クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナーIN神戸


こんにちは。


久しぶりの東潔明です。





今日も、管理人から「そわそわしてる?」と言われる訳ですが・・・

私、段々と落ち着かない心理状況となってきていまして・・・



なぜ落ち着かないか?




事例発表を控えているわけです。





前回、人生初の経験として、㈱太陽化学さん主催のケアセミナーで講師をさせて頂いた訳ですが・・・


参照記事:『上司の公演を聴いて・・・』
http://kuroshioen.exblog.jp/25720878/


今回、「第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー」にて、クレール高森の取り組みを発表させて頂くことになっています。和歌山県からの発表はクレールだけと聞いてまいす。




発表まであと5日・・・




このセミナーではユニットケアに取り組んでいる施設による実践者発表や、様々な講座が企画されています。




昨年、実践発表を聴く参加者としてこのセミナーに行ってきました。

そこで、「来年は自分たちの施設の取り組みを何か発表したい!」と思ったのがきっかっけです。




直前になってくると… 毎度のごとく「何でこんな事をしようと思ったんやろ?」と、自問自答してしまうんですよね。(笑)


f0299108_14563141.png


f0299108_14565596.png


実践者発表は第1部門から第7部門まであり、それぞれのテーマに全国の施設から発表がエントリーされます。

私たちは第7部門『ターミナルケアから学んだこと、考えたこと、伝えたいこと』で発表させて頂きます。





第7部門 7-3
『暮らしの中で看取る』  クレール高森 東 潔明・岡 司


施設におけるターミナルケアでは、ご本人、ご家族への寄り添うことが大切となります。そこで心理的な寄り添いのみならず、介護職における専門職としての的確なアセスメントが重要と考えます。ご家族の揺れ動く気持ちに、専門職としての関わりを持って寄り添い、ご希望に添ったターミナルケアに取り組んだ一事例を発表させて頂きます。





この話をユニットで話をしたところ(看取りの発表とは言えませんが)・・・ 



あるご入居者から・・・




「わしも神戸連れって欲しい!」とお話しがあり???(笑)


「ちょっと神戸までは遠いですし、勘弁して下さい。」と丁重に断ったところ・・・・




「なんで行きたいかと言うとな、ここでの取り組みをどのように発表しているか、ここの住民として聞いてみたいんや!」







となりのご入居者からも・・・・





「ここでやってもらっている事をどんな風に伝えているか聴いてみたいわぁ~。」との事でした。






僕はこの話をご入居者から聞いて、「クレールの住民目線の事例発表もあるんだなぁ」と感心してしまいました。


僕達は取り組みを発表する側で、事例発表ではそれを聴く受講者がいて・・・、その参加者に入居者がいるという視点は考えたこともなかったです。





施設で暮すご入居者の視点をあらためて勉強させられました。


この出来事は、かなり刺激になりました。  







今年で黒潮園40周年。入居者の方には…



「神戸は勘弁してもらって、夏くらいには新宮で記念フォーラムやる予定なので、その時はクレールの住民として発表を聴いて下さいよ!」と・・・ 

(ご入居者からの発表というのもありなのかも?)



「うれしい、楽しみにしとるわ!」と納得して頂けました。(笑)







これでまた夏くらいにそわそわする状況を作ってしまった・・・・・







[PR]
# by kuroshioen | 2017-03-06 16:13 | Comments(0)

チャーリー君が来た!!


こんにちは。


久しぶりにクレール高森に「チャーリー君」がやってきました!?






実はこのブログでもチャーリー君は大人気なんです。


前回、クレールに登場した時の記事が、閲覧記事ランキングで上位にランクインしています。


参照記事:窒息対応『ハイムリック法』
http://kuroshioen.exblog.jp/24520439/







何のために来たのかというと・・・・


コレです!!


窒息時の急変対応『ハイムリック法』の実践練習のために来てくれたのです。(笑)



正式名称はハイムリック法トレーニングマネキン『チョーキング チャーリー』です。

f0299108_16284021.jpg




皆さん! 


もし、目の前でお年寄りが窒息した場合・・・・


自信持って対応できますか?






