クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ユニットリーダー研修IN大阪 3日目

クレール高森介護職員の端地 遥です。

今日はユニットリーダー研修IN大阪 座学最終日3日目の様子をお伝えします。


<3日目講義内容>
・ユニットケアの具体的方法
食事(24時間ルールについて)、入浴(個浴について)、日中や夜間の過ごし方

・ユニットケア導入と運営計画演習

自施設におけるユニットケアの導入に活用できるよう具体的な取り組みについて、運営計画を立案する。簡易に取り組める工夫事例及び、段階的に導入する方法等、自施設で取り組める方策を検討する。受講者間で発表・意見交換する。


先に参加してきた職員からは、運営計画書は次の実地研修までに提出だったと聞かされていたので、今回もそうだと思っていましたが、今回は簡単な説明の後に30分ぐらいかけて記入し、その後みんなの前で発表しなければなりませんでした。
f0299108_15203989.jpg

このように記入例があるものの、その内容が主任、事務長、施設長クラスの話なので分りづらかったので、アシスタントの方に聞くもはっきりした回答が得られず困りました。もう少し誰にでも分かりやすいものにして欲しなぁ…と思いました。

またこのような計画書作成の演習を経験し、上司の方々はこういう難しい事も考えながら黒潮園、クレール高森を作り、良くしているのだと実感しました。


<3日間の感想>
これまでにユニットリーダー研修に行かれた6名の内の4名の報告勉強会に参加して来ましたが、この研修を受講するまでは、本当にこのクレール高森でユニットケアができるのか不安や疑問を感じ、前向きにはなれませんでした。

でもこの既に研修を終えて帰ってきた職員からは「自分たちにも出来る」「ユニットケアは素晴らしい」とこれから始まるユニットケアに向けて、とても前向きで輝かしく、パワーを感じていました。

実際に研修を受講さしてもらい、この3日間色々学んだ結果、ユニットケアに対する考え方が前向きになりました。何かに行き詰まれば『ユニットケア=暮らしの継続』を思いだし、24Hシートの確立を目指していけばきっと理想のユニットケアに近付けると思いました。山を越え谷を越えの長い道のりかもしれませんが、みんなで頑張って行きたいと思いました。

そして、グループの方たちとも仲良くなれたので実地研修で会うのが楽しみになりました。
実地研修の様子は、引き続き次回に報告させて頂きます。

実地研修『日置の郷』① に続く)
[PR]
by kuroshioen | 2014-08-29 23:24 | Comments(0)

ユニットリーダー研修IN大阪 2日目

こんにちは。

クレール高森介護職員の端地 遥です。

今日はユニットリーダー研修IN大阪 2日目の様子をお伝えしたいと思います。




2日目はグループワークをしました。
f0299108_22313729.jpg

この写真はグループワークの時ですね。

私のグループは男性2名女性3名で、ユニット型特養経験者は1名のみでした。そこで事例や話し合いをしていく中で、私がユニットケアのに取り組むことに不安や疑問に思っている事は、参加したみんなも同じだなぁ…と思いました。

グループワークが進行し、私たち未経験者の間で「ユニットケアは思っているほど難しくなく、私たちにも出来るような気がしてきたね。」と話していた時、ユニットリーダー経験5年の方は曇った顔つきで下を向いていました。

私が「そうではないんですか?」と尋ねると「5年たってもまだ全然出来ていないし、24Hシートもつくれていない」と言っていました。理由はユニットケアに対する現場の意識が薄ということでした。

やっぱり理想と現実は違うのだと思いました。本日の講義でも『24Hシートはユニットケアを成功させるカギ』と言われていましたので、24Hシートついて学んだことを少しまとめます。




24Hシートは、ユニットケアの運営理念であり、「特別養護老親ホームの施設及び運営に関する基準」第33条にある「入居前の居宅における生活と入居後の生活が連続」することを実践するために誕生したアセスメントツール。入居者がそのような暮らしを望み、サポートする職員は何をすればよいのかについて、視点を一日の暮らしにあてて文字に表した、とてもシンプルなものです。

