クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ユニットリーダー研修 『四條畷荘での実習』


初めまして。

南2Fユニットの赤澤と申します。



ご報告が遅くなりましたが、11月、12月とユニットリーダー研修に行かせて頂いたので報告させていただきたいと思います。




11月は大阪で3日間座学、12月は大阪にある四條畷荘さんで実地研修させていただきました。
私はユニットリーダーではありませんが、私たちがクレール高森で取り組んでいるユニットケアをもっと詳しく知りたいと思い参加希望を出しました。


特別養護老人ホーム四條畷荘(個室120床)
f0299108_04363.jpg

四條畷荘ホームページより
http://www.osj.or.jp/shijyounawate/index.html


今回、私が学びたくあげていた課題の1つはユニットでの『日中の活動』についてです。

私は入居者様がいつも退屈そうにされていて、「ご飯ばっかり食べやるような気がする」という声を耳にしたことがあります。何かできないかなぁ… と考えていたので今回の実習で、他の施設では日中の活動はどうしているのか聞いてこようと思っていました。




四條畷荘さんはボランティアの数が1500人程ととても多く、ボランティア中心のレクが週に3,4回あるそうです。私が行っている間でも、地域の方たちも交え、民舞民謡や喫茶、体操など行っていました。

しかし、ユニットではレクをしている様子はなくクレールと同じように居室で休まれていたり、TVをみていたり、居眠りをされていたりと皆さんそれぞれ過ごされていました。





ユニットリーダーさんに「ユニットでのレクはしていないんですか?」と聞くと「していませんね、というよりはしません。」と返ってきました。

というのもやっぱり“家で”と考えた時、退屈そうにしているからといって、みんなでレクしましょう、風船バレーしましょうなんてならないですよね?ということでした。

荘長さんも最初は、入居者様が退屈そうにされていることがあったり、家族様からもそういう意見があることもあり、何かしてあげればいいのにと思っていたこともあったそうです。他の実習生の施設でも同様の理由でユニットでのレクはしていないとのことでした。





2つ目はユニット職員の『ご家族様との関わり、信頼関係』についてです。

四條畷荘さんの職員さんは家族様とのコミュニケーションをよくとられているように思いました。面会に来られた家族様とは入居者様の近況報告はもちろん、他にもいろいろ楽しそうにお話をされている場面を見かけました。

四條畷荘さんでは、その程度にもよりますが、ヒヤリハットなどの家族様への連絡は正職、パートに関係なく、ユニット職員が行っているそうです。

なぜなら、入居者様を一番見ている、知っているのはユニット職員だからだそうです。そうすることによって、家族様からより信頼を得られるようになったと話されていました。私はいつも家族様と挨拶を交わす程度になってしまっているので、もっともっと関わっていかないといけないなと思いましたし、それと同時に信頼も得ていかないと…と感じました。





今回の実習に参加した感想としてはこの5日間はとにかくしんどかったです。

実習は一日中座って見学するものとと聞いていました。行く前は座っていられるんだったら楽じゃないのかなと思っていましたが、ユニットにいざ入ると全く落ち着かず座っていて良かったのも最初だけで… だんだん腰や背中が痛くなってきて… 足も冷えてきて…すごくトイレが近くなって、大変でした。

職員さんの許可をいただいてユニットの外へ出ようかなと何度も思いました。それでも4日目になると、写真を撮るのに他のユニットもまわり自分のユニットに戻ってきたときすごくホッとしてその場に落ち着きを感じました。

それはやっぱりユニットに戻ると「お帰りなさい!」と言ってくれて、そこには知っている顔の職員・入居者様がいて、私が座っていたソファーがあってと、そこに馴染みの関係があるからなんだなぁ…と思いました。

クレールでもたまに「帰りたいなぁ…」という事を話される方がおられます。今回の実習ですごくその気持ちが分かりました。入居者様に「ここが自分の家だ」と思ってもらうのは難しいかもしれませんが、「自分はここにいていいんだ」と思っていただける落ち着ける環境づくりが大切だと感じました。





もう1つ実習を通じて感じたことは職員間の関係がすごく良いということです。他の実習生の施設では上手くいっていない施設もあり悩まれていました。これは、働いていくうえで一番大事なんじゃないかと思います。