特養における食事ケアには窒息・誤嚥リスクがつきものです。

個々の対応力が施設ケアの水準を左右します。






施設全体の人材育成の取り組みとして、このようなセミナーを繰り返し行うことは専門職としての資質向上に不可欠と言えます。



f0299108_16352475.jpg
チャーリー君に適切な『ハイムリック法』を施行すると、口の中から窒息物が飛び出してきます。

コツを掴むまでは、力加減とか難しいんですよね~


]
f0299108_16371440.jpg
座って食事をしていた想定や・・・ ベッド上など・・・ 実践的に練習!



f0299108_16375816.jpg
胸部圧迫法やAEDなど一般の救急救命処置も再確認




f0299108_16554040.jpg


実際に、クレール高森やデイサービス悠久で窒息や心停止に適切な処置を行い、救急隊へつないで一命をとりとめた事例が数件あります。

もちろん『ハイムリック法』を実践し気道異物除去を成功した事例も!!





新宮消防署の方からは・・・



「ここの職員さんの積極性と、取り組む姿勢が素晴しいですね~。」

「色んな場所で講習会をしますが、ずば抜けていますね。」


とお褒めの言葉を頂きました。






これからも引き続き、定期的に「チャーリー君」を招かせて頂きます。(笑)






[PR]
# by kuroshioen | 2017-03-02 16:51 | Comments(0)

ユニットケア実地研修

こんにちは。

昨年4月に入職しました生活相談員和中です。

ユニットケアは一人ひとりの暮らしの継続を大切にするケアです。傍で感じながらも日頃の業務に追われ又
じっくりと学びを得たい時間もなく・・。

そこで生活相談員という職種からの関わり方や実際の内容を習得し、クレール高森でのご入居者様への質の良いケアに繋げて行ける様にと…上司に研修申込を祈願した次第です。

f0299108_12233249.jpg


1月16日~20日に京都・長岡京にある、特別養護老人ホーム第二天神の杜にユニットリーダー研修に行って来ました。

15日前泊。出発から雪で電車が遅れ、心配しましたが無事に到着。初日も雪で施設から見る風景も住宅の屋根に雪が積もっていました。
f0299108_12013569.jpg



施設の中をご案内します。👣 
ユニットの玄関から( ^ω^)・・・ 
f0299108_12031828.jpg
共有スペースの両側に玄関が・・工夫されていますね。・・デッキにも。

ユニット間の距離が近く、行き来が良さそうでした。また、活用方法では入居者様同士、家族の面会時にくつろいでいるようです。

クレールではユニット間をつなぐ共用スペースはボランティア活動に利用したり、企画事で使用したりと幅広く活用しています。




中へどうぞ・・・玄関。長めの椅子が置いて、来園者が使うことも。
f0299108_12132878.jpg
廊下には、長さや広さを感じさせない工夫、途中一息できるしつらえ植物など。各ユニット毎に工夫がされていました。
f0299108_12180054.jpg



リビング。畳もいいですね。
f0299108_12044342.jpg
f0299108_14411641.jpg

クレールでは今後の取り組みでサブリビングを検討し、入居者様がそれぞれでくつろげる、居場所のある入居者同士・家族の来訪・職員との交流ができるような工夫をしたいと思っています。




椅子にも工夫が? 滑りやすく(大丈夫)

ホームセンターで買って来たそうですが、入居者のアセスメントをしっかりとされ検証、また介護側から見ても椅子毎ご入居者様を移動しても床にダメージがなく良かったようです。

f0299108_14492160.jpg
高さも工夫していたよ。クレールでも1人ずつに合わせて対応したいです。きっと座り心地がいいでしょうね
f0299108_12014447.jpg




キッチンまわり
f0299108_12043372.jpg
ご入居者やご家族様が使いやすいように・・。クレールのご家族様へ 何か使用したいことがあればどうぞお声をかけてください。


手作りのおいしい料理を・・
f0299108_12032334.jpg
こちらは、キッチンの中に炊飯器?。カウンターはご入居者様が食後片付けに食器を運んでくれるためにスペースを空けているようです。↓
f0299108_12041317.jpg




