クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

職員旅行『北海道 』一班 ①



今年度、開設40周年を迎える黒潮園ですが、


沖縄&北海道を選べる職員旅行を企画しています。




勤務シフトの関係で沖縄、北海道それぞれ2グループで4班で計画しています。




本日、『北海道』第一班グループの出発‼︎


集合時間・・・


早朝4時50分⁉︎

f0299108_13585752.jpg

勤務シフトの関係で、一泊二日。

早朝出発の弾丸ツアー‼︎(笑)

f0299108_14290464.jpg

f0299108_14525739.jpg

先ずは名古屋の中部国際空港に向け出発〜‼︎



途中、寝坊したOさんが車で追いかけ合流というハプニングからスタート。(笑)




順調に走り・・・

f0299108_14330180.jpg

f0299108_14521548.jpg

搭乗手続きを無事終えました。



あれっ???


一人なかやか通してもらえない人が・・・(笑)


オーバーオールについた多数のボタンが原因か?

f0299108_14493264.jpg

金属の無い足先にも金属探知機が反応。

本人いわく『痛風の尿酸値に反応してるんや!』
(溜まった尿酸が金属化してるとのいわく)

日頃からユーモアたっぷりの北村主任。
f0299108_14495743.jpg
やっぱり盛り上げてくれますねぇ〜 (笑)




「窓際席やー‼︎」と先に搭乗案内された・・・
f0299108_14502558.jpg
窓の無い深瀬副主任。



初めて飛行機に乗るデイ悠久○中さん。
f0299108_14504421.jpg
緊張で手に汗をかくと… 顔が引きつってます。



飛行機の離陸が怖い?と険しい表情の平根相談員。
f0299108_14512257.jpg



f0299108_14535517.jpg
こうやって私たちは本州から旅立ちました。





梅雨真っ只中の紀南地方は雨176.png・・・



雲の上は晴れ174.png


f0299108_14365312.jpg

果たして、降り立つ北海道の天気は?



どんな旅になるのか???






[PR]
by kuroshioen | 2017-06-25 13:47 | Comments(0)

勉強会『最新の車椅子と腰痛予防』

セミナー報告 5月25日

『最新の車椅子と腰痛予防』




先日、リクライニング型車椅子を購入しました。

f0299108_14551722.jpg

f0299108_14544365.jpg
これは、背もたれにリクライニング機能があるだけでなく、高さを最大75cmまで上げることができます。

f0299108_14560493.jpg
f0299108_14554626.jpg

介護度が重く寝たきりの高齢者の入所受け入れが多くなっている特養ですが、どうしても通常の車椅子には座れない方にとっては、このリクライニング型車椅子は負担なく姿勢保持ができ、寝たきりの方でもベッドから離床することができます。

レバーを回す手間はかかりますが、双方の高さを合わすことでベッド⇔車椅子への移乗介助が、横移動でスムーズに行うことができ、介助者、ご本人ともに負担軽となります。

特に医療機関への受診の際の高いレントゲン台や、診察台への移乗介助は本当に大変なんですよね。これがあれば、高いレントゲン台でも車椅子の高さを上げて並べることができとても助かります。







これは今年度予算でリクライニング型車椅子ほかチルト型車椅子など、特殊車椅子の購入要望が出ており購入計画をしていたものです。

この高さ調整機能付きのリクライニング型車椅子は、腰痛予防関係の補助金を活用し購入しました。介護現場で必要な備品の購入は経費の関係でなかなか行き届かない施設も多く耳にしますが… 私たちは良いもの、必要なものは色々と工夫して計画的に購入するようにしています。





そこで今回、車椅子製造メーカーである㈱ニッシンの 西竹さんを招き、購入したリクライニング型車椅子の解説と最新の車椅子の紹介をして頂きました。
f0299108_14581530.jpg


本来、車椅子は移動の手段の一つとして使用するものですが、実際には車椅子で一日を過ごすことが多く、最近ではその座り心地や、適切な姿勢を保持するための機能が工夫された車椅子が主流になってきています。

(価格は高いんですけどね~ 笑 )

f0299108_15060158.jpg
姿勢保持の土台となる骨盤をホールドする機能


f0299108_15065330.jpg
背部のフィッティングを調整する「背張り調整ベルト」





当施設でも大半の車椅子をこの背張り調整可能なものに買い替えしていますが、この重要な機能を使いこなせなければ意味がありませんね~。


以前実施していた「車椅子のシーティングセミナー」を再度企画しないとなぁ…と思います。
(何事も反復! 最近、入職した職員さんがこの背張り調整を知らないことが判明・・・反省↓)