f0299108_14484333.jpg

<特 徴>
①ケアの視点を24時間の時間軸におくことで、入居者の全体像を知る。
②24時間の生活リズム事に暮らしかたの好みと意向を聞き、暮らしの継続を実践する。
③「自分でできる事」を時間軸で尋ね、自立支援を実践する。
④「サポートの必要な事」を時間軸で書くことで、1日の暮らしのきめ細やかなサポートができる。
⑤個々の24Hシートを介護単位で一覧表にすることで、全体が見える。
⑥24時間軸での暮らしのアセスメントとケアプランになる。
⑦24Hシートはケアの見積書。ケアの実践書がケース記録。

f0299108_14541863.jpg

こんな感じで、お一人おひとり24時間の表を作成します


24Hシートは個々の入居者様の一日を知り、その方の情報を職員全員で共有する為にとてもいいツールだと思いました。私は簡単そうに感じましたが…参加した方々との会話を聞いていると現実は違うのかな?とも思いました。

クレール高森では少しづつでも確立させていきたいなぁ…と思います。



<2日目 講義内容>
・情報の活用と職員のサポート及び指導等
ユニット内やユニット間の効率的な情報の伝達。
   職員間での情報の共有や活用方法。
   職員への指導やサポート方法

・ユニットケアの具体方法
高齢者がその有する能力に応じて自律的に日常生活を営むことを支援するためのポイント。
   食事・入浴・コミュニケーションの取り方等、一日の生活の流れに沿った場面ごとの事例。
   24Hシートについて。




外出支援:平成25年度花火大会外出より
f0299108_22445530.jpg

f0299108_22533259.jpg

f0299108_22531073.jpg

f0299108_22451991.jpg

花火に感動(ビックリ?)するご入居者さまです。(^。^)


ユニットリーダー研修IN大阪 3日目 に続く)
[PR]
by kuroshioen | 2014-08-28 22:59 | Comments(0)

ユニットリーダー研修IN大阪 1日目

はじめまして。

クレール高森介護職の端地 遥 です。




報告が遅くなりましたが… 

5月26日(月)~28日(水)に実施されたユニットリーダー研修に参加してきました。
その内容をお伝えしたいと思います。




受付の風景(日本ユニットケア推進センターHPより)
f0299108_1424417.jpg

f0299108_1655389.jpg

会場は大阪南港にあるATCホールです


私はこのユニットリーダー研修に自ら希望しました。「ユニットリーダーになりたい」という思いではなく、ユニットケアに興味があり、これからユニットケアを行っていくなかで、少しでもリーダーと同じ考えを持ち支えられれば良いかなと思ったからです。

どういう事を学ぶのかワクワク、ドキドキと楽しみにする半面…従来型で7年働いてきた私にユニットケアができるのか? 色々な面でとても難しいのではないかと不安に思っていました。しかし、講習で配られた3冊テキストに研修のねらいと研修に臨む3つの心構えが書かれていました。
f0299108_16505989.jpg


*ねらい
①仲間づくり 
②自分の意見や疑問をことばにする 
③高齢者介護施策におけるユニットケアの意義等について理解する 
④ユニットケア施設におけるユニットリーダーの役割について理解する
⑤ユニットの管理運営と留意点について理解する



*心構え
①「もし自分だったら」という入居者視点
・自分の住まい―― ここで暮らしたいとおもえるか
・自分の暮らし―― 好きな時に飲み食いできるか
・自分の意見 ―― 好みや意見が言えるが

 
②最初から「他人のせいにしない」
・「人手がないからできない」 ―― 自分に施設の人員配置を言えますか?
・「施設長が、部下が…」   ―― 最善を尽くしましたが?自分から近寄りましたか?
・「どうしますか?」の前に  ―― 「自分はどうしたいか」ということをちゃんと言えますか?

③問題・課題解決の正しい順序
・解決までの手順を踏む
 なぜそれが問題かという認識の共有
 →問題・課題の原因はなにか 
 →対策は何か
 (いきなり指示や対策を出しても従わない、きちんと目的や意味も言わないと!!)


私はこれらを読み、本には沢山の難しいことが書いていますが、この『5つのねらい』と『3つの心構え』を念頭に置き3日間学べばいいと思い、気が少し楽になりました。





講義の中で、『ユニットケア導入の過程』では、特別養護老人ホームとユニット型特別養護老人ホームの違いについて学びました。

1963年(昭和38年)に老人福祉法が制定され特別養護老人ホームが誕生。
この時に特養に入ることを「入所」そして、「自立した生活を営むことが出来るようにすることを目指すものでなければならない」と老人福祉法に定められていました。

しかし、2002年ユニット型特別養護老人ホームの誕生と同時に新しい基準が追加されました。ユニット型特養に入ることを「入居」そして、「自律的な生活を営むことを支援しなければならない」と表現が変わりました。


では… 「入所」と「入居」・「自立」と「自律」の違いは?

