クレール日記

kuroshioen.exblog.jp
ブログトップ

4月絵手紙教室


桜も散り・・・

新緑の緑に囲まれたクレール高森ですが、



先日、4月の『絵手紙教室』が行われました。


f0299108_15322542.jpg


どうですか?

この美味しそうなふっくらした竹の子!


f0299108_15334647.jpg


今が旬!!



クレールの側の竹林から獲ってきたものです。



掘りたての竹の子を料理すると美味しいですよね~♪










それに・・・・

f0299108_15321037.jpg

f0299108_15363561.jpg
季節の柑橘・・・ 


甘酸っぱ感じが口に広がりますね~。










この季節ならではのキレイな花の色・・・

f0299108_15384752.jpg


f0299108_15390934.jpg



f0299108_15392650.jpg



桜・・・・✿








皆さん,



それぞれ思い思いに・・・



次の季節に向かおうとしている、華やかな春の風情を描かれていました。








[PR]
# by kuroshioen | 2017-04-26 09:05 | Comments(0)

歌レク♫


みなさんこんにちは101.png


先日、歌レクの慰問の方が来て下さいました♫

f0299108_22340369.jpg

f0299108_22342302.jpg

f0299108_22354438.jpg
懐かしい童謡から歌謡曲。

盛り沢山110.png

f0299108_22384827.jpg
満点笑顔113.png
f0299108_22390473.jpg
102歳、Mさんもノリノリ♫
f0299108_22393477.jpg
クイズ方式で、真剣にメロディを思い出しています。
f0299108_22394821.jpg
沢山歌って、みなさん楽しまれたようです。

ぜひぜひ、また来て下さいね‼️


ありがとうございました110.png



介護職 東口

[PR]
# by kuroshioen | 2017-04-25 12:09 | ユニットケア | Comments(0)

「第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー」報告について

こんにちは。

先日、表題にある「第16回気づきを築くユニットケア全国実践者セミナー」報告についてという文書が届きました。




内容はと言いますと・・・・


このブログでもご報告しましたように、私たちクレール高森もこの全国実践者セミナーで発表をさせて頂いたのですが、全国各地から105の実践者発表が寄せられ、当日は600人以上の参加があり、盛会にて終えたということです。


参照記事:『事例発表終える』
http://kuroshioen.exblog.jp/27641703/
f0299108_11021071.jpg




その参加者が選ぶ、


印象に残った実践、上位に入りました!


という資料が送られてきたのです!!


f0299108_11031091.jpg

この105演題の中で8事例が選出され、そのうちの1つに選ばれたということです。


思いもよらない事に… とても嬉しく思いますね。






部門 <第7部門>
ターミナルケアから学んだこと、考えたこと、伝えたいこと

発表タイトル
『暮らしの中で家族と共に看取る』
クレール高森 東 潔明




資料には参加者からの感想のコメントが記載されていました。




・当施設でも看取りを行っているが、見取り開始後の酸素や点滴は行わない。家族の想いにもっと寄り添った支援が非常に大切だと思った。酸素や点滴も延命処置にはいるのでは?


・家族への想いを汲み取り、説明し、納得いただき、ケアをされていたのが印象的でした。湯灌もはじめてとのことで、実践されていたことがすごいと思いました。


・家族や本人への支援について学ぶことができた。


・看取りは私たちの施設でも行っているので勉強になった。看取り後のカンファレンスの内容が家人様の思いもあって心動かされました。


・利用者や家族のことをよく考えておられるなと思いました。また死後のケアも丁寧だなと思いました。


・同じようなケースの方がいるため、家族の心境を考え大事にしたいと思った。できることを家族の想いを汲み取りながら取り組んでいきたい。


・いろいろな考えの家族様がいる中で、家族のニーズ、本人のニーズにできる限り寄り添った援助を行っていたことが印象深かった。家族とともにケアを行えることがすごくうらやましかったです。






このような貴重な感想を寄せて頂き、私たちも大変勉強になりました。


そして励みにもなります。


本当にありがとうございました。








[PR]
# by kuroshioen | 2017-04-22 22:06 | Comments(0)

平成29年度事業計画『黒潮園開設40周年と新たなビジョン』


先日、職員全体会についてご紹介させて頂きました。


平成29年度事業計画のテーマを『黒潮園40周年と新たなビジョン』としています。

f0299108_16370548.jpg
「新中期ビジョン」については前回、説明をさせて頂きましたので、そのほか、法人重点実施項目について少しお話させて頂きます。


f0299108_12361708.jpg
先ずは(1)黒潮園開設40周年イベントの実施です。

今秋くらいに、地域の皆様に黒潮園の取り組みを広く知って頂けるよう、「市民フォーラム」を企画します。新宮市にある唯一のホールである市民会館が建替え工事により解体されており、会場をどうするか悩んでいますが… 講演をお願いするゲスト… とか色々と思案中です。ご期待ください。