ご入居者様の居室をチラッと覗いてみましょう。皆様も工夫をこらしましょう。

f0299108_12021994.jpg
f0299108_12025688.jpg

f0299108_12053949.jpg



今回の研修を体験して感じたことは、やっぱりユニットケアっていいなと思いました。一人ひとりの生活がそこにあることを目の前にして、私たちのクレール高森でも、もっともっといいケアを作っていきたいと思います。すばらしい機会を頂いてありがとうございました。


最後にせっかくなのでこんな所へも行っちゃいました。( ´艸`)


f0299108_12023288.jpg

夜の清水寺です。。。この後、研修生と闇に消えて行きました。🍺


[PR]
# by kuroshioen | 2017-02-26 10:34 | Comments(0)

2月 押し花


こんにちは。

2月の押し花教室🌸



お雛様のイラストに花を飾りましたemoticon-0111-blush.gif
f0299108_10402691.jpg


皆さん慣れた手つきで迷いなく花を色紙に置いていきますemoticon-0105-wink.gif

f0299108_10403821.jpg
f0299108_10404827.jpg

f0299108_10405634.jpg
                         
「赤いのにしようかしら・・・」

「緑も足りないしね・・・」

真剣です✨
f0299108_10414686.jpg

できあがった作品を見せ合っている方も♪

「素敵ね。お上手‼」
f0299108_10412297.jpg

お雛様をお花で囲んで素敵ですね♪
f0299108_10413357.jpg

笑顔も作品も素敵ですねemoticon-0111-blush.gif
f0299108_10415279.jpg
ピンクのお花が可愛いですねemoticon-0115-inlove.gif
f0299108_10415777.jpg

「自信無いけど・・・」ってKさん。
お上手ですよemoticon-0148-yes.gif
f0299108_10420330.jpg
お花がいっぱいで豪華です✨
f0299108_10420925.jpg
お雛様の頭に花を飾っています。可愛いですねemoticon-0135-makeup.gif
f0299108_10421435.jpg

f0299108_11375375.jpg





雛段の横に飾っていますemoticon-0111-blush.gif
f0299108_11183698.jpg

                        
ケアマネ 新谷

[PR]
# by kuroshioen | 2017-02-22 15:19 | ユニットケア | Comments(0)

おとう祭り 2017

こんにちは。

東潔明です。


今年もこの季節がやってきましたね。そう、おとう祭りです。

(と言いますかもう終わりましたね。私、管理人の体調不良により東キヨ主任の記事原稿をUPするタイミングが遅くなりましたことをお詫び申し上げます。)



新宮の男はこの2月6日が近づくと何かソワソワしだします。

今年から高校の同級生が1人加わり3人となりました。
f0299108_18243017.jpg
この同級生は初上りでしたが、来年もまた上りたいとの事でした。やっぱりおとう祭りは魅力的なのでしょうね。


ちなみにこの友達とは最近、近所で偶然会い(16年ぶり?)一緒に上る事となりました。16年も会っていなかったのに、あの頃と変わらない関係は不思議な気持ちになりました。




管理人、北村主任、平根相談員もいつもの乗りで・・・!!
f0299108_11020855.jpg
今年も北村主任は松明をどこかで無くしてしまい、手ぶらで下山したとか?


管理人は、空手で中学校から県外に出る息子さんと…最後のお灯まつり。
f0299108_11014978.jpg
門近くの激戦区に参戦し、小学生ダントツの速さで下りたそうです。親子の絆ですね。

一方で、撮影のために持参したスマホを、神倉神社に奉納してきた???(笑)





という事で、去年はこの祭りに関して詳しい内容のブログになりましたが、今年は写真も少なくすみません。
f0299108_18321432.jpg
f0299108_18335173.jpg
1年たまりにたまった大量の膿(この煙であぶり出される、涙、鼻水)が出て、神倉山を下山する頃には清々しい気持ちになれました。


管理人は携帯を落として…その後しばらく凹んでいたとか?



去年の様子はこちら
『おまつり 2016』 http://kuroshioen.exblog.jp/24942922/

[PR]
# by kuroshioen | 2017-02-22 11:10 | Comments(0)