実際にその機能性を体感してみるって大事ですね!
f0299108_15111443.jpg
f0299108_15113630.jpg




注目は、背もたれの角度と座面の角度の両方がレバー一つで簡単に調整できる、最新の『チルト・リクライニング車椅子』です!!
f0299108_15210921.jpg
f0299108_15203311.jpg
適切な姿勢保持は食事の際に誤嚥防止という点において特に需要です。中途半端なギャッジアップしたベッド上での食事は特にリスクが高くなります。このよな高機能車椅子は入所者の暮らしの質、そして私たちのケアの質向上に欠かせないと考えます。

このチルト・リクライニング車椅子は、ニッシンさんが総力を上げて開発したもので、細部に渡る工夫とその機能には感心するものがありました。発売したばかりですが製造台数に対して受注が追いつかないという状況だそうで、ちなみにこのデモ機も昨日、東京から帰ってきたばかりで、まだ関西では当法人が初めてのお披露目だそうです!!
f0299108_15174934.jpg
研究熱心な私たち!!


今回参加できなかった主任さんや副主任さんにも見てもらいたいと… 翌日まで借りれないか交渉(笑)。


このデモ機のスケジュールは大忙しですが… メーカーさんは私たちの熱意に応えてくれ、予定を変更し翌日も解説の時間を設けてくれました。


f0299108_15335303.jpg
f0299108_15475246.jpg
f0299108_15505734.jpg
やはりこの機能はいいですね~♪ 

購入要望を上げた施設のポジショニング隊長深瀬副主任も納得!!





またその後、施設にあるニッシン製の車椅子のチェックと整備もして頂きました。
f0299108_15534622.jpg
使用するご入居者も喜ばれていましたね~♪







このように私たちは年間研修プログラムの中で、メーカーさんを招いた勉強会を実施しています。

何事も常に最新の情報を得ることは大切です。

各メーカーさんもそれぞれの分野で日々研究を重ねられており、私たちもその知見を役立てることができます。






ちなみに・・・ 



この最新のチルト・リクライニング車椅子、



もちろん注文させて頂きました。(笑)




[PR]
by kuroshioen | 2017-06-24 13:05 | ユニットケア | Comments(0)

6月 絵手紙教室


梅雨入りし・・・・


スッキリしない天気が続く紀南地方です。





そんな6月の絵手紙教室の様子をお伝えします。


今回は芸術的作品も???
f0299108_17124799.jpg
いつもの顔ぶれが集まり・・・ 

中央のテーブルには季節の画材。


f0299108_17143398.jpg
先生からもその画材のお話があり… 季節を感じることができますね。


さて、皆さんは何を選ぶでしょうかね~♪






それぞれ選んだ画材を目の前に置き…筆を走らせます。

f0299108_17162588.jpg
「あら? 面白い絵が描けたわねぇ~!」
f0299108_17174646.jpg
「そうかしら?」


ん??? 


スモモが2つ・・・ そこに人の顔?






「誰かの顔に似てるわねぇ~???」


「あっ! 市川海老蔵さん!!」




そして作品名『市川えびぞう』(笑)
f0299108_17200219.jpg
独創的な芸術作品が完成~!!



わいわいと楽しく時間を過ごし

こうして皆さんそれぞれ作品が完成していきます。

f0299108_17240394.jpg

f0299108_17255749.jpg

f0299108_17271200.jpg

こういった教室っていいですねぇ〜おんぷ





最後に全作品をどうぞ!

f0299108_17291737.jpg

f0299108_17301694.jpg

f0299108_17310756.jpg

f0299108_17315088.jpg

f0299108_17323724.jpg


f0299108_17334760.jpg

f0299108_17360060.jpg

f0299108_17392069.jpg

f0299108_17400765.jpg

f0299108_17405195.jpg



皆さんそれぞれ個性的な作品ぞろいですね~!!



次はどんな芸術作品が飛びだすか???










[PR]
by kuroshioen | 2017-06-22 17:43 | Comments(0)

太陽科学㈱ 研究所・工場見学



先日、5月20日(土)太陽科学㈱主催のセミナーで講演をさせて頂きましたが・・・


その前日に、研究所と工場の見学に行ってきました!!