ここはクレールも負けていないと思います。毎日とても楽しく働けていますし、今回の実習中も「寂しくないか」と連絡をくれる先輩もいますし、実習を終えて帰ってきた時も実習中の話を聞いてくれ、力になってくれる先輩方がいてとても心強いです。

私は恵まれた環境の中で働けているんだなと感じました。それに今回の実習で仲間ができたこともとても嬉しかったです。先日も「どんな感じ?」と連絡が来ていて、お互いの今の施設の状況を少し話しました。こういう情報の交換ができる仲間がいるということも大切だと感じました。




この内容は施設内勉強会でも報告させて頂きました。
f0299108_0103421.jpg

今回の実習を通して、私自身のユニットケアに対する考え方が変わりましたし、また入居者様へのケアの関わりも少しは変わったんじゃないかと思います。ユニットケアをしていくにあたっては、みんなが同じ気持ちで取り組んでいかないとできないなと今回本当に実感しました。他の職員の方にも是非行っていただきたいと思った実習でした。






最後に四條畷荘さんの様子を少し紹介します☆
f0299108_17402832.jpg
f0299108_1741037.jpg
f0299108_17412116.jpg
f0299108_17414962.jpg

[PR]
by kuroshioen | 2016-02-23 23:59 | ユニットケア | Comments(0)

1階フロアーバレンタイン企画

こんにちは。
今年もバレンタイン企画ということで、1階フロアーの入居者さんと一緒に、お菓子作りをしました。

今年は、パウンドケーキ。
好きな様にデコレーションしてくれました。

それぞれ個性があって、面白いです!

f0299108_10060176.jpg
てんこ盛りKさんemoticon-0159-music.gif


f0299108_10093254.jpg
すべてが控えめ。Nさんemoticon-0159-music.gif


f0299108_10081850.jpg
バナナは多めに。Eさんemoticon-0159-music.gif


f0299108_10105866.jpg
見た目重視!Hさん。


f0299108_10133640.jpg
可愛くピースしてくれました(^-^)/ Oさんemoticon-0159-music.gif


もちろん、みなさん完食です‼︎


f0299108_10165820.jpg

楽しいひとときでしたemoticon-0152-heart.gif

介護職員 東口

[PR]
by kuroshioen | 2016-02-18 12:21 | Comments(0)

お燈まつり 『御神火』

こんにちは。

先日、東キヨ主任より『おとう祭り』という記事で報告がありましたように、
6日(土)、熊野地方に春の訪れを告げる「お燈まつり」が執り行われました。

もちろん、私も上りました。
f0299108_15492859.jpg

長男。高校生にもなると自分たちで上ります…



『お燈まつり』は1400年前から当地方に伝わる神事で、熊野年代記には、西暦574年(敏達天皇3年)『正月二日に神倉山が光を放ち、翌年正月六日夜、神倉火祭り始まる』と記されており、日本全国にある火祭の中でも、最も歴史深いものと言われています。

この「お燈まつり」は県無形文化財に指定されており、現在、さらに国指定重要無形文化財として文部科学大臣に答申されているところです。

この歴史の深い勇壮な熊野地方にある火祭り。近年は地元の者だけでなく多くの方が参加されるようになっています。今年はちょうど土曜日ということもあり、2385人と例年になく多くの上がり子が白装束に身を包み、松明を手に御神火を授かる神倉山を目指しました。

東京からのツアーもあると耳にしています。

f0299108_15531022.jpg

f0299108_15545811.jpg


参加者数(主催者発表)
2014年  1965人
2015年  2057人
今年     2385人


この祭りは女人禁制で男性のみ入山が許されます。また身内に不幸があった者も入山を自粛する神聖なお祭りです。いつも一緒に上がる北村主任は残念ながら身内の不幸により参加できず… 今年は倉本デイ主任ほかサーフィン仲間たちと上りました。
f0299108_15382799.jpg


f0299108_15521134.jpg

厄年の男は「厄のぼり」と言います。



世界遺産にも認定されている熊野三山の一つ熊野速玉大社の摂社・神倉神社がこのお祭りの舞台となります。
f0299108_15265445.jpg

f0299108_15271432.jpg

神倉山の急峻な538段の石段を登った先にある神倉神社の境内には、日本書紀に天ノ磐盾と記されたゴトビキ岩というご神体があり、男はそこで御神火を松明に受け、石段を駆け下り持ち帰るというお祭りです。