また、職員互助会の旅行企画に法人から費用の支援をさせて頂きます。

沖縄、北海道の2大旅行プランを選択できるようになっており、4班に別れて行きます。仕事(勤務)の都合により、1泊2日以上の企画は難しく、やや弾丸ツアー?となってしましますが、楽しい旅行にしたいですね。(笑)


そして、7月1日開園記念日には… 全職員に記念品?なりの贈呈を考えています。職員の皆さんが笑顔になれるもの…??? 本部会議でも色々と議論をしていますが、当日まで秘密で~す♪(笑)


f0299108_15574531.jpg

前年度も取り組んだ、(2)有給休暇取得の推進ですが、

介護事業所ではこの有給休暇の取得が難しい労務環境にある所が多い現状があります。

私は常にライフ・ワークバランスを重視したいと考えており、ケアに必要とする最低人員数などルールを守れば、お互いに自由に休みを取れる環境であって欲しいと思っています。各部署ともに年休取得状況のデーターを見てもある程度は取得できていますが、今一度、ルールを見直すとともに、皆んなが公平に取得できる環境づくりに通り組みたいと思います。

クレール高森では希望する人は、順番に年に1回は「5連休」の取得にも挑戦しており、今回、取得方法の要望を勤務に反映できるよう働き方選択シートに項目を設け取り組みます。
f0299108_16054753.jpg
これは人事制度による、キャリアアップや働き方を選択するものです。

f0299108_13525046.jpg

職員全体会では、黒潮園の勤務表を例に上げ、比較的充実している1フロア16名体制という人員配置で安定していれば、有給休暇はしっかり取れることを検証した内容を解説しました。1名でも欠員がでると難しくお互いの声かけと理解は重要となりますね。


介護事業の労務環境は良くないイメージが先行していますが、そうじゃないと言える環境を実現していきます。





(3)キャリアアップ支援と人材育成体制の充実では、

施設内セミナーの充実に向け外部講師をお呼びする他、今年度も希望する施設外研修参加への全面的な費用負担(出張支援)に向けた予算を計上しました。また希望するセミナーを記入する「出張支援希望シート」も配布しています。
f0299108_11324353.jpg




f0299108_16200663.jpg
(4)適正な予算執行に向けた取り組みですが、

行き届いた職場環境や、職員処遇の維持において、ベッド稼働率は非常に重要です。前年度は黒潮園、クレール高森とも稼働率99%という非常に高い実績を実証でき、これにより、40周年関連の職員旅行の支援や記念品などの費用や、現場からの物品要望や修繕工事費用(計1,750万)などを盛り込んだ、今年度の予算の見通しが立ちました。稼働率99%は目標にしますが、かなりハードルが高く苦労しますので…(笑)、予算ではそれぞれ98.6%、97%で計上しています。

以前にも申し上げたように、稼働率1%で年間400~500万円相当の収入に違いが出てきます。

経営努力なしで、「より良い職場作り」と「より良いサービス提供」は成し得られません。

もちろん、今年も「頑張り!」を全面的に職員に還元できるよう、3月ボーナスの支給を目指します!!




今年度もしっかり結果が出せるよう、取り組んでいきます!!


f0299108_16333571.jpg



引き続き「心と心の通いあいを大切に・・・」という基本理念に基づき、


お一人お一人のご利用者さま、一人一人の職員、『人』を大切にする法人運営に徹し、


「サービスを利用するなら黒潮園」「介護の仕事をするなら黒潮園」と地域の皆様に信頼して頂ける法人を目指し、質の高いサービスと働きやすい職場作りに取り組んでいきます。






平成29年度事業計画書は以下のリンクからご覧ください。
http://www.kuroshioen.jp/contents/ct01/management/img/jigyou29.pdf

[PR]
# by kuroshioen | 2017-04-21 09:55 | Comments(0)

