クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

2017年 02月 26日 ( 1 )

ユニットケア実地研修

こんにちは。

昨年4月に入職しました生活相談員和中です。

ユニットケアは一人ひとりの暮らしの継続を大切にするケアです。傍で感じながらも日頃の業務に追われ又
じっくりと学びを得たい時間もなく・・。

そこで生活相談員という職種からの関わり方や実際の内容を習得し、クレール高森でのご入居者様への質の良いケアに繋げて行ける様にと…上司に研修申込を祈願した次第です。

f0299108_12233249.jpg


1月16日~20日に京都・長岡京にある、特別養護老人ホーム第二天神の杜にユニットリーダー研修に行って来ました。

15日前泊。出発から雪で電車が遅れ、心配しましたが無事に到着。初日も雪で施設から見る風景も住宅の屋根に雪が積もっていました。
f0299108_12013569.jpg



施設の中をご案内します。👣 
ユニットの玄関から( ^ω^)・・・ 
f0299108_12031828.jpg
共有スペースの両側に玄関が・・工夫されていますね。・・デッキにも。

ユニット間の距離が近く、行き来が良さそうでした。また、活用方法では入居者様同士、家族の面会時にくつろいでいるようです。

クレールではユニット間をつなぐ共用スペースはボランティア活動に利用したり、企画事で使用したりと幅広く活用しています。




中へどうぞ・・・玄関。長めの椅子が置いて、来園者が使うことも。
f0299108_12132878.jpg
廊下には、長さや広さを感じさせない工夫、途中一息できるしつらえ植物など。各ユニット毎に工夫がされていました。
f0299108_12180054.jpg



リビング。畳もいいですね。
f0299108_12044342.jpg
f0299108_14411641.jpg

クレールでは今後の取り組みでサブリビングを検討し、入居者様がそれぞれでくつろげる、居場所のある入居者同士・家族の来訪・職員との交流ができるような工夫をしたいと思っています。




椅子にも工夫が? 滑りやすく(大丈夫)

ホームセンターで買って来たそうですが、入居者のアセスメントをしっかりとされ検証、また介護側から見ても椅子毎ご入居者様を移動しても床にダメージがなく良かったようです。

f0299108_14492160.jpg
高さも工夫していたよ。クレールでも1人ずつに合わせて対応したいです。きっと座り心地がいいでしょうね
f0299108_12014447.jpg




キッチンまわり
f0299108_12043372.jpg
ご入居者やご家族様が使いやすいように・・。クレールのご家族様へ 何か使用したいことがあればどうぞお声をかけてください。


手作りのおいしい料理を・・
f0299108_12032334.jpg
こちらは、キッチンの中に炊飯器?。カウンターはご入居者様が食後片付けに食器を運んでくれるためにスペースを空けているようです。↓
f0299108_12041317.jpg




ご入居者様の居室をチラッと覗いてみましょう。皆様も工夫をこらしましょう。

f0299108_12021994.jpg
f0299108_12025688.jpg

f0299108_12053949.jpg



今回の研修を体験して感じたことは、やっぱりユニットケアっていいなと思いました。一人ひとりの生活がそこにあることを目の前にして、私たちのクレール高森でも、もっともっといいケアを作っていきたいと思います。すばらしい機会を頂いてありがとうございました。


最後にせっかくなのでこんな所へも行っちゃいました。( ´艸`)


f0299108_12023288.jpg

夜の清水寺です。。。この後、研修生と闇に消えて行きました。🍺


[PR]
by kuroshioen | 2017-02-26 10:34 | Comments(0)