この授かった御神火は真っ暗な暗闇の中で帰りを待つ女性に火を届け、女性はその神聖な火を家に灯し、家族に熊野神の来臨を告げ無病息災を祈ると同時に、祝いの膳を準備し家族で分かち合うことが古来のこの祭りの本質です。




今回、私からはその『御神火』について、境内でのやりとりをご紹介します。


狭くうす暗い境内に2000人を超える男達が押し問答しながら、すし詰め状態でひしめき合う中・・・
f0299108_1543324.jpg

午後7時20分頃、暗い境内の奥でひとつの炎の柱が上りました。

御神体である「ゴトビキ岩」のそばで、火が起こされたのです。

そこで、境内に「ウォー・・!!」と待ちわびた男たちの声が響きわたり… 一気にボルテージがあがります。




起こされた御神火は「大松明」と呼ばれる、数人で担ぐ大きな松明に点火されます。

「大松明」はこやって介釈に守られ速玉大社から神倉神社へ運ばれます。
f0299108_15513360.jpg



f0299108_15361270.jpg

この御神火の灯る大松明は介釈に守られ、ひしめく境内を抜け「中の地蔵」と呼ばれる山の中腹に一旦下っていきます。
f0299108_16540100.jpg

一旦、山門を出る「大松明」


境内ではその御神火が再び境内に運ばれてくるのを今か今かと待ち・・・

山門の周りでは我先に火を受けようとする、熱気のある男たちがひしめき合います。ですから子供連れの者や慣れない者は、安全のためにできるだけ山門から離れた、境内の奥で待機することもルールになっています。


そして中の地蔵で大松明から火を受けた上がり子が山頂に到着。

奥から次々に上がり子の松明に火が移されていきます。
f0299108_1545447.jpg

f0299108_1546039.jpg

f0299108_15461071.jpg

f0299108_15462160.jpg

この時、遠くから眺める方には、神倉山の山頂近くが山火事のように炎がたつ様子が見られます。

しかし、あの狭い境内では2000本以上の松明が燃え盛り、熱さと煙たさで大変な状況にあるんですよね。子供から大人までその煙たさに耐えつつ下山の時を待ちます。
f0299108_15585923.jpg

煙たい・・・

f0299108_15473445.jpg

炎の熱さと、上り子の熱気が最高潮に・・・
f0299108_16204668.jpg


午後8時過ぎ・・・
f0299108_1645450.jpg

いよいよ介釈により山門が閉門されます。

今年は境内に入りきれない程の上り子の数に、何とか押し込まれ一旦は山門が閉じられましたが、時を待たずにして一気に開門。


「ウォー!!」という雄叫びとともに、御神火のついた燃え盛る松明を手に火の粉を散らしながら538段の急陵な石段を競うように駆け下りていきます。
f0299108_16234138.jpg

        こぐまトレンド情報局HPより引用

この時、遠くからは山頂付近の火の塊から、帯のように広がる火が山を下るように動いていく様子が眺められます。この様子を新宮節では「お灯祭りは男の祭り、山は火の滝、下り竜」と唱われています。

少し離れた所からこの祭りを眺めてみても、また違った感じ方ができるかもしれませんね。





f0299108_15593196.jpg

無事。下山!! 毎年、山門最前線に陣取る倉本主任たちは30位くらいの結果。

子供であっても…エネルギーに満ち溢れた熱気を感じさせたく、山門近くから下山します。

新宮に生まれ育つ子どもたちは、このお祭りを通じて何かを感じ、たくましく成長していくものと思います。




そして古来から伝えられている通りに、家の玄関までこの神聖なる『御神火』を絶やすことなく持ち帰ります。
f0299108_16102139.jpg

f0299108_17611.jpg

毎年、こうやって『御神火』を持ち帰ることで、この祭りを終えた達成感に清々しい気持ちを感じるとともに… 親子の絆が深まります。



f0299108_1727518.jpg



共に上る男仲間、男親子でしか経験できない世界がそこにあるのです。




是非、皆様も機会あれば、

この『御神火』を授かる『お燈まつり』に参加してみて下さい。
[PR]
by kuroshioen | 2016-02-11 16:11 | Comments(0)

おとう祭り 2016

こんにちは、久々登場の東潔明です。

ブログ準レギュラーから、ずいぶん降格しましたが、今後また準レギュラーを目指します。




僕がこのブログでよく記事にしている、釣りは?