好奇心旺盛な私としましては…


この見学がとても楽しみで、ワクワクしていました。





太陽科学さんの本社は三重県四日市にあります。先ず向かったのは総合研究所。

f0299108_14391704.jpg

ここで、あのサンファイバーが開発されたのか~と思うと、さらにワクワク!(笑)





研究所に入るとロビーにこれまでの研究実績で受けた、数々の賞に関する展示が・・・・
f0299108_14372913.jpg


そこで目に入ったのは・・・・
f0299108_14374119.jpg

『好奇心そして行動』の文字!! これって… 


まさに私たち? 日頃から大切だなぁ~って思っていることで共感します。





社長が常に職員に、会社方針として話されている言葉ということです。


私たちも、ここで勤めれるかも??? 


なぁ~んて冗談を言いながら、内部を見学させて頂きました。








案内して頂いたのは、太陽科学の橋本さん。

f0299108_14380337.jpg

1940年代から現在に至るまでの沿革と研究実績を、軽快なトークで分かりやすく解説してくれました。
f0299108_14420192.jpg



f0299108_14405337.jpg



カキタマフレーク、乾燥きざみアゲ、スクランブルエッグなど乾燥加工食品のサンプルがずらり。
f0299108_14440049.jpg

実は太陽科学さんは、アイスクリームやチョコレートに必要な乳化剤、そしてカップラーメンの乾燥した卵などの具、ジャムパンのジャムやアイスクリームに入っているストロベリーなどの食品加工物の研究開発と製造のシェアでは日本トップクラスなんです。


私たちがコンビニで手にしている、有名なお菓子や、アイスクリーム、カップラーメンなどほとんどの商品に、何らかの太陽科学さんから提供されている原料や加工品が入っているんですよ~。






都合上、発売されている商品名は記入されていませんが…
f0299108_15010374.jpg
あれも? これも?  これ私毎日食べてるかも?


皆さんも間違いなく太陽科学さんの工場で作られたものを口にされていると言うことですよねぇ~。(笑)








水溶性食物繊維(サンファイバー)が誕生したのは1989年
f0299108_14462681.jpg




原料である『グァー豆』の実物も見せて頂きました。
f0299108_14532766.jpg
思ったより小さな粒でしたね~。インドで栽培されており、海外工場で加工されています。




長年、水溶性食物繊維を研究され、『サンファイバー』の生みの親である平田さんともお会い出来ました。

研究者として素晴らしい功績を残され、国からすごい賞を受賞されているそうです。
f0299108_14490187.jpg
ついつい記念写真!!(笑)




大変気さくな方で… 開発された材料の入った有名なアイスクリーム『○ーゲンダッツ』を手に迎えてくれました。


試食を進めてくれましたが、スケジュールがずれ込んでおり、次の目的地である本社工場へ移動。


同行した赤澤職員が移動の車中で大変残念がっていましたね~・・・(笑)






f0299108_14564553.jpg


本社工場に到着!!

f0299108_15054251.jpg
企業の雰囲気って介護現場とは少し違います。普段、介護職はふれることがない感じですね~。


今回、写真には撮っていませんが、入ってすぐに『基本道場』というコーナーがあって、働く上での基本マナーや接遇について記したパネルが並べられており、全職員に徹底する取り組みを行っているそうです。


スタッフの挨拶はもちろん、中はとてもキレイにされており… やっぱり企業らしい質の管理やなぁ~と感心。



同行する我がスタッフ・・・
f0299108_15252190.jpg
何となくこの雰囲気に馴染んでますかね~???(笑)




介護現場とは少し違った、他の産業やサービス業などのスマートなイメージって、これからの介護現場でも普通であったらいいなぁ~ って個人的には常に思いますね。


目指すのは介護の仕事のイメージUP!!









