クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

初詣2017① 熊野速玉大社




大寒を前日に控えた冬晴の午後、


熊野三山の一つ「熊野速玉大社」へ初詣に行ってきました。
f0299108_15412875.jpg

睦月の日差しは寒さも含んでいます。

しかし皆さんコートを着てばっちり防寒。








神社お参りの作法もばっちり。

手水舎の冷たい水を汲み、手と口を清めます。
f0299108_15420513.jpg

龍神様の口元も冷え冷えとしており、冬場はおつらそう。






さて、初詣企画の第一難関。

境内に入る門の段差。





何と今年から車椅子対応のバリアフリーに!!
f0299108_15433686.jpg
f0299108_15440314.jpg

昨年は車椅子を持ち上げていましたが、

おかげで車椅子の方も介助する側も随分負担が減りました。







第二難関・・・
f0299108_15443677.jpg
スロープの設置に感謝!

「これは楽やわ!」主任の思わず出た言葉が静かな境内に響きます。








f0299108_16011820.jpg







お参り。


お賽銭を入れ、手を合わせます。
f0299108_15460708.jpg
f0299108_15461810.jpg
f0299108_15455453.jpg
f0299108_16054149.jpg
f0299108_15470092.jpg
f0299108_15490607.jpg









一年の運を占い、おみくじを購入。

f0299108_15544940.jpg
f0299108_15500234.jpg
f0299108_15501753.jpg
f0299108_15505314.jpg

「なにやった?」



「吉!」

「小吉!」

「末吉!」

・・・・・

f0299108_15515688.jpg
「大吉!!」












「神様とのご縁を結び」神社を後にしました。
f0299108_15560059.jpg


ちなみに初詣のお誘いを「弘法大使さんへのお参り」と思い違いされたお一人。

神社の鈴を振り、しっかりとお参りした後に引いたおみくじ。中には小さな恵比寿さまのお守りもついていました。






記念撮影をパチリ!!
f0299108_16000885.jpg




鳥さえずる鎮守の杜、

八百万神さまの気配、

1月の凛とした空気はやはりいいものです。



ケアマネ 西村

[PR]
# by kuroshioen | 2017-01-24 16:07 | ユニットケア | Comments(0)

K様 お誕生日会

こんにちはemoticon-0111-blush.gif

12月は1階ユニットのKさんのお誕生日~emoticon-0166-cake.gif
お祝いにKさんの好きな「巻き寿司」を作りましたemoticon-0159-music.gif


作っているのは、上村介護職員!!

f0299108_14470922.jpg

あまりにも手つきが良いので聞いてみたら、
「昔、バイトしてる時よく作ったんだよね~♪」ってemoticon-0102-bigsmile.gif

f0299108_14471648.jpg
居酒屋のお兄さんも似合ってそう…(笑)





あっという間に、沢山できました♪
f0299108_14472259.jpg

とっても美味しそう~emoticon-0110-tongueout.gif

f0299108_14472849.jpg




Kさんお味はいかがですか???

うんっ!!美味しいね~emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0159-music.gif
f0299108_14473877.jpg
f0299108_14474418.jpg

同じユニットの皆さんも一緒に食べましたemoticon-0159-music.gif

f0299108_14475018.jpg
f0299108_14475904.jpg
次は何を作ってくれるのか、楽しみですね✨



ケアマネ 新谷





[PR]
# by kuroshioen | 2017-01-23 08:54 | ユニットケア | Comments(0)

1月 絵手紙教室


先日、1月『絵手紙教室』が行われました。




先ずは、いつもの様に筆の扱いの準備運動から始まります。
f0299108_1652358.jpg

f0299108_16523083.jpg

f0299108_16391729.jpg

f0299108_16385874.jpg
これはこれで十分な芸術作品ですね。(笑)




落書きのように見えますが… 
f0299108_16403318.jpg

大事な行程なんですよね。(笑)