行ってますよ。

この冬の時期の釣りは寒グレです。



なぜこの時期は寒グレなのか?

グレはこの時期、産卵前で体力をつけようと、エサをいっぱい食べようとします。

結果、身は太り脂の乗った美味しい魚になるという訳です。

最近の釣果です。

f0299108_18373350.jpg


まあまあええ感じです。






冬と言えばもう1つ大事な行事があります。

それはおとう祭りです。



このおとう祭り歴史的にも古くから行われている祭りでして、記録に残っているだけでも1400年以上まえから飛鳥時代から行われているものだとされています。

今は「けんか祭り」なんかと呼ばれる事もありますが、古くは家々に神の火を戴くという神事で、、祭礼で分けられた火が届くまで、各家で灯明を挙げるのを禁じていたことから、新年における「火の更新」を意味する祭りとして旧暦の正月6日に行われいました。



その頃は、男性は下山後直ちに家に向かい、真っ暗な暗闇の中で帰りを待つ女性に火を届けていました。女性はその神聖な火を家に灯し、家族に熊野神の来臨を告げ無病息災を祈ると同時に、祝いの膳を準備し家族で分かち合っていました。

ちなみに僕はと言うと、下山直後に神聖な火は毎年消えています。

このブログの管理人は毎年大事に火を家に持って帰っているそうな・・・・・。(後日ブログでアップされるとか?)




去年も書きましたが、この祭りは毎年、同じメンバーで一緒に上る事が不思議と決まっています。

僕は毎年恒例の相方と

f0299108_1931896.jpg


白装束を着るとクレールにも行きます。祭りの雰囲気を感じてもらいたいですしね。

すみません写真撮るの忘れました。



入居者からは「気をつけて上っておいでよ」

「おめでとうございます」といった言葉をかけてくれる方もいらっしゃいました。めでたい事なんですね。

昔を懐かしむいい表情も見え、喜んでもらえたかな?





さて祭り開始です。

毎年いつものように、飛鳥神社に寄り

f0299108_1943185.jpg


恒例の「頼むで!!」

速玉神社にも寄り
f0299108_1910510.jpg

段々と上り子のボルテージが上がっていきます。


テンションの高い管理人とも出会い!?
f0299108_19114197.jpg

めちゃ酒臭い!!



この祭り先程も書いたように神聖な祭りでして、本来お酒を飲んで上る様なものではないです(笑)

ちなみに僕は一滴もお酒は飲んでいません。



こんな方も
f0299108_19154993.jpg

ディサービス悠久の倉本主任、野田副主任も毎年参加されています。



暗闇の中を神倉山に上がり火がくるのを待ちます。
f0299108_1921196.jpg


ようやく火がくると
f0299108_1922359.jpg


凍える様な寒さが一変し、火と煙に包まれます。
f0299108_19231026.jpg





この時、1年の溜まった悪い膿を出すように、涙、鼻水が煙たさから多量に出ます

今年の僕はと言うと去年より多量に出ました。
膿が溜まりきっていたんでしょうね(笑)


そんなこんなで無事下山し、今年の祭りも終わりました。




毎年思うんですが、下山した時の安堵感は何とも言えないものです。

もちろん来年もいつもの相方と上る予定です。

今年も神聖なもの感じた、いい祭りでした。



管理人による続編はこちら…
お燈まつり『御神火』 http://kuroshioen.exblog.jp/24945488/



PS 次回は先日報告のあった、『おむつゼロ達成』について記事にしたいと思います。
[PR]
by kuroshioen | 2016-02-10 14:03 | Comments(0)

恵方巻き

こんにちは。

皆さん。2月3日節分の日には『恵方巻き』を食べられましたか?
という事で、クレールでも『恵方巻き』をつくりました。

歴史的には太巻き寿司をかぶる習慣が、昔から大阪であったとかどうだとか…?
実は『恵方巻き』と言う言葉はセブンイレブンで商品名としてつけたのが由来だそうです。

あまり高齢者の方には、馴染みがないものかもしれませんね。


節分と言えば、豆まきがメインではありますが、今年は、豆をまくより、「おいしく巻き寿司を作って食べようよ!!」と言うことで、朝から支度を!