残念ながら到着時間の関係で、作業は終了しており製造ラインの様子は見ることが出来ませんでしたが、各製造行程における品質管理の様子をビデオで解説して頂きました。
f0299108_16011396.jpg

特殊な加工技術で作られる… あのカップラーメンの具に入っている乾燥卵!?の作られ様子も・・・
f0299108_16025809.jpg


アイスクリームやジャムに入っているフルーツ加工品の工場も見学!
f0299108_16042240.jpg






ちなみに、これ!

f0299108_16065903.png
あのジューシーな『あつあげ』‼︎

太陽科学さんで製造されています。




その製造ラインだけは秘密だそうで・・・

見学者はもちろん、社員の方でもごく一部の人しか入れないそうです。(笑)









こうやって、短い時間での研究所と工場見学となりましたが、色々な経験をさせて頂き有意義な時間を過ごすことができました。
f0299108_17203926.jpg

その後、いつも馴染みの若生さん、青山さんほか、シニアアドバイザーの藤井さん、チームリーダーの葛山さんと食事をとらせて頂きました。ケアに関することだけでなく、企業の雇用や人材育成への取り組みなど幅広い話題に意見交換ができました。




普段とは違った企業訪問。いろんな事に興味を持ち、経験し、感じることは人としての広がりに繋がります。



今回、このような機会を頂きましたことに感謝申し上げます。






[PR]
by kuroshioen | 2017-06-18 09:42 | Comments(0)

オープンカフェ②




こんにちは110.png


引き続き、『オープンカフェ』の続編です。









当日は「晴れますように!」という願いも届かず、


私、雨女の力が強すぎたのか…


残念ながら雨でした。







しかし、準備を進めていると、


遠くの海の方から明るくなってきて・・・小雨に103.png







「晴れてくるんちゃう⁉️」


オープンの時間には、雨もすっかりやみました110.png


地面が濡れていた為、テラスを解放する事は出来ませんでしたが、1階の共用ロビー、2階のパブリックスペースを最大限に活用して無事オープン181.png







今回は地域の高校生の方がボランティアに来てくれました101.png

f0299108_13302025.jpg

f0299108_13300326.jpg
若い子達がいると、場が賑やかになりますね110.png







入居者様の娘さんは、お琴で演奏して下さり…
f0299108_13302697.jpg






ご家族も来て下さいました102.png
f0299108_13314814.jpg

f0299108_13320069.jpg

f0299108_13304775.jpg

f0299108_13312539.jpg



家族様と一緒に過ごす時間。

皆さん、とても穏やかな表情です。







ショートステイの方との交流や、同じユニットで生活していてもあまり会話する機会がない方同士でも、雰囲気が変わると会話も弾みます。


f0299108_13315409.jpg

f0299108_13313188.jpg
f0299108_13311768.jpg

f0299108_13305812.jpg







天気には恵まれず、


お日様の下でのカフェは出来ませんでしたが・・・


やっぱ・・・・「やって良かった!!」

f0299108_13313771.jpg

オープンテラスで地域の方、家族様、入居者様がワイワイとお茶してる様子を想像しながら・・・・


次回、また企画したいと思いま~す169.png







次こそ・・・・


雨女、挽回のチャーーンス‼️





介護職員 東口



[PR]
by kuroshioen | 2017-06-16 17:15 | Comments(0)

オープンカフェ

こんにちは169.png




大変遅くなってしまいましたが・・・

先月に開催したオープンカフェの様子を紹介します。





今回のオープンカフェは、地域の方にクレール高森を解放し、クレール高森がどんな所かを知って頂く機会を持つ事。そして、入居者様、家族様、地域の方々が交流する場を設け、賑やかな時間を過ごしていただきたいという思いから企画しました。







前日の天気予報では、雨…140.png





「オープンカフェって名前やから、雨やったらオープンに出来へんから中止って思って誰も来てくれんのちゃう⁉️」


「ケーキも大量に注文したから、中止には出来んしね…」


「お知らせに、雨天決行って書くの忘れた…」







「私、雨女…」


「私、晴れ女やから大丈夫!」という浦川職員とのやり取り。







「どうか、晴れますように‼️








結果…176.png!!






しかも朝方は、かなりの大雨!



さて、どうなる?オープンカフェ・・・





f0299108_13295519.jpg


続く・・・・




介護職員 東口

[PR]
by kuroshioen | 2017-06-15 16:47 | Comments(0)

太陽化学㈱主催『自立支援ケアセミナー in 津』に参加して

こんにちは!

南2Fユニットの赤澤です。




先日、私は『自立支援ケアセミナーin津』に行かせていただきました。





私はこの研修でいろんな施設の自立支援についての事例発表を聴けるのかな?と思って申し込んだところ・・・・


私たちクレール高森が講師側で、理事長、東主任、新谷ケアマネが発表するということでした。(笑)


あらためてすごいなと思いました。またその研修に一緒に行かせていただける事をとてもありがたく思いました。





そしてこの研修の前日に太陽化学さんの研究所、工場も見学させて頂き貴重な経験をさせていただきました。
その様子はまた次回に報告があると思います!!