さて1月。

今回の画材は???
f0299108_16421548.jpg

「赤かぶ」や「干し柿」などなど。

皆さん思い思いのものを選び・・・・






そこで完成した作品で~すemoticon-0159-music.gif
f0299108_1645415.jpg

f0299108_16433928.jpg

先生からは皆さん回を重ねるごとに上手になってますねぇ~とお褒めの言葉が!!
f0299108_16443954.jpg

f0299108_16455467.jpg

f0299108_1646733.jpg


干し柿。美味しそうですね~・・・笑




今年初めての『絵手紙教室』でした~emoticon-0157-sun.gif







[PR]
# by kuroshioen | 2017-01-21 14:25 | Comments(0)

ヤクルト勉強会

こんにちは。



そう言えば・・・






以前、『プレバイオティクス』と『プロバイオティクス』②http://kuroshioen.exblog.jp/26273710/という記事の最後に・・・


・・・・・(略)

先日、(株)ヤクルトさんをお招きし施設内セミナーを企画しました。

また次の機会にその様子をお伝えしたいと思います。



と書いていながら、記事にしていなかった・・・!?








新谷ケアマネが『ビオフェルミン勉強会』の記事をUPしてくれていたので、
遅くなりましたが『ヤクルト勉強会』について報告させて頂きます。(笑)




f0299108_17044818.jpg

開催したのは昨年、9月15日

月日が経つのは早い・・・・




そう言えば、前年11月中旬に外出した『釣り企画』の記事を書くはずの東キヨ主任もまだのような・・・

早く借金返済(記事UP)しないとダメですね~(笑)






さて、セミナーの方はといいますと。

まず腸内細菌について基本的なお話から始まりました。


f0299108_17052287.jpg

腸にすむ細菌はおよそ1,000種類、100兆個もしくはそれ以上と言われますが、

その細菌を全部合わせるとどれくらいの重さになると思いますか?



との質問があり… 



その答えは約1kgになるそうです。

それらをつなぎ合わせると地球2週半もする長さになるという事です。驚きですね。

f0299108_17200926.jpg







良い菌と悪い菌、中間菌による腸内環境のバランス、良い菌の働きといった基本的なお話はこれまでに学んだ通りですが、

ヤクルトさんの製品では主に「ビフィズス菌BY株」「乳酸菌シロタ株」2つのプロバイオティクスを強みにされており、その違いが解説されました。
f0299108_17054925.jpg

「ビフィズス菌BY株」は商品の例で言うと「ミルミルS」他ですね。

「乳酸菌シロタ株」はいわゆる「ヤクルト」他です。


f0299108_17485781.jpg
それぞれ、特性が違うということは勉強になりましたね~。

どっちも飲むほうがいいのかも?




f0299108_17061182.jpg
f0299108_17062310.jpg






ちなみに「乳酸菌シロタ株」の名前「シロタ」は、乳酸菌が腸の中の悪い菌を抑えることを発見し、強化培養することに世界で初めて成功した、ヤクルトの創始者で医学博士の代田 稔氏の名に由来します。
f0299108_17064749.jpg

ヤクルトさんのHPでは、ヤクルト中央研究所の知見など色々なことが知れます。
是非ご覧下さい。⇒ http://www.yakult.co.jp/

f0299108_10105921.png






これまでも紹介させて頂きましたが、私たちは排泄ケアにおける排便コントロールの手段の一つに、腸内細菌のエサとなる太陽化学さんのプレバイオティクス「サンファイバー」、それにこのプロバイオティクス「ミルミルS」を活用しています。

そこで効果が得られにくい場合など、その特性の異なる「ヤクルト400」あたりと交互に活用することでいい変化が得られるケースがあるという事です。



あと、「ビフィズス菌BY株」は空気を嫌う性質があり、「ミルミルS」を開封後に常温で置いておくと菌が死んでしまい効果が薄くなることも知ることができました。早速、現場ではこまめに冷蔵庫に入れ提供することにしました。





