クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

経営者の喜び・・・


こんにちは。

本日、我が法人では全職員対象に、業績一時金を支給することができました。



前回、このブログでも上半期の事業報告として『稼働率99%の特養』という記事を書かせて頂きました。

この季節柄、体調を崩し入院する方も多くなりましたが、何とかこの年間ベッド稼働率99%を達成できる可能性を残しています。介護事業の先行きは不安定とも言われており、人材不足や職場の処遇も良くないといった事情も耳にします。だからこそ、職員の頑張りによる結果を、このようなかたちでお返しできることは、経営者として何よりも嬉しく思っております。

参照記事:『稼働率99%の特養』
http://kuroshioen.exblog.jp/26835014/



現在、国政においても介護職の処遇改善を進めるため、介護保険報酬に介護処遇改善加算を設けており、収入のうち介護職の給与や昇給などの処遇改善のみにしか使えないものが規定されています。

この施策が始まって以後、現在、その処遇改善の金額は月2万7千円に相当するものになっています。これを年間に換算すると32万4千円になります。これは月の手当支給や、年度末に一時金として一括支給など、その支給方法は自由となります。

国会ではこの4月の介護報酬改定にて、更に月額1万円を上乗せすることを決定しています。ということはこの施策前と比較して年収44万UP???




しかし、介護事業は介護職だけで成り立っている訳ではなく、看護師、生活相談員、ケアマネ、調理員、事務員と多くの職員が携わっています。問題は、この国が支給する報酬(給与?)は介護職だけにしか適用しないことです。

当法人のように他職種間の処遇を公平ルールにより規定している事業所では、介護職の処遇が他の職種を逆転する可能性も出てきます。業績に直接関係してくる、ベッド稼働率をコントロールするのは生活相談員やケアマネージャー、そして健康管理の要である看護師です。

介護職から生活相談員に職種が変わり重要な業務を担うことになったのに、給料は下がるということも起こり得る訳です。

正直、「やってられるかー!!」ってなりますよね。




当法人では、今年度事業計画のテーマに『財務基盤の安定化』を位置付け、目標設定による適正収入の検証や経費削減に取り組みつつ、高い職員処遇とサービス提供の両立を実現する財務分析に取り組んできました。

その成果として、本日支給させて頂いた業績一時金は、介護職にはこの処遇改善加算分に更に5万円上乗せ、そして他職種には介護職との処遇格差を是正するため、25万円を支給させて頂きました。職員数が100名強の当法人です。年間賞与に加え、この臨時ボーナスの支給総額がいくらになるのか、おおよそ想像できますよね。

ちなみに短時間パートさんは、旦那様の扶養の範囲で収入調整をして働いている方など様々な事情もあることから、所得に計上されない食事券(近くの温泉で宿泊・入浴にも利用可能)を発行させて頂きました。




私は介護の仕事をもっともっと魅力的なものにできると思っています。


状況が厳しいといった事ばかりが聞こえてきますが、同じ介護保険制度内の事業であり同じ土俵です。しっかりと経営マネジメントができれば十分に実現可能だということです。


やれば必ず結果がついてきます。







経営者としてのやりがい、喜び・・・・


ご利用者、ご家族、そして何より職員に喜んでもらえることですね。






今年度の稼働率見込み99%の実績を始め、こういった臨時ボーナスを支給できる事業所は全国的にも類を見ないものと思いますが、職員一丸となって頑張れば実現できること、そしてそのような職員の皆様と共に仕事をさせて頂いていることを誇りに思います。


引き続き介護の現場を魅力的なものにしたいという信念を持ち、「働くなら黒潮園」「利用するなら黒潮園」と地域NO1を目指し理想を追求していきます。






今日一日、職員の皆様が「ここの職場って良いよね」とお互いに声をかけることができ、少しの笑顔を返して頂ければ・・・私の喜びもひとしおですね。(笑)







いやぁ~・・・



目標が達成できて、



本当に嬉しいです。






[PR]
by kuroshioen | 2017-03-10 12:58 | Comments(0)