二日目はいよいよ事例発表です。

私は聴く側だったので気楽にいましたが… 会場に着くと、前日までの楽しい雰囲気から、空気がイッキに変わりました。
緊張感がすごくて… 私がここに来て良かったのかなと思いました。

毎回このプレッシャーに耐えて乗り越える先輩方はすごいなと本当に尊敬しました。







最初に太陽化学の若生さんより,

「気持ち良い排便サポートを目指して」
~QOL向上につながる高発酵性の水溶性食物繊維~

について話がありました。太陽科学さんには毎年、施設内セミナーにお越し頂いているので、これまでに何度も聞いた話でしたが再度確認することができました。腸内環境と脳の関係についてももっと話を聞いてみたいなぁ~と思いました。





理事長からは、

「介護・看護で実践する自立支援ケア理論」
~質の高い専門性に特化した福祉サービスの提供を目指して~
f0299108_16514581.jpg

施設の勉強会でいつも話のある自立支援介護の「4つの基本ケア」の中でも、特に私たちが注目する水分と食事の関連とその重要性について解説されていました。

また高齢者の暮らしで排便コントロールについては下剤服用では問題解決にはならずケアにより解決できるもの、それには正しい知識を持ち根拠に基づくケアをしていくことが大切だということ。クレールでもこのような研修、勉強会を通して実践し腸内環境の改善に取り組めていることがとてもうれしく思います。







休憩を挟んで… 次は東主任の出番!?
f0299108_16541740.jpg
緊張する発表前の東主任、、、 理事長がチャチャを入れています129.png






東主任の演題は、


「その人らしさと自立支援」
~おむつゼロへの取り組み~


理事長のケア理論の講義に対して、東主任は委員会やカンファレンスといった実践する体制や、アセスメントにおいて重要視している複数の記録シートの紹介、そして実践事例の解説をされました。
f0299108_16373217.jpg

先ず、最初にユニットケアの理念について話がありました。

ユニットケアの理念は「暮らしの継続」です。

いくらユニットケアを実践していて、排泄交換だと分からないようトートバッグを持ち居室に入る工夫をしていても、その先でオムツに出ている排便を取っているだけ・・・それは違いますよね。できる限りおトイレでの排泄を実現することこそ「尊厳の保持」「暮らしの継続」ですよね。ということを強く話されていました。




その後クレールで実際に排便コントロールに取り組んだS様の事例を発表されました。もともとは看取りということで入居されました。私はフロアーご異なるので、この方のケアにほとんど携わることはなかったですが、他の職員さんからポーターに座らすべきなのかと議論している話を聞いたことはありました。

その時は私もあまり分からずその話を聞くことしかできませんでした。しかし排便の自立に向けケアカンファレンスを行い、不足する水分摂取量の増加を図り、水溶性食物繊維を摂取し、食事形態を上げられたことで排便の失敗も少なくなり、他職種で連携しケアを行っていくうちに、最終的にはおトイレでの排泄が成功されました。

S様の表情も入居された時と比べ全く違っていて、あの表情を見ていると実践したことは間違っていなかったんだなと思いました。






新谷ケアマネからは、

「専門職連携による経管栄養からの経口移行への取り組み」

急性硬膜下血腫を起因したO様(93歳)の事例発表がありました。
f0299108_16383261.jpg

O様は施設廊下で転倒され、その後硬膜下血腫が判明し鼻腔チューブを挿入されました。しかしここでも他職種が連携し、経口移行への取り組み、端座位保持から歩行まで行いました。その後経口からの食事量が確保できていることから鼻腔チューブも外すことができ、行きつけであった料理店で食事をできるまでになりました。

この時は本当にうれしくて、他職種が連携し、職員が同じ目標に向かってケアを行っていくことにすごくやりがいを感じたのを覚えています。入居者様の暮らしは職員のケアによって変わってきます。最期までその人らしく過ごして頂く為に、私ももっと頑張っていきたいと思いました。

そして、このような職場で働けている喜びを感じました。









最後に質疑応答の時間がありました。

今回のセミナーは参加者も熱心に聴講され、本当に良い雰囲気でした!!