具財は多いほうが美味しくていいですよね。

f0299108_17131061.jpg

入居者の方にも参加してもらって巻き寿司を!
皆さん「うわあ、これお昼たべるの?」「嬉しい」と喜びの声が。


「昔はよう作ったけど、できるかな」と真剣に取り掛かってくれました。
f0299108_17302844.jpg
「1本できたよ。」と笑顔のT様。
f0299108_17334156.jpg
真剣な表情のK様。
「久々やからうまくいくかいね。」
f0299108_17382296.jpg
「どうよ。これ。うまくできてるでしょ。」
と満足そうなK様。

皆さん、一生懸命に頑張ってくれたおかげで美味しそうな『恵方巻き』がたくさん完成しました。
f0299108_17432504.jpg

ショートスティご利用の方々・・・  
   
「さあ、食べますよ。」
「今年は南南東を向いてたべますよ。」と伝えようと思いきや・・・



「まあ、おいしいよ!!」

と皆様、早くもパクパクと。美味しく召し上がっておられました。
f0299108_17510211.jpg

 
f0299108_17521736.jpg

今年一年の健康と多幸を祈って、皆様まるかぶりしてくれました。




[PR]
by kuroshioen | 2016-02-06 12:03 | ユニットケア | Comments(0)

どんど焼き


こんにちは。


2月3日 節分




今日は恵方巻きを皆で作り、昼食に食べて…

一休みしてから、お出掛けてしてきました。
               emoticon-0102-bigsmile.gif




出掛ける前から、Kさんが「あれ(シルバーカー)持ってかなあかん!」やら、職員が「置いてこ!いらんで!」やらで、ドタバタ出発!
                  emoticon-0175-drunk.gif
f0299108_20365530.jpg
     
いざ、出発ー!!
f0299108_12082080.jpg




行き先は・・・・
f0299108_12092976.jpg



出かけるご入居者が当初の人数より、1名増えたんで… 理事長を捕まえる~。
f0299108_20431349.jpg


写真撮られたら、取り返し!
f0299108_21420693.jpg


知り合いの方にも会い・・・。
f0299108_20445083.jpg


手水舎でお清め。
f0299108_20460266.jpg

 
階段を上り下り。
f0299108_20470204.jpg
やってきたのは・・・
f0299108_12105153.jpg
熊野速玉大社



「速玉さんやな~。」とKさんemoticon-0111-blush.gif
f0299108_20475852.jpg


やっぱり、お参りしないとね。

f0299108_12122190.jpg
f0299108_12133967.jpg
お賽銭を ひょいと投げ入れ…
f0299108_12142721.jpg
f0299108_12151765.jpg
お参りを済ましました。




そして、『節分どんど焼き』の場所へ移動。
f0299108_12181768.jpg

先ず、おたきあげ松明を買い・・・。
f0299108_20504611.jpg

御神火を頂いて・・・。
f0299108_20524121.jpg
f0299108_12214640.jpg

境内に大きく掘られた穴では火が燃えています。
f0299108_12192006.jpg
ここにお正月に使った飾りなどを投げ入れるのです。


f0299108_12262791.jpg

黒潮園代表でKさんに任せる!

「せーの~」

f0299108_12234835.jpg
「ほいっ!!」
f0299108_12251642.jpg




理事長のおたき火・・・ちっちゃ!
f0299108_21490793.jpg


「でぇ~い!」と投げ。
f0299108_20565170.jpg



f0299108_20581293.jpg


今年も無事に過ごせますように・・・。
f0299108_20594209.jpg


Oさん、楽しかった?
f0299108_21000861.jpg



皆で記念撮影
     emoticon-0115-inlove.gif    
f0299108_21033693.jpg


天津甘栗・・・良い匂い・・・。
f0299108_21043671.jpg


甘栗・・、「Kさん買ってく?」「ええで!」「理事長買ってくれるよ!」「いらんで!」「えっー!」
隣にいたEさんにも確認!「Eさんは?」「ええわ。」「・・・まじか・・・。」
f0299108_21073250.jpg


「じゃあ、帰ろか。」
f0299108_21094824.jpg




              介護職員の峯でした
                   emoticon-0117-talking.gif


   






[PR]
by kuroshioen | 2016-02-05 12:28 | Comments(0)