特養の入所とは“所”に入って生活する、ここでの“所”とは機関を意味しています。例えば、刑務所、裁判所そして、自立とは他からの支配や援助を受けずに自分の力で身を立てる。ユニットの入居とは入って居住する、“居住“とは一定の住まいを定め、そこに住んで自分たちで生活を営む。そして、自律とは他者からの支援を受けることによって、自らの生活を持続する事で自らを自らで律する。ということになります。

約40年間、私たちの生活が大きく変わるにつれ、高齢者ケアに対する考え方も大きく変わったという事が、法令に書かれている条文を紐解くことで理解できました。


f0299108_14185291.jpg

見つけました。私の写真が日本ユニットケア推進センターHPブログに…



<一日目 講義内容>  
・ユニットケアの理念と意義 
ユニットケアとは、入居者一人ひとりの個性や生活のリズムに沿い、また、入居者が相互に社会関係をきづきながら自立的な日常生活を営めるように介護を行う手法であり、こうしたユニットケアの理念と考え方を学び、入居者、家族及び職員等にとってユニットケア導入の意義。

・ユニットケア導入の過程
実施研修施設における、ユニットケア導入から現在に至るまでの経緯や運営上の工夫及び課題等、経時的な観点。

・高齢者の生活とその環境
高齢者の生活を支える環境やその整備における留意点(入居前の生活の継続性)について学ぶ居住空間の種類と構成及びその機能について学ぶ。できるだけ家庭的な雰囲気や、心理的な安定が得られるなじみの環境、快適な環境づくり。


研修終了後には懇親会がありました。
f0299108_1723351.jpg

この座学終了後に同じ実地研修に行く参加者の方々と交流ができました。

次は… 2日目の報告です。

ユニットリーダー研修IN大阪 2日目 に続く)
[PR]
by kuroshioen | 2014-08-27 17:29 | Comments(0)

仮設厨房稼働


こんにちは。

黒潮園改修工事が本格化しています。


f0299108_15283455.jpg

先週、建築確認検査を終え、移行に向け機器の搬入を終えた仮設厨房。


いよいよ本日、朝食から食事提供を開始しました。



中を覗いてみると・・・
f0299108_15283956.jpg


プレハブ建て仮設厨房と言えども、もちろん水道やガスの配管がされ、クーラーなどの空調も完備されています。(スペースが狭いことが難点ですが・・・)

機器は新厨房に設置するものが搬入されており、とても綺麗な新築厨房さながらの感じです。

f0299108_15293649.jpg

f0299108_1529465.jpg

「こんな立派な仮設厨房を取り壊すのはもったいない」との声も…。




黒潮園改修工事における重要課題の一つに厨房工事があります。
食事を止める訳にはいかないことから、この仮設厨房建設を計画しました。


f0299108_15434331.jpg

早速、解体工事が始まった37年間使用した旧厨房




厨房職員も不安でいっぱいだったと思います。今日は職員配置を充実させて勤務体制で、初めての仮設厨房での業務に取り組んでいます。

当然、慣れない面もありバタバタする場面もありましたが、無事、遅れることなく黒潮園、クレール高森、デイサービスセンター悠久への食事、約150食を出すことができました。




配膳は黒潮園、クレールそれぞれに直結する通路を設け、運搬ルートを確保しています。
f0299108_15321100.jpg

f0299108_15321480.jpg



黒潮園とクレール高森の間に位置する仮設厨房
f0299108_15484933.jpg

予定では10月下旬まで約2ヶ月。この仮設厨房(写真中央)からの食事提供となります。
[PR]
by kuroshioen | 2014-08-25 15:57 | Comments(0)

花火大会 外出報告

こんにちは。

今年は川に鮎とりに行ったのは解禁日の1日のみで、まったく行けてません。
自分の生きがいとは?と感じている東潔明です。
f0299108_16181763.jpg

あの3年前の台風の災害以降、熊野川の鮎は減少しています。少しまとまった雨が降ればダムの放水でカフェオレ色の濁った川になり、泥が川の石に付着し、鮎のエサである石のこけはなくなります。エサがない鮎は成長しません。