発表者もようやく緊張感がほぐれた感じでしたね。(笑)
f0299108_16400636.jpg
実際に下剤を連用している事例にどうしたらいいか?という具体的な質問から・・・

同じユニットケアに取り組んでいる施設さまからは、人員配置など実践する体制についての質問もありました。

また、現場の人材不足で取り組みたくても出来ない現状を話される方もおられました。
f0299108_16392698.jpg
私たちの施設も一般的な人員配置で、特にスタッフが多いという訳ではありません。質の高いケアを実践するためには、やっぱりチームケアの体制づくりが一番大切なんだなぁ~と思いました。






私も先輩方のようにしっかり勉強し、理解し、自分のものにして、いつか?みんなの前で話ができるぐらいになりたいと思いました!!


この研修に参加させていただきありがとうございました。




介護職員 赤澤



[PR]
by kuroshioen | 2017-06-12 11:57 | Comments(0)

6月 押し花教室

こんにちは~110.png

今日は6月の押し花教室。




そろそろ梅雨入りでしょうか??

押し花も湿気に弱いようで、保管方法も大変なんだそうです。






互いに相談しながら作品を作る方や・・・
f0299108_17121250.jpg
f0299108_17122382.jpg






KさんとMさんは、思い思いに作っておられました179.png
f0299108_17123924.jpg





出来上がった作品110.png


今回はカレンダーです!!
f0299108_17125187.jpg
f0299108_17132663.jpg
f0299108_17125607.jpg
f0299108_17133921.jpg
f0299108_17135443.jpg
f0299108_17134559.jpg

来月はどんな作品が出来上がるか楽しみですね~♪




              ケアマネ 新谷




[PR]
by kuroshioen | 2017-06-10 09:24 | Comments(0)

勉強会『出張報告会』




施設内研修報告

5月12日 『出張報告会』


f0299108_15543455.jpg



社会福祉法人黒潮園では、キャリアアップ支援の取り組みとして、希望する研修会への出張支援制度があります。


これは、個人で希望する研修会の参加費、交通費全て法人負担するものです。


近くのものから大阪、東京と遠方のものまで全て出張扱いで支援させて頂いています。







毎年、年度始めに希望したい研修の希望シートも事前に提出してもらい、その内容に応じた研修があれば推薦するように活用もしています。
f0299108_11324353.jpg



出張したスタッフは、その内容を出張報告レポートの提出の他、出張報告会での伝達発表をおこないます。



今回の報告テーマは4つです。
f0299108_15545575.jpg











和歌山県歯科医師会主催
『障害児(者)・高齢者歯科保健予防講習会』

出張者:クレール高森 東潔明主任・浦川介護職員

f0299108_17312102.jpg
口腔ケアを中心としたセミナーです。発表では口腔内の細菌によって起こる全身疾患について話がありました。

一般的には誤嚥した際に、肺に細菌が入って誤嚥性肺炎になることは知られていますが、実は心臓では、心筋梗塞、狭心症、感染性心内膜炎。そして腎臓では糖尿病。また脳卒中の原因にもなると言われています。

口腔ケアの重要性を再認識することが出来ました。







㈱日本経営主催
『介護サービスクオリティマネジメントセミナー』

出張者:黒潮園 西 友紀 介護副主任

平均要介護度4.9のユニットで2年半入院ゼロ。年間平均稼働率99%という実績をもつ、高齢者総合福祉施設アザレアンさなだの常務理事 宮島 渡 氏による、経営的視点からみた介護サービスの品質管理についてのお話です。

当法人も年間稼働率99%を達成しましたが、これは主任・副主任による運営会議にて同様の実績をあげている施設があることを話したところ、詳しい内容を知りたいと西副主任が出張を希望したものです。

健康管理に必要な医学的知識の職員全体への周知、またオリジナルの記録シートを用いたアセスメント、会議やカンファレンスを充実させ、チームとして質の高い、根拠に基づいたケアの実践を行い、高齢者の自立、入院防止が鍵となってるとのことです。手法は違えど当法人と同じ取り組みであることが知れました。





特養・老健・医療施設ユニットケア研究会主催
『第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー』

出張者:東キヨ主任・宮上ユニットリーダー・西美佐ユニットリーダー

f0299108_17322029.jpg

このセミナーへの参加報告は、このブログでも紹介させて頂きましたが、全国の各施設の取り組みの発表があります。東主任からは私たちクレール高森の取り組み事例を発表した様子が伝えらえました。また105演題から参加者が選ぶ8選に選ばれたことも報告されました。