セミナーでは、NICUなど未熟児の治療を行う医療現場の最前線で活用されている様子などビデオも鑑賞しました。
f0299108_17082449.jpg








最後に・・・・

f0299108_17084531.jpg

長 寿

という言葉が紹介されました。




あまり耳にしない言葉ですが、ヤクルト創始者、医学博士代田 稔氏が提唱された考え方で、

「腸を丈夫にすることが健康で長生きにつながる」というものです。




昭和5年に医学博士代田 稔氏が「乳酸菌シロタ株」強化培養することに世界で初めて成功し、昭和10年に福岡市で製造・販売が開始され、長い歴史を歩む「ヤクルト」ですが、医学がまだ発展途上であった頃から、腸内環境に着目されてきたことはすごいですね。
f0299108_17191845.jpg





長寿

簡単な腸内環境のバランスを見る方法。

便の形状や色はもちろん・・・・・




水に浮くかどうかもその一つだそうです。
f0299108_17233558.jpg
f0299108_17243888.jpg

硬く黒っぽくて水に沈みやすい便の場合、腸の中では悪い菌優位となっているかも???


トイレを済まし流す前に、一度確認してみてはいかがでしょうか?(笑)








[PR]
# by kuroshioen | 2017-01-19 18:32 | ユニットケア | Comments(0)

ビオフェルミン 勉強会

こんにちは。


先日ビオフェルミン製薬の方に来ていただき、製薬会社の視点からプロバイオティクスと腸内菌叢、下痢と便秘についてお話をして頂きました。

ビオフェルミン製薬は創設100年と古く、私達も子供の頃から馴染みのあるお薬です。
担当の近藤さん。神戸から来て下さいましたemoticon-0102-bigsmile.gif


f0299108_16080248.jpg

ことの発端はと言いますと・・・・

私たちは近年、高齢者の排泄コントロールや健康において腸内フローラの働きに着目しており、水溶性食物繊維や乳酸菌飲料などプロバイオティクスをケアに活用しています。そこでこれまでも太陽化学さんやヤクルトさんをお招きしセミナーを行なってきました。

そこで、研修計画を立案する東課長が、ふと、プロバイオティクスとして身近なビオフェルミンさんの話も聞きたいと思いつき、会社に飛び込み電話を掛けたところ、そのような要望は初めてとの事でしたが、これを機会に是非ということで実現したという事です。

f0299108_14183618.jpg

ヒトの腸内には、1000種100兆個の腸内細菌がすみついており、腸内菌叢と呼ばれています。
腸内菌叢を構成する菌にはビフィズス菌等の有用菌やウェルシュ菌等とその中間に位置する菌があり、健康なヒトでは有益菌が優勢な状態で一定のバランスが維持されています。
f0299108_15265844.gif




体調不良、環境の変化、薬剤(抗菌剤)の投与により腸内菌叢の異常によりバランスが崩れると下痢・便秘などの腹部症状が現れます。
このとき、ビフィズス菌などの有用菌を投与し、腸内菌叢のバランスを正常化することにより、下痢・便秘の改善に有効とされています。



下痢の種類                                                        
f0299108_15443451.jpg




便秘の種類
f0299108_15450271.jpg
どちらも日頃から乳酸菌を積極的に摂り、善玉菌の多い腸内環境に整えておくことが大切だそうです。

子供の頃から「お腹を下したらビオフェルミン!!」というイメージがありましたが、下痢だけでなく便秘においても服用が効果的ということです。





この他にも病院で処方される一般乳酸菌製剤の種類や、抗生物質にも耐性のある耐性乳酸菌製剤について紹介がありました。
f0299108_18151373.jpg
ビオフェルミンにも様々な種類があることを初めて知りました。




その後の質疑では・・・
「ヒトにはヒトの乳酸菌。とありますが、ビオフェルミンの乳酸菌はヒトの腸から採取したのですか?」
「過剰に摂取して何か問題はないのですかか?」
といった質問があがりました。


ビオフェルミンはお薬というイメージでしたが、サプリメントというイメージを持って下さいというお話があり、たくさん服用しても特に害は無いとのことです。




免疫機能や排泄など私たちの健康と深い関係のある『腸内環境』ですが、また一つ知識が増え勉強になりました。emoticon-0144-nod.gif



ケアマネ新谷






[PR]
# by kuroshioen | 2017-01-18 18:16 | ユニットケア | Comments(0)