南紀の夏の風物詩である鮎が獲れないのです。





もう一つ、夏の風物詩と言えば、「花火大会」ですね。



クレール高森の入居者もようやく「花火大会」参加が実現しました。ようやくというのは、今回の勝浦花火大会は雨の影響で2度延期となるなど、企画から同行する職員の段取りなど2転3転となってまいました。
f0299108_1612257.jpg

以前のブログにも書かせてもらいましたが、私達は「地域に出る」事が大切と考えています。地域の行事に参加する事は「地域にでる」という事で、今回の花火企画はここにこだわりました。


しかし、問題もたくさんあります。クレール高森の入居者は当然高齢者でありますし、車椅子の方がほとんどです。花火が始まる1,2時間前から場所取りもできず、車から降りて遠い距離の移動は大変です。その事から車を止める場所が重要で、会場が近い所がベストです。


わたしは勿論、行政がそういった車椅子で観覧できる専用のスペースが用意してくれ、駐車場も車椅子専用のスペースも確保してくれるものと思っていました。


役場に問い合わせしたところ


「そういった場所の確保はできません」


せめて会場に近い駐車場でも…また問い合わせ。


「そういった場所の確保はできません」



マジっすか?



あの大きな東京の神宮花火でも車椅子専用スペースはあります。18万人も参加されているのに、ちゃんと車椅子席はあります。

この南紀地方は過疎化が進み、約3人に1人は高齢者です。高齢になり、車椅子生活になった時は、花火は遠くから見ないといけないのでしょうか?会場近くで出店が集まり、夏の雰囲気が感じる場所では花火は見れないのでしょうか?

この超高齢化地域でこれでいいのでしょうか?


不思議でなりません。



っていう批判的な話は終わりにして・・・

このように駐車場所の確保ができず、この企画は難しいかなっと思った頃、クレール高森の職員である、浦川さんから「勝浦花火大会実行委員である越智さんが駐車場を確保してくれた」と報告をうけました。

越智さん、本当にありがとうございました。

出発時の車内

f0299108_1057229.jpg



f0299108_1058401.jpg





さて実際に、現場に到着してみて… 混雑はどうだろう?車椅子でも安心して見られるのか… トイレは?と心配もありましたが、ちょうど車を停めた先に、混雑もなく車椅子でも足元が安心な最適な鑑賞場所がありました。(これなら来年も安心して来れそう)
f0299108_1618041.jpg

f0299108_15484137.jpg
アイスクリーム食べながら、いつ打ち上がるのかワクワクしながらの観覧


花火が打ち上がるとご入居者も私たちからも歓声が・・・
f0299108_15493746.jpg
f0299108_11481765.jpg

ちょうど目の前の夜空に大輪の花火が次々に打ち上げられます。


ご入居者Nさんは、花火が打ち上がるたびに両手を天に向って挙げ「ばんざーい!!」と大変喜ばれていました。(その写真は私の手違いで消してしまいました、すみません)毎回万歳しているので、最後のほうは疲れて手をプルプル震わせながらも、それでも腕を上げ続けておられました。

それぞれ思いおもいに、花火鑑賞を楽しまれる様子を見て…
同行した私たちも、本当に来れて良かったと胸をなで下ろしました。



帰りの車中では・・・


「綺麗やったね」

「また来たいね」

「なにしにきたんやっけ?この音なに?鉄砲か?」

など口々に色々な感想が聞かれましたねぇ~。

まぁ、覚えてなくても「その瞬間」を感じ、楽しんでもらえたとということで帰園しました。




f0299108_16182410.jpg




夜興奮が醒めず、不眠の方がおられるかなぁ…と思っていましたが、皆さん疲れたのかよく眠られました。(夜勤職員の負担とならず一安心)



翌朝

「昨日は花火に連れて行ってくれてありがとう!!」という声が・・・ 

嬉しいですね。



ユニットケアの人員配置では、頻繁にとはいきませんが…

これからも、みなさんに喜んで頂ける外出支援の企画をしていきたいと思います。
[PR]
by kuroshioen | 2014-08-24 16:28 | Comments(0)

行ってきました。

夜間のお出かけ・・・

f0299108_12293110.jpg


8月20日(水)

那智勝浦町花火大会に行ってきました。



近くに街灯もあり、程よく明るく車椅子でも足元がいい、最適の場所(穴場スポット?)から…

素晴らしい花火を見ることができました。

その詳細は後日、企画者の東介護職員より報告があります。

f0299108_1230698.jpg

[PR]
by kuroshioen | 2014-08-22 12:32 | Comments(0)

晴れるかな?