ショートユニット担当の宮上ユニットリーダからは、ショートスティを利用されているご家族様を対象に「家族交流会」を実施し、施設のサービスをもっと知って頂き、そしてご利用者の自宅での様子や、ご家族の思いや悩みを知る機会を設けることで、信頼が深まりより行き届いたケアにつながったという取り組みの紹介がありました。

クレールでも家族ノートの充実などに取り組んでいますが、さらに色々な視点からご家族との信頼関係を築く取り組みをしたい。と刺激を受けたとのことでした。









日本ユニットケア推進センター主催
『ユニットリーダー研修 実地研修報告』

出張者:クレール高森 和中生活相談員

f0299108_17330997.jpg

クレール高森の生活相談員として着任した和中相談員は、新たに関わるユニットケアについて知識を深め、そして生活相談員という立場から求められるものやその課題を知りたいとうことで研修に参加されました。

実習は京都にある特養第2天神の杜さんです。発表では実習中に撮った施設の写真を多数紹介され、施設の特徴やその取り組み内容が紹介されました。

設えだけでなく、起床時間もその人の暮らしのリズムに合わせたケアに徹しており、早い人で7時、遅い人では10時に起きられるなど、随所にユニットケアの理念である「暮らしの継続」を実践されている様子が紹介されました。

f0299108_17344730.jpg
ケアの核となる「24時間シート」の紹介

f0299108_17341555.jpg
施設の設えの工夫などハード面の紹介


普段、他施設の取り組みを知ることがない現場スタッフにとって、このような伝達発表はすごく刺激になります。私たちに欠けていること、出来ていること、色々なことに気づく機会となり充実した報告会を終えました。



[PR]
by kuroshioen | 2017-06-09 15:45 | Comments(0)

初夏の外出企画『ホエールウォッチング』


さあ、初夏の外出企画の第三弾!!



今年もやってきました。



『ホエールウォッチング』!?








特養に入居して… 太平洋にクジラを求めて船出!!



良くないですか? ロマンがありますね~♪







これも、今回で3回目。



しかし、未だにクジラと遭遇できず・・・・










ご協力頂いている宇久井漁港の南紀マリンさんによると、近況ではあの大型のマッコウクジラが遭遇率100%!!





6月2日



当日は快晴。



波は穏やか・・・・・






これは期待できそうです!!



f0299108_15572905.jpg

北よりの涼しい風が吹き抜けていきます。









f0299108_15252413.jpg






なんと言っても、南紀マリンレジャーサービスさんの恵亮丸。 
f0299108_16114116.jpg
車椅子を固定するバーを備えているんです
f0299108_16111046.jpg
波止場から乗船介助しやすい潮位を事前に調べていますので、スムーズに準備が進みます。






船酔いのある北村主任も、気合を入れてカメラマンとして乗船!!
f0299108_12111129.jpg
自撮りです。(笑)






そして、今回の乗船を希望したご入居者さま5名無事乗船!!

f0299108_16141183.jpg


いざ、出発~!!


f0299108_16155227.jpg
f0299108_16160443.jpg
f0299108_16162251.jpg
f0299108_16163665.jpg
f0299108_16164748.jpg
f0299108_16165882.jpg
期待を胸に宇久井の港を旅立って行きました。










波も穏やか。



順調に太平洋沖合を目指します。
f0299108_16212293.jpg
潮風が心地よく吹き抜けます。




遭遇率100%の実績ウォッチングポイントに向けしばらくの航行・・・・








今回も大活躍!!宇久井の港街で育ったこの人。
f0299108_17025873.jpg
自らも船を所有する海の男。東課長!!



イルカと通じ合える特殊能力でもってクジラを引き寄せることできるか?(笑)







しかし、




沖に走るにつれ・・・・




風が強まってきました。









もうしばらくでポイント到着を目前に、沖合の強風が航行を邪魔します。




・・・・・・




・・・・・目前にして、




これ以上の航行はご入居者への安全を配慮し…船長判断にて引き返すことに!!





(残念・・・・)









船の舵を陸に向け近海クルージングに変更!!
f0299108_16293145.jpg


海上から眺める山の稜線・・・ 熊野の山々を眺めしばしクルーズ。


f0299108_16350793.jpg
f0299108_16353727.jpg
ご入居者さまのこの表情!! 


