。(笑)

f0299108_16353331.jpg


別に結構ですよ~と言ったのですが・・


f0299108_16340128.jpg

お決まりのサイン!?(笑)





とても読みやすい書籍でおすすめです。











セミナーではグループワークが多く、考えたり気づきのきっかけとなりとても身になるものでした。ですから進行もできる限り再現しました。








早速、二人一組でグループワーク。



「3分間、相手のいいところを褒めてください。」です。



緊張がほぐれ参加者は自然と最高の笑顔に!!これだけでもセミナーをする意味があるなぁと思いました。



これって大切なことなんです。








みなさん。一日の仕事で相手を褒めることってどんだけありました? それ同じ職場の人に対してもですし、もちろん入居されているお年寄りの方にでも・・・・



人ってどうしてもマイナスやネガティブなことを考えてしまうものです。職場の中でも良いことよりも、つい悪いことが話題となってしまいませんか? 認知症のお年寄りの方につい、できないことを指摘してしまっていませんか???







この図形を見たときにどっちが気になりますか?


f0299108_16355435.jpg

たいていの方は欠けているほうに目が行きます。それは欠けているものに目がいくという人間の性質があるからだそうです。



でも欠けているのはごく一部ですよね。欠けていないところの方がまだたくさん残っています。いいところやいいものは見方を変えればたくさん見つかると思いませんか?



これは、「働きやす職場づくり」「思いやりのあるケア」両方においてとても大切な視点だと思います。



f0299108_16433494.jpg

また、水と人間の意識には共通点があるという話があって、それはどちらも放っておくと低いほうへ、低いほうへと流れていくということなんですよね。




先ずこの事を多くの職員に気づいて欲しくて、2回に分けてセミナーを実施しました。












普段、何気なく行っている私たちの行動を省みることって大切です。



グループワーク「たとえば、こんなとき…皆さんはどう対応しますか?」

f0299108_16363735.jpg








お年寄りの方を、ついモノ扱いしてしまってないでしょうか???

f0299108_16365735.jpg
f0299108_16374983.jpg










グループワーク「認知症の人になった気持ちを感じる体験」


参加者には目を閉じてもらって、読み上げるシチュエーションを自分が置かれている状況として思い描き、 どう感じたか? その時どうして欲しいか?をお互い話し合いました。


f0299108_16382190.jpg

相手の置かれている状況や気持ちを、自分自身に置き換えてみて感じること・・・・


とても心に響くものです。








f0299108_16472709.jpg

パーソンセンタードケア=その人を中心としたケア



その人を中心としたケアが本当にできているのか? 逆に出来ていないことを考えることで、パーソンセンタードケアの理解を深めることができます。







グループワーク「施設を中心としたケアになってしまう場面を考える・・・」

f0299108_16384681.jpg





グループワーク「介護者を中心としたケアを考える・・・」

f0299108_16390677.jpg





その人を中心としたケアを行うには・・・先ずその人を知ることが大切。




グループワーク「その人への名前の呼び方は何が正しいの?」

f0299108_16393339.jpg



その人を中心としたケアを行うには・・・その人の現実世界に入ること、寄り添うことが大切


グループワーク。「ネズミが出るという妄想の方にどう対応する?」


f0299108_16395636.jpg





f0299108_16401433.jpg

パーソンセンタードケアって特別な理論や手法ではないですよね。支援をするスタッフの心構えや資質ではないでしょうか?この当たり前のことを実行できるか?そういった職場環境なのか?が重要だと思います。



f0299108_16403567.jpg

『その人を中心としたケア』って私たちの基本理念そのものなんですよね。このようなセミナーを通じてスタッフの皆に気づいてもらい実行できたなら、言い換えれば『私たちはパーソンセンタードケアを実践している』とも言えますね。




このセミナーを終えて、職員間での声掛けなど…現場の雰囲気が少し変わりましたね~♪



またケアカンファでは「パーソンセンタードケアの視点から考えて〇〇のほうがイイのでは?」といった意見交換も見られています。







プラスの言葉は自分に返ってくる。



お互いのいいところ、職場のいいところに目を向ける。



そして、自分自身が充実していることは、ご利用者さまや地域への貢献につながります。









人材育成・・・ 



職場風土づくり・・・



これには必ず何かの結果が返ってきます。




f0299108_16423051.jpg



[PR]
by kuroshioen | 2017-06-05 12:47 | Comments(0)

クレール高森運営推進会議

こんにちわ。

地域密着型特別養護老人ホームクレール高森では2カ月毎に運営推進会議を開催しています。

この会議は、地域密着型サービスの提供において厚生労働省令に基づき、家族、関係機関などから要望・助言などを頂き、また提供しているサービスを明らかにすることにより、サービスの質の確保と向上を図ることを目的に設置するものです。



昨年6月から開始しました。今回は5月11日に開催した一面を写真で紹介させて頂きます。

f0299108_14143498.jpg

委員には、嘱託医の先生・区長様・行政・ご家族様に入っていただいています。



5月、今年度第一回は、事業計画の説明を中心に、現状の入居状況から地域におけるニーズや動向など委員の皆様からの意見を頂戴しました。


f0299108_14155480.jpg
f0299108_14154722.jpg

推進会議では、施設での勉強会や研修、行事報告なども行います。
f0299108_14160804.jpg

f0299108_14160178.jpg

今後も定期的に開催し、入居者様や地域の皆さまに信頼して頂ける施設を目指し頑張って参ります。



生活相談員わなか

[PR]
by kuroshioen | 2017-05-30 08:28 | Comments(0)

セミナーのご案内


こんにちは。

今週末、5月20日(土)に太陽化学株式会社主催の『自立支援ケアセミナーIN津』にて講演させて頂くことになりました。

f0299108_11292345.jpg

昨年、安倍総理大臣が未来投資会議の席で、今後の介護のあり方を「自立支援に軸足に、お世話をする介護から自分でできるようになる介護へ、日本の介護にパラダイムシフトを起こす」と発表し、介護報酬に反映させる意向を示されました。これには介護業界は騒然となりましたが、今後、間違いなく『自立支援ケア』の実践力が施設のあり方を大きく左右してくるものと思われます。

そこで本セミナーでは、当法人にて実践している専門性に特化した質の高いサービスの提供『自立支援ケア』のノウハウについて、生理学といった医学的基礎理論から実践までをお話させて頂く予定です。




本セミナーが皆様との意見交換の場となれば幸いです。

近隣でお時間のある方は是非ご参加下さいませ。(無料)






申し込み他詳細は

太陽化学ホームページをご覧ください。
http://www.taiyo-medi.com/index.php?dispatch=pages.view&page_id=226




[PR]
by kuroshioen | 2017-05-15 11:36 | Comments(0)

オープンカフェ開催

こんにちは。110.png

昨年好評だったオープンカフェ♪


今回は地域の皆様に施設を開放して、「クレール高森ってどんなとこ?」を知って頂きたく
また、ご入居者様や職員と一緒に心地よい時間を過ごせたらと思い企画しました。



f0299108_10422482.jpg
            

当日は施設見学・ご相談も受け付けておりますので、お気軽に声をお掛け下さい。


お天気が気になりますが・・・・

ぜひ、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上お越し下さい110.png173.png
 






[PR]
by kuroshioen | 2017-05-11 08:25 | ユニットケア | Comments(0)

フリードリンク

こんにちは。

今日から5月です。



気候も良く… GWも行楽日和ですね!!
f0299108_17291060.jpg

この開放的なクレールのロビーにあった、カップ式ジュースの自動販売機ですが・・・・



実は管理会社のコストの問題で撤去となっていました。
(和歌山の南端には営業所がないようで・・・)






そこで、かねてから福利厚生として見積もりをしていたドリンクサーバー。


本日、設置することができました!!
f0299108_17304928.jpg
f0299108_17305662.jpg

メニューは、



『緑茶』


『紅茶』
なぜか文字が横方向???(笑)


『ドトール珈琲』


『りんごジュース』
りんご風味のようです。(笑)



そして活性炭酸水です。


フリードリンクとなっておりますので、ご自由にお飲みください。



f0299108_17360236.jpg

連休でご家族様の面会が多くなる、GWに間に合って良かったです♪


是非、お越しの際はこのロビーでおくつろぎ下さいませ。


[PR]
by kuroshioen | 2017-05-01 17:38 | Comments(0)

「第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー」報告について

こんにちは。

先日、表題にある「第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー」報告についてという文書が届きました。




内容はと言いますと・・・・


このブログでもご報告しましたように、私たちクレール高森もこの全国実践者セミナーで発表をさせて頂いたのですが、全国各地から105の実践者発表が寄せられ、当日は600人以上の参加があり、盛会にて終えたということです。


参照記事:『事例発表終える』
http://kuroshioen.exblog.jp/27641703/
f0299108_11021071.jpg




その参加者が選ぶ、


印象に残った実践、上位に入りました!


という資料が送られてきたのです!!


f0299108_11031091.jpg

この105演題の中で8事例が選出され、そのうちの1つに選ばれたということです。


思いもよらない事に… とても嬉しく思いますね。






部門 <第7部門>
ターミナルケアから学んだこと、考えたこと、伝えたいこと

発表タイトル
『暮らしの中で家族と共に看取る』
クレール高森 東 潔明




資料には参加者からの感想のコメントが記載されていました。




・当施設でも看取りを行っているが、見取り開始後の酸素や点滴は行わない。家族の想いにもっと寄り添った支援が非常に大切だと思った。酸素や点滴も延命処置にはいるのでは?


・家族への想いを汲み取り、説明し、納得いただき、ケアをされていたのが印象的でした。湯灌もはじめてとのことで、実践されていたことがすごいと思いました。


・家族や本人への支援について学ぶことができた。


・看取りは私たちの施設でも行っているので勉強になった。看取り後のカンファレンスの内容が家人様の思いもあって心動かされました。


・利用者や家族のことをよく考えておられるなと思いました。また死後のケアも丁寧だなと思いました。


・同じようなケースの方がいるため、家族の心境を考え大事にしたいと思った。できることを家族の想いを汲み取りながら取り組んでいきたい。


・いろいろな考えの家族様がいる中で、家族のニーズ、本人のニーズにできる限り寄り添った援助を行っていたことが印象深かった。家族とともにケアを行えることがすごくうらやましかったです。






このような貴重な感想を寄せて頂き、私たちも大変勉強になりました。


そして励みにもなります。


本当にありがとうございました。








[PR]
by kuroshioen | 2017-04-22 22:06 | Comments(0)