おはようございます。

今朝、6時過ぎに東介護職員からメールが・・・
「明日、花火18時出発です。お願いします。」です。

彼は公休。早起きしてどこかお出かけでしょうか?



台風11号の影響など、天候により延期された那智勝浦町花火大会
明日、8月20日(水)の開催が決定しています。


そこで気になるのは天気。

近畿地方は概ね晴れているのですが… 南からの暖かい風の影響を受ける紀南地方。
f0299108_12311950.jpg

この辺りだけが、強いにわか雨(通り雨)が降ることがよくあります。
ちなみに、先週の新宮花火大会も短時間に降る強い雨に見舞われる中でに決行となりました。


明日は、是非とも晴れて欲しいですね。

ご入居者も花火大会を楽しみにされています。



会場の那智海水浴場(ブルービーチ那智)
f0299108_13371480.jpg

環境省が選ぶ全国快水浴場100選において特選に選ばれています。
[PR]
by kuroshioen | 2014-08-19 11:55 | Comments(0)

テラスに出て


8月。夏本番!! 

暑い日差しにセミの鳴く声…


のはずが、全くスッキリしない天気が続いています。



西日本では、台風や南から湿った空気が流れ込んだ影響で、先月末から雨の日が多くなっています。近畿地方の8月上旬の降水量は、平年のおよそ8倍、また、8月上旬は晴れた日が少なく、日照時間は平年の50%以下、と西日本を中心に統計を開始した1961年以降の記録的な状況となっているとのことです。

今後もしばらくは曇りや雨の日が多くなるとの予報が出ています。
農作物への影響(野菜価格高騰)などが心配ですね。



そんな中で、貴重な晴天のとある日… 

南2Fテラス
f0299108_14161799.jpg

ご入居者の方が外に出られていました。

f0299108_14163590.jpg

おやつのカキ氷を食べられているようです。

f0299108_14165546.jpg

f0299108_1417933.jpg

f0299108_14262342.jpg

この方は誰でしょうか? 〇〇職員です。
(ヒント:クレール日記に登場したことがあります)



クーラーの効いた室内もいいんですが、あえて外に出て、『夏』を感じて頂くことも大切!!
ということで窓を開放し、風の通るテラスでカキ氷を召し上がって頂いたということです。



f0299108_14191948.jpg

「温い風やねぇ~」とリビングで過ごす方も…。

これもケアのひと工夫です。
暑い夏だからこそ、暖かい風、そして引き立つカキ氷ですもんね。




このテラス。手すりは車椅子の方の目線の高さに配慮しています。
f0299108_14174641.jpg

こだわりのポイントは、柵ではなく景色の透けるガラスを採用しているところです。

普段、私たちは柵の上から景色を眺めているので気付かないかも知れませんが…

ここに格子のフレームがくると、遠くに眺める海や山といった素晴らしいロケーションが台無しになると思いませんか? 建築費増の要因の一つですけどね(笑)。
[PR]
by kuroshioen | 2014-08-14 22:53 | Comments(0)

花火大会

夏の風物詩。『花火大会』の季節ですね。
f0299108_1147859.jpg

施設での生活であっても「豊かな日々の暮らし」を… という事で、これまでも花火大会や魚釣り、外食などの外出支援に取り組んできました。しかし、残念ながら現在、黒潮園では改修工事等により、なかなか企画ができていない状況です。



ケア方針として、私自身ここにはこだわりたい所ですが・・・この状況。

「今年は花火鑑賞の企画は難しいかなぁ。」
「職員への負担を考えると、工事期間は我慢か…?」

と心中で葛藤していた所、東介護職員から花火大会への外出企画が上がってきました。




「これまでやってきた取り組みが、ユニットになって出来ない。」ということにはしたくない。
「誰かが声を出さないと…。」と企画の声をあげてくれました。

こんな時こそ、想いが全てです。ユニットの人員配置は決してゆとりがあるとは言えません。新たなケアに取り組み始めた今が重要です。

嬉しいですね。




さて、今回の企画。

近々開催される「新宮花火大会」もしくは、「那智勝浦町花火大会」どちらかに行こう!!
というものです。そこで、最も問題となるのは、車椅子対応車が入れる場所の確保です。いつもここで大きな壁にぶつかります。