施設とはまた違ったイキイキした表情… 素敵な時間ですね♪









黒潮園ご入居のIさま。

f0299108_16371608.jpg



今日が82歳の誕生日!!


初夏の外出企画では、毎回、このホエールウォッチング船への乗船を希望され、今回は3回目です。







海のない街からこの紀南地方で暮らされ、潮の香りが大好きになったそうです。


でも船に乗ることは、黒潮園に入居するまで一度も無かったそうです。







しかしIさま。直前に少し体調を崩され・・・



参加できるか不安で、体力を回復できるよう、毎日、ご自身で車椅子で自走する距離を決めてリハビリをされていました。



こうして今回も念願のクルージングが実現し・・・



「青い海を見ると心がすーっと晴れるんです」

f0299108_16515524.jpg

「最高の誕生日を迎えることができました。今回、クジラとの遭遇は叶いませんでしたが、また来年行けるよう元気で頑張れってことやと思います!」と話されていました。







歳を重ねてもやりたい事や、目標があるって素敵ですね。



そして、それを実現できる施設での暮らしを私たちは支援させて頂けることに喜びを感じます。










ん???


f0299108_16331555.jpg


遠くの緑の中に見える白い建物???



f0299108_16342397.jpg
そうです!!



黒潮園&クレール高森です!!




沖合から眺めるってなかなか経験できない事ですね。(笑)













帰港する前に・・・


f0299108_16552929.jpg
新宮港にちょうど入港していた、大型客船「飛鳥Ⅱ」の側を通過!!
f0299108_16562321.jpg
その船体の大きさは迫力満点!!




ご入居者さまもその迫力に感嘆の声が・・・・・
f0299108_16572795.jpg
私たちを見たお客さんが手を振ってくれました。



これまた、普段はできない体験ですね~♪







こうして、約2時間のクルージングを楽しまれ、無事、港に戻ってきました。






f0299108_15390401.jpg




港では、乗船しなかったご入居者も合流して、



恒例の…海鮮バーベキュー!!

f0299108_17073137.jpg
ちょうどお腹がすいて、料理を待つご入居者の皆さんの視線の先では・・・・




f0299108_11282848.jpg
米川亮治船長が腕を振るってくれています。





f0299108_11301214.jpg
捕れたてで新鮮なカツオの刺身に、地元のマグロ、アワビの刺身!!



f0299108_17085944.jpg
マグロとナガレコの握り寿司!!



f0299108_11262247.jpg
サザエの網焼き!!



f0299108_11322464.jpg
小林部長得意の焼きそば!!



f0299108_11485234.jpg







f0299108_11343898.jpg
大きなアワビを手にご入居者さまもビックリ!!







盛りだくさんの海の幸。


この地ならでは。最高ですね~♪



f0299108_11354969.jpg
「この鰹は新鮮で美味しいわぁ~」「こんな新鮮な鰹なかなか食べられんね。」


f0299108_11430088.jpg
「何頂く?」「私やっぱりアワビかな!!」「こりこりして美味しい!!」



f0299108_11415661.jpg

お刺身は大人気!!
f0299108_11412057.jpg

皆さん、次々とおかわりされていました。(笑)






f0299108_11364445.jpg
「焼きたてのサザエは柔くて美味しい!!」 手が止まりません・・・・(笑)






今回はショートスティのご利用者も数名参加。

車の座席が空いてたので、急にお誘いしましたが…大変喜ばれていました。

f0299108_11375105.jpg


f0299108_11480192.jpg

f0299108_11381662.jpg

f0299108_11440173.jpg
「腹いっぱい!」 大満足!!

f0299108_11445226.jpg
「家でもめったに口にすることのない、高級なアワビを頂けて… まぁ 嬉しいなぁ~」「幸せ!」 (笑)

f0299108_11471009.jpg
Mさま。思い出にこのアワビの殻をクレールに持ち帰られました。





お腹いっぱい海の幸を頂いた所で・・・・


恒例の記念撮影!!

f0299108_11522491.jpg

今回、三度目の正直とはいきませんでしたが・・・



澄み渡った青空、


どこまでも続く大海原、


そして、潮の香りと海の幸、



紀南の地ならではの素晴しい自然を満喫しました。






最後に、当法人のこのような企画に共感頂き、全面協力を頂いている南紀マリンレジャーサービス米川亮治代表に、心より厚く御礼申し上げます。






[PR]
by kuroshioen | 2017-06-07 12:12 | Comments(0)