平成29年度 上半期職員全大会


こんにちは。

4月4日・14日と全職員を対象にした「職員全大会」が開催されました。



f0299108_10214025.jpg


毎年、年度中に2回実施する全大会ですが、

上半期のテーマは「新年度事業計画」についてです。





そこで、事業計画書の冊子が配布され、

各事業所、部署の今年の方針や取り組みが順番に解説されます。

f0299108_10271397.jpg
f0299108_10250053.jpg

f0299108_10261516.jpg

f0299108_10263419.jpg

事業経営において、最も大切なことはしっかりとしたビジョンを持つことです。しっかりと現状課題を把握し、この先の情勢変化を見据えた課題をしっかり見極め、常に向かうべき方向性を明確にし、そして職員と共有し歩むことが不可欠と言えます。

しっかりと現場の声を反映した事業計画を立案できているか、そしてこのような職員全員で共有する場があるか否か、その積み重ねは必ず結果に現れてくるものです。




私たちのが特に力を入れて取り組んでいる「サービスの質向上」、「働きやすい職場作り」への取り組みですが、ご家族を始め地域の皆様から、ここ数年の成長を評価頂く多数のお声も頂いています。


今、社会福祉法人黒潮園はそういった体制をつくり上げてきたことは大きな強みです。





そして、今年度、特別養護老人ホーム黒潮園は開設40周年を迎えます。

ここ数年で大きな変革を遂げた黒潮園ですが、

この節目に今年度事業計画では新たなビジョンの策定をテーマとしました。


f0299108_11094348.jpg


常に高みを目指し歩む黒潮園ですが、

高齢者介護、または高齢者事業のあるべき姿、求める理想と、現状には常に課題があるものです。




そこで今年度は、今一度、「心と心の通いあいを大切に・・・」「その人らしさに最大限の配慮を・・・」という法人理念に原点回帰し、ホスピタリティのあるご利用者本位のケアを追求し、次のステージに向けた中期ビジョンの策定に取り組む方針としました。




もちろん、そこでトップを始め執行部の役割は大きい訳ですが、ここ数年で大きな事項における変革を成し遂げた今、大切なことは現場にある小さな課題をいかに拾い、そして現場が想う理想のケアに向かう動きをどうつくり、そして実現できるか・・・ 

そこで、今回の全体会では、現場目線から理念と理想に立ち戻ったケアの再考を行う、現場主導による3つのプロジェクトを立ち上げることを方針として説明しました。

f0299108_11142851.jpg

f0299108_11145472.jpg


デイサービスセンター悠久では平成31年度を目標に、大規模な全面改修工事を計画します。

これからの将来を見据えたクレール高森の建設、従来型黒潮園の大規模リフォーム工事を行ってきましたが、ご利用者のニーズ、また介護保険制度の方向性から、これからのデイサービスが求められるもも大きく変わろうとしています。

介護保険制度では、これまでのいわゆる「預かり型」のデイサービスではなく、重度化や認知症対応、そしてリハビリ機能といった専門性を評価する方向に動いています。勿論、この動向を見据えつつ、地域ニーズとしてはレスパイトケアも大きく、多様なサービスを総合的に提供できる、そしてこれからのご利用者さまが望まれるような新たなデイサービスを作り上げたいと考えています。

デイサービスのスッタフは楽しみですね~♪




従来型黒潮園では、私が着任以来「専門性のある質の高いケア」を目指し、大幅な改革に取り組んできました。

一方で、ゆっくりとした食事時間がとれていないなど施設特有の暮らしの問題、また大人数を横流れのケアをせざるを得ない状況があります。これらの課題を解決するために、24時間シートを導入した部屋担当業務(病院の管理システムの応用)の導入を検討しています。きめ細かな暮らしの支援、自立支援ができるよう、これまでの概念にない独自の勤務シフトトケア体制をゼロベースから再検討する第二次ケア改革に取り組みます。

この構想はずっと頭にあり… 実現するとこれまでの常識を覆す様な従来型ケアに一石を投じることになると思います。




そして、クレール高森ですが、一から取り組んでいる「ユニットケア」を完成させることです。

そこで、東主任はユニットリーダー研修実習施設の認可を目指すことを目標に掲げており、これを実現するためにプロジェクトを通じて課題の解決に取り組むとしています。この実習施設の認可を受けるには、ユニットケア財団による視察を受け、課題を幾度か指摘を受け評価をクリアーしないといけないので、目指すユニットケアを完成に向けて活用していこうとうものです。

求められる基準を満たした上、私たちが想うクレールらしいケアの完成を目指します。





『新たなビジョン』

先ずは3年間の計画となりますが、

一歩づつ確実に歩みを進めて行きたいと思います。




[PR]
# by kuroshioen | 2017-04-19 09:48 | Comments(0)