今回は、ユニット職員浦川介護職員の協力により、那智勝浦花火大会の会場近くにある実家から鑑賞させて頂くことになり、何とか実現の見込みが立ちました。
f0299108_8422280.jpg

那智勝浦花火大会 昨日11日(月)の開催予定が、
この台風11号の荒天により、本日12日(火)に延期となっていました。

今日は大丈夫だろうと、楽しみにしていたのですが・・・

何とさらに延期となり、予定は8月中で未定というニュースが入ってきました。那智湾の海上から打ち上げる花火ですが、この台風の高波等の影響により、花火を打ち上げる台船が手配ができなかったようです。


本当に残念です。




ちなみに明日、13日(水)は新宮花火大会です。
増水した川が気になるところですが、今の所中止のニュースは入っていません。



熊野徐福万燈祭 第52回新宮花火大会

秦の時代に中国の皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めて日本に渡来したと言われる人物、徐福の遺徳をしのぶために始められた花火大会です。水上スターマインや幅400mのナイアガラなど5000発の花火が、熊野川の川面を鮮やかに彩ります。魅力はなんといっても、広い河原のどこでも客席であり、間近で花火が観賞できることです。ドーン!という音が体に響き、大空を覆うように花開く花火は迫力満点ですよ。混雑を気にせずゆくり鑑賞できる新宮花火大会。 是非お越しください。


開催日時 2014年8/13(水)19:30~21:00 小雨決行
     (荒天時は2014年8/20(水)に延期)

開催場所 熊野川河川敷


f0299108_11142040.jpg

2013年新宮市観光フォトコンテスト入賞作品

昨年の新宮花火大会の日は… 『 クレール日記 2013.8.14 』

[PR]
by kuroshioen | 2014-08-12 12:35 | Comments(0)

台風が通り過ぎて

四国に上陸後、近畿地方を縦断した台風11号ですが

一夜明け、全国的に被害を及ぼしたことが明らかになってきました。
熊野川も道路が冠水した中流域(日足地区)では、さらに増水し、床上浸水の被害が出ました。
f0299108_23104349.jpg

f0299108_23105443.jpg


熊野川水系には、全部で11ヶ所のダムがあります。
これら全てが治水ダム(洪水を防ぐもの)ではなく、水力発電などの利水ダムです。

紀伊半島豪雨災害の際にも、満水になり一気にダムからの放水がなされたことが問題となりました。
災害防止とダムの放水はとても重要なんです。今回も5ヶ所のダムが放水したと報道されていました。この状況に何らかの改善策が必要と言われています。





さて、本日は第二月曜日は、私たちが小さなことから地域貢献活動を・・・
ということで取り組んでいる『地域清掃活動の日』です。
f0299108_23424159.jpg

f0299108_23202643.jpg

昨日の台風で折れた木の枝や、木の葉が旧国道から施設まで上がる道に散乱しており、路肩に寄せて撤去させて頂きました。



次は、クレール高森の維持管理

強風で舞い上がり屋上や庇に溜まった木の葉の撤去をしようと、東課長と共にクレールへ…。

おっと!? 入口の水盤が、かなり汚れています。
水をかき混ぜてみると、どうやら水の濁りというより、細かい泥や砂が底に堆積している様です。

となれば…水盤清掃開始。
f0299108_23284062.jpg

f0299108_2329730.jpg

f0299108_23291975.jpg

東課長メガネを外し汗だくで作業中

みんなでキレイな環境を維持。その行動力が私たちの持ち味です。




この水盤、沢水の水量確保のために水源から直接水を引いてきましたが、細かい砂を濾過もしくは沈殿させる何らかの対策が必要なようです。

という事で…ひと先ずキレイになった水盤ですが、水は張っていません。
現在、対策を水道屋さんと思案中です。



鯉か何かを飼うときれいにしてくれるか?
いや糞でより汚れるか?

やっぱり、月2回の清掃しか無いのかなぁ・・・。




台風一過の晴天に恵まれたクレール高森
f0299108_2343657.jpg

草木にとっては恵みの雨となり、不思議と一気に緑に元気が戻ってきました。

この紀南の地。色んな意味で自然の力を感じますね。
[PR]
by kuroshioen | 2014-08-11 23:51